知らないと損をするかも!? こたつの捨て方・処分方法とは?

日本の冬には欠かせないアイテムといえば、こたつですよね。寒さが厳しくなるこれからの時期、こたつが使えないと非常に困ってしまいますよね。壊れる前に、あるいは壊れてしまったので、買い替えを検討しているという方も多いことでしょう。しかし、そうなると悩むのが、古いこたつの処分方法ですよね。そこで、今回はこたつの処分にまつわる情報を分かりやすくご紹介していきます。

  1. こたつについての基礎知識
  2. こたつの捨て方、自分で捨てる場合
  3. こたつの捨て方、販売業者の場合
  4. こたつの捨て方、リサイクル(リユース)する場合
  5. こたつの捨て方、不用品回収業者に頼む場合
  6. こたつの処分におけるQ&A

これらの記事を読むことで、こたつの処分にまつわる基本的な知識を得ることができます。処分方法のメリットデメリットについても解説していますので、自分に合った処分法を見つけましょう!

1.こたつについての基礎知識

1-1.こたつとは

こたつとは、床や畳などに置いた枠組みの中に熱源を設置し、外側を布団などで覆い熱をこもらせる構造の暖房器具です。熱源と枠組みは一体型のものとそうでないものがあります。

1-2.こたつの種類について

1-2-1.形状

まずは、天板の形状による種類です。こたつの形には以下のようなものがあります。

  • 長方形
  • 正方形
  • 円形

さらに、脚部の形状にも以下のような種類があります。

  • 折れ脚(脚部を折りたたむことができる)
  • 固定脚(折りたためないが、ねじで取り外し可能な場合が多い)

1-2-2.ヒータータイプ

ヒータータイプは主に以下の3種類に分けられます。

  • ハロゲンヒーター
  • コルチェヒーター
  • 石英管ヒーター

ハロゲンヒーターは石英管ガラスの中に、タングステン線コイルを花巻状にして入れ、不活性ガス(アルゴンガス・窒素ガス・ハロゲンガス)とともに封じ込めた構造のものです。素早く熱を発して暖かくしてくれますし、スペースをあまり必要としません。さらに、ヒーター単体での寿命は8,000時間程度、と比較的長寿命となっています。

コルチェヒーターは、赤色コーディングされた石英管ガラスの中にタングステン線コイルを入れてリングサポートを取り付けた上で、不活性ガス(アルゴンガス・窒素ガス)とともに封じ込めた構造のものです。ハロゲンヒーターよりもさらに素早く暖めるだけでなく、ヒーター単体の寿命も10,000時間と非常に長寿となっています。いわば、ハロゲンヒーターのグレードアップバージョンといったところでしょうか。そのため、価格も、コルチェヒーターのこたつが1番高くなります。

石英管ヒーターは石英管ガラスの中に、ニクロム線コイルを花巻状にして入れて固定しただけの、簡単な構造のものです。ニクロム線コイルはタングステン線コイルに比べると速暖性に劣ります。さらに、ヒーター単体の寿命も、7,000時間と最短です。ただし、遠赤外線を多く放出するので、体の内部まで暖めてくれるメリットを持っています。ちなみに、ハロゲンヒーターは近赤外線を多く放出し、コルチェヒーターは近赤外線と遠赤外線をバランス良く放出するのが特徴です。

1-2-3.温度調節器

温度調節器は、主に以下の2種類があります。

  • 電子制御方式
  • サーモスタット制御方式

電子制御方式は、サーミスターと呼ばれる温度センサーが、こたつ内部の温度を感知し、それに応じて電流を制御して温度を調節する方式です。これに対して、サーモスタット制御方式は、バイメタルと呼ばれる金属の熱膨張を利用した制御方式となります。具体的にいうと、温度が上昇しバイメタルが膨張して反(そ)り上がると接点から離れてオフ状態となり、温度が下がるとバイメタルの膨張が元に戻ることで接触してオンとなる方式です。

1-3.近年の人気、傾向

ハロゲンヒーターやコルチェヒーターの方がこった作りをしていますし、素早く暖まるので人気かと思いきや、実は石英管が人気です。理由は、第1に安いことがあげられます。こたつに高い値段を出そうと考える人はあまり多くはありません。また、石英管は遠赤外線を多く放出するため、体の芯まで温まる効果があります。この点も人気の理由でしょう。ちなみに、形状に関しては圧倒的に正方形が人気です。正方形の次に人気なのが長方形で、その次に円形と続きます。

1-4.こたつの寿命はどのくらい?

すでにお話ししたように、使用しているヒーターによって寿命が変わってきます。石英管ヒーターなら『7,000時間』、ハロゲンヒーターなら『8,000時間』、コルチェヒーターなら『10,000時間』が目安です。1日10時間つけた状態で、12~3月までの90日間を使うと考えると、1年当たり900時間となりますよね。つまり、石英管ヒーターは8年、ハロゲンヒーターは9年、コルチェヒーターは10年が寿命の目安ということです。

1-4-1.寿命のサインについて

1番多い症状は、暖まるのに時間が掛かったり、そもそも点灯しなくなったりするようなものです。特に、点灯しなくなるとこたつの意味はありません。買い替え時です。

1-5.買い替えに向いている時期について

夏場に買い替えると安く買うことが可能です。また、冬でも、年末などには在庫一掃セールを行う会社が多いので、買い替えのタイミングとしては良いでしょう。価格ドットコムなどをこまめにチェックしたり、セールが行っていたりしないかを確認してみてください。

1-6.こたつは何ゴミ?

こたつ本体に関しては、基本的に粗大ゴミになります。天板などは小さく切ってしまえば家庭ゴミとして出すことが可能です。しかしながら、天板のありなしで粗大ゴミの値段が変わることはめったにありません。変わったとしても、数十円~100円程度の差でしょう。ですから、天板部分も一緒に出してしまうのが賢明です。また、布団に関しては、こたつとは別のに粗大ゴミ扱いとなります。しかし、天板同様、細かくカットすれば家庭ゴミとして出すことが可能です。布切りばさみを使えばさほど苦労なくカットができます。布団分の粗大ゴミ料金を浮かすことができるので、ぜひ、やっておきましょう。ただし、細かくカットしても、1度に出してしまうと粗大ゴミ扱いをされてしまうことがあります。できれば、何回かに分けて出すのがおすすめです。

不用品・粗大ごみをどこよりも格安回収 無料見積り・相談は今すぐこちらから