【必見】オイルヒーターの処分・捨て方を詳しく解説! 裏ワザも伝授!


故障や買い替えのため、古いオイルヒーターの処分に困っている人もいるのではないでしょうか。オイルヒーターは場所を取るので早く処分してしまいたいですよね。それに、使わないものを置いておくのは、保管スペースの無駄になります。不要なオイルヒーターはできるだけ早く処分してスッキリしましょう。今回は、オイルヒーターの処分や捨て方について、詳しく解説します。お得な裏ワザにも触れますから、ぜひ最後まで読んでみてくださいね。

  1. オイルヒーターを処分・廃棄・捨てたいとき
  2. 小型家電リサイクルとオイルヒーターについて
  3. オイルヒーターの処分:自分で捨てる場合
  4. オイルヒーターの処分:販売業者の下取り利用の場合
  5. オイルヒーターの処分:リセールする場合
  6. オイルヒーターの処分:回収業者に依頼する場合
  7. オイルヒーターの処分にかんするよくある質問に回答

記事を読んだ人は、オイルヒーターの処分方法にかんして詳しい知識が身に付きます。また、手元にあるオイルヒーターをどのように処分するといいのか理解できることでしょう。ひとつずつ読み進めるとスムーズに頭に入ってきますよ。オイルヒーターの処分のために有益な情報が満載ですから、まずは記事を熟読してください。

1.オイルヒーターを処分・廃棄・捨てたいとき

まずは、オイルヒーターについての基本を学びましょう。適切に処分するためには、オイルヒーターの性質を理解しておく必要があります。

1-1.オイルヒーターとは

オイルヒーターとは、暖房器具のひとつです。本体の内部にある難燃性の油を加熱することによって得た熱を放射することで室内を暖めます。オイルヒーター本体は、石油ストーブや電気ストーブなどと比べて高価です。しかし、ランニングコストが安いことを考えると長い目で見て環境にやさしいヒーターであると言えます。

1-2.オイルヒーターが人気な理由や特徴について

オイルヒーターは、安全性の高さや空気を汚さない点で高い人気を誇っています。特に、幼児や高齢者がいる家庭ではオイルヒーターの需要が高いです。オイルヒーターは、電気代が安く上がったり一酸化炭素中毒になる心配が無かったりなどの点にも魅力があります。また、運転音が静かなため、病院などでも多く採用していることが特徴です。

1-3.オイルヒーターの寿命について

オイルヒーターにも、寿命があります。しかし、暖房器具としての寿命は長く10年以上は持つことが多いです。ただし、使い方によっては寿命が短くなることも多いほか、急に故障する可能性も否定できません。オイルヒーターに異常を感じたときは、購入日から何年経過しているかを確認してから修理対応するか判断しましょう。

1-4.オイルヒーターに多い故障内容は?

  • 暖房機能が弱い・十分に働かない
  • オイル漏(も)れする
  • 異音や異臭がする
  • 電源が入らない

オイルヒーターの故障は、種類によって健康被害や命にかかわるものになることがあります。故障したオイルヒーターは使用しないようにしましょう。

1-5.オイルヒーターは何ごみになる?

オイルヒーターは、粗大ごみとして扱う自治体が多いです。大きさによっては、不燃ごみとして出すことができる場合もあります。まずは、お住まいの自治体での扱いを調べてみましょう。実際にオイルヒーターを出すときには、自治体が決めたルールに従って出してください。

2.小型家電リサイクルとオイルヒーターについて

小型家電リサイクル法をご存じでしょうか?ここでは、小型家電リサイクル法とオイルヒーターの関係について解説します。

2-1.小型家電リサイクル法について理解しよう

小型家電リサイクル法とは、小型家電に含まれる希少金属のリサイクルを目的としてできた法律です。どんな種類の小型家電をリサイクル対象とするかは、各自治体の判断によります。そのため、ある自治体では対象になっているものが、ほかの自治体では対象外ということもよくあるのです。処分しようとしている小型家電が小型家電リサイクルの対象かどうか確認してから処分しましょう。

2-2.オイルヒーターは小型家電リサイクル法の対象?

オイルヒーターにかんしては、小型家電リサイクル法の対象とならない自治体が多いです。しかし、念のためお住まいの自治体での扱いを確認しておきましょう。小型家電リサイクル法の対象外になっている場合は、粗大ごみなどほかの種類のごみとして自治体の指示に従って出してください。

2-3.小型家電リサイクル法の対象品目の処分方法

小型家電リサイクル法の対象品目は、自治体によって以下のような方法で処分します。

  1. 専門の回収ボックスや回収コンテナの設置をする
  2. 処分したい人が回収ボックスやコンテナに対象家電を入れる
  3. 自治体が依頼した業者によって対象家電を分解しリサイクルに回す

回収ボックスやコンテナの設置場所にかんしては、自治体のホームページなどで確認しておきましょう。多くの場合は、役所の近辺や大型スーパーマーケットなどに設置してあります。ただし、数自体は多くないのが現実です。

2-4.小型家電リサイクル法とオイルヒーターにかんする注意点

オイルヒーターにかんしては、ほとんどの自治体で小型家電リサイクル法の対象としていません。そのため、小型家電リサイクル法とは直接の関係は少ないと言えます。しかし、オイルヒーター自体が対象外の場合でも、電気コード類などは別途小型家電リサイクル法の対象となることもあるため、回収できるものは指定の処分方法に従ってください。貴重な資源をできるだけリサイクルに回すためです。

3.オイルヒーターの処分:自分で捨てる場合

オイルヒーターの処分を自分でする場合について学びましょう。何をするべきか、料金はいくら掛かるかなどを理解してください。

3-1.自治体回収を利用してオイルヒーターを捨てる

自治体回収を利用することで、オイルヒーターをごみとして処分することができます。ごみの種類としては、粗大ごみが多いです。自治体に回収してもらうので、確実に処分できる点では安心できる方法と言えるでしょう。ただし、ごみの回収ルールは自治体によって異なるので必ず確認してくださいね。

3-2.自治体回収を利用するときにやるべきこと

オイルヒーターを自治体回収で処分するときは、以下の手順が目安となります。自分でやるべきことを確認しておきましょう。

  1. 粗大ごみの場合は自治体の「粗大ごみ受付窓口」に連絡して申し込む
  2. コンビニなどで「粗大ごみリサイクル券(シール)」を購入する
  3. オイルヒーターの中のオイルは抜いておく
  4. オイルヒーターに「粗大ごみリサイクル券(シール)」を貼り付ける
  5. 指示のあった日時・場所に自分で運搬する

より細かいことにかんしては、お住まいの自治体のルールに従ってください。

3-3.自治体回収でオイルヒーターを処分するときの料金

オイルヒーターを粗大ごみとして処分する場合は、多くの自治体で数百円程度の料金となります。なお、回収料金は1台ごとに必要となるので注意してください。たとえば、処分するオイルヒーターが2台あるときは、2台分の料金を支払いましょう。なお、粗大ごみの場合の料金は、コンビニなどで「粗大ごみリサイクル券(シール)」を購入することで支払いが完了します。

3-4.自治体回収でオイルヒーターを処分するときのメリット・デメリット

自治体回収を利用してオイルヒーターを処分するときには、どのようなメリット・デメリットがあるのでしょうか。

3-4-1.メリット

  • 回収費用が安い
  • 確実に回収してもらえる

自治体に回収してもらうメリットは、ほかの業者に比べて回収費用が安いことです。また、自治体相手なので信頼度も高いと言えます。

3-4-2.デメリット

  • 回収依頼を掛けるのが面倒
  • 自分で回収場所まで運ぶ必要がある
  • 回収日や時間・場所は指定に従う必要がある

自治体回収は、自分で依頼を掛けたり運んだりなど何かと手間が掛かります。また、回収日時と場所が自由にならない点もデメリットです。

3-5.回収ボックスに捨てる方法について

自治体では、家電製品の回収用に回収ボックスを設置していることがあります。家電でも指定があるものにかんしては、回収ボックスに入れるだけで完了するので便利です。ただし、回収でききる家電の種類は自治体ごとに異なるので注意しましょう。まずは、オイルヒーターが対象かどうかをきちんと確認することが大切です。

  • メリット:回収ボックスに入れるだけで完結する
  • デメリット:オイルヒーターが対象である自治体が少ない・回収ボックスの数が少ない

4.オイルヒーターの処分:販売業者の下取り利用の場合

オイルヒーターは、販売業者の下取りを利用して処分することも可能です。どんなときに利用できるのかだけでなく、手数料や注意点なども学んでください。

4-1.こんなときにはオイルヒーターを買い替えよう

  • オイルヒーターが故障したとき
  • オイルヒーターの電気代がはね上がったとき
  • オイルヒーターの機能に不具合が出てきたとき
  • 魅力的な機能が備わった新製品が出てきたとき

故障や不具合が出ているオイルヒーターは、危険ですから今すぐ買い替えを検討してください。また、最近は燃費の良いタイプのオイルヒーターも出ています。光熱費の削減やエコにもいいので、買い替えを検討してください。

4-2.オイルヒーターの新製品が安い時期は?

オイルヒーターの需要は、冬に最盛期を迎えます。つまり、多くの新製品は冬直前に出てくるわけですね。しかし、需要が高い時期は新製品も高値で安定していることも多くなります。新製品が安くなるのは、需要のピークを越えた冬の終わりから春までと考えましょう。多くの販売業者でセールを行うため、見逃さないようにこまめにチェックしてください。

4-3.販売業者の下取りを利用する方法もある

オイルヒーターの処分は、販売業者の下取りを利用することも考えましょう。販売業者では、オイルヒーターの買い替えをしたもらいために、顧客サービスのひとつとして下取りを行っています。オイルヒーターの買い替えを考えている場合は、メリットが大きいでしょう。まずは、新規購入を予定している販売業者で下取りサービスを行っているかどうか確認してみましょう。

4-4.通販業者はオイルヒーターを下取りしている?

通販業者の場合は、オイルヒーターの下取りを行っているところは少なくなります。多くの場合、通販業者では顧客とのやり取りを簡素化することで販売コストを抑えて安価な販売価格を実現しているのです。通販業者が下取りサービスを積極的に行わない理由も理解しておきましょう。ただし、中にはキャンペーンとして行っている場合もあるので調べてみてください。

4-5.オイルヒーターの下取りに手数料は必要?

基本的に、手数料は必要ありません。オイルヒーターの下取りは、販売業者のサービス扱いとなるからです。なお、手数料が無料になるほかにも、新規購入のときに使うことができる金券でキャッシュバックがあることもあります。できるだけ、新規購入のときに有利になる下取りを行っている業者を利用するとお得ですよ。

4-6.販売業者にオイルヒーターの下取りを依頼するメリット・デメリット

販売業者にオイルヒーターの下取りを依頼すると、どのようなメリットやデメリットがあるのか詳しく学びましょう。

4-6-1.メリット

  • 処分費用が無料・キャッシュバックがある
  • 確実に下取り・処分してくれる
  • 販売店に引き渡すので安心感がある

新規購入を考えている人には、お得なサービスと言えますね。

4-6-2.デメリット

  • 新規購入以外ではサービスを受けられない
  • 下取りサービスを行っているとは限らない
  • 対象機種を限定していることがある

販売店の下取りは、新規購入者向けのサービスであるため利用できる人ばかりとは限りません。また、条件によっては下取り不可能な点もデメリットと言えますね。

4-7.販売業者の下取りでオイルヒーターを処分するときの注意点

販売業者であっても、すべてがオイルヒーターの下取りを行っているとは限りません。購入前には、下取りサービスの有無を確認しておきましょう。また、下取りの条件に指定がある場合は当てはまるものかどうかも調べてください。下取りを期待して新規購入を決めたものの実際には下取りが不可能だった場合は、泣くに泣けませんよ。

5.オイルヒーターの処分:リセールする場合

オイルヒーターを処分したいときには、リセールをすることも考えてみましょう。買い取り可能な条件やリセールする方法の詳細について解説します。

5-1.買い取りしてもらえるオイルヒーターとは

  • 使用年数が少なく新品に近いもの
  • 人気ブランド(デロンギ・山善・無印など)であるもの
  • 状態がキレイで使用感が少ないもの
  • 需要の高いタイプ

買い取りをしてもらえるオイルヒーターは、業者で中古品として再販することになります。そのため、オイルヒーターとしての商品価値が高いものが買い取り対象となるのです。特に、デロンギの人気が高いため高価買取が期待できます。

5-2.リサイクルショップへの売却も検討しよう

リサイクルショップでは、不用になったオイルヒーターを買い取って中古品としてリセールしています。中古品として価値があると判断したものは、リサイクルショップに買い取りを依頼してみましょう。買い取りの相場は、大体数百円から数千円程度までとなります。

  • メリット:買い取りができるものはお金になる・中古品としてリサイクルできる
  • デメリット:買い取り不可の場合もある・処分だけを依頼することはできない

5-3.ネットオークションなどでリセールする方法について

ネットオークションで不要になったオイルヒーターをリセールすることも可能です。まずは、ネットオークションサイトに登録後、出品しましょう。落札希望者が入札をしてオークションが終了した後は、落札希望者が落札者となってオイルヒーターの購入権利者となります。落札金額の振り込みを確認して、オイルヒーターを送付してください。なお、落札金額は需要とタイミングによって数千円から数万円までばらつきがあります。

  • メリット:想定より高値で落札することがある・本当に必要な人の手に渡すことができる
  • デメリット:入金トラブルや商品クレームが起きやすい・システムの利用が複雑

5-4.オイルヒーターを高価買い取りしてもらうコツとは

  • キレイに掃除をしておく
  • 付属品や使用説明書を揃(そろ)えておく
  • 気になる点は事前に伝えておく
  • 冬になる前に買い取りを依頼する

オイルヒーターの需要は、当然ながら寒い時期に高くなります。そのため、冬になる前に買い取り依頼をすると通常よりも高値が付くことがあるので覚えておいてください。

6.オイルヒーターの処分:回収業者に依頼する場合

オイルヒーターの処分は、回収業者に依頼すると楽で便利です。ここでは、回収業者の利用方法やメリット・デメリットだけでなく、業者選びのポイントなどについて詳しく解説しましょう。

6-1.回収業者がオイルヒーターを回収する流れや方法

回収業者は、基本的に直接引き取りにてオイルヒーターを回収します。なお、回収するときの流れにかんしては以下を参考にしてください。

  1. 業者は依頼者からのオイルヒーター回収の相談を受ける
  2. 相談内容を踏まえて回収費用などの見積もりを出す
  3. 依頼者が見積もり内容に納得した場合は本契約を結ぶ
  4. 指定日時に業者がオイルヒーターを引き取りに来る
  5. 依頼者が回収費用を支払って完了する

オイルヒーターのほかに回収してほしいものがあるときは、必ず見積もりをもらう段階で伝えてください。当日にいきなり回収を依頼しても対応できない場合もあるので注意しましょう。

6-2.回収業者にオイルヒーターの回収を依頼した場合の料金

オイルヒーター1台あたり、数千円の回収費用となることが多いです。なお、回収業者の場合は、1台ごとの料金システムのほか、トラック積み放題などのパック料金を用意していることもあります。処分するオイルヒーターが複数台あるときや、ほかに不用品を処分したいときはパック料金の方が安くなることもあるため、業者に相談してください。

6-3.回収業者にオイルヒーターを処分してもらうメリット・デメリット

回収業者にオイルヒーターの処分を依頼することにも、メリット・デメリットの両方が存在します。よく理解してから利用しましょう。

6-3-1.メリット

  • 指定日時・場所に引き取りに来てくれる
  • 自分で運ぶ必要が無いので楽
  • ほかの不用品も同時に処分してもらえる

オイルヒーターの処分で回収業者を利用するメリットは、何と言っても楽な点にあります。集荷場所まで運ぶ必要も無いため、特に普段から忙しい人にとってはメリットが大きく感じることでしょう。

6-3-2.デメリット

  • 回収費用が数千円程度は必要になる
  • 夜間や休日に回収指定ができないことがある

デメリットは、回収費用が掛かることですね。しかし、回収費用の金額以上にメリットが大きくなります。お得なプランを利用するなど、デメリットを最小限にする方法を考えてみてください。

6-4.業者選びのポイントを学ぼう

不用品回収業者も数多く存在します。良い業者を見分けるためには、以下のポイントをチェックしてください。

  • オイルヒーターの回収を取り扱っている
  • 回収前の説明などが親切で丁寧
  • オイルヒーターの回収費用がリーズナブルである
  • 条件が良いオイルヒーターは買い取りも行っている
  • 希望の日時・場所での引き取りが可能である
  • 古物商許可・産業廃棄物収集運搬許可などを持っている

なお、当社でもオイルヒーターの回収を行っています。業者選びのときにはぜひ参考にしてください。

コーエーコーポレーション

6-5.オイルヒーターの回収コストを掛けないためのコツとは?

オイルヒーター単体で回収を依頼するのではなく、同時に買い取りになりそうなものの買い取りを依頼することを検討しましょう。家の中には、思わぬ不用品があるものです。たとえば、購入してからほとんど使用していない家電や、もう使用しなくなったブランドもののバッグなどは買い取りしてもらえる可能性が高くなります。処分費用と相殺することができれば、回収コストを安く抑えることができるでしょう。

6-6.無料回収業者は要注意!

オイルヒーターを無料で回収すると言って、訪問営業をしてきたり住宅街を営業車で巡回していたりする業者が増えています。しかし、無料回収業者をすぐに利用するのは待ってください。中には、無許可で営業をしているところもあります。無許可営業をしている業者では、オイルヒーターの回収後に不法廃棄をするだけでなく、何かと理由を付けて有料回収にするトラブルも多いです。勝手に家に上がり込んで貴金属などを物色する例もあるので、十分に注意してください。

7.オイルヒーターの処分にかんするよくある質問に回答

最後に、オイルヒーターの処分にかんするよくある質問に回答します。実際に処分するときに疑問に思いやすい点ですから、それぞれ確認しておきましょう。

7-1.複数の業者にオイルヒーターの回収の見積もりを依頼してもいいですか?

見積もりを出す段階であれば、複数の業者に見積もりを出して構いません。ただし、最低でも回収可能地区であることを確認しておきましょう。また、複数の業者に見積もりを出しても実際に依頼できるところはひとつだけです。同じような見積もりが出てきた場合に、何を重視するべきか決めておくことで最終判断がしやすくなりますよ。

7-2.マンションの高層階に住んでいる場合は自分で階下に運ぶべきですか?

マンションの高層階に住んでいても、オイルヒーターを自分で階下に運ぶ必要はありません。ただし、オプション費用が掛かることは認識しておきましょう。見積もりの段階で業者に状況を伝えると、実際にいくら必要になるかわかります。自分で階下に運ぶことも可能であっても、腰を痛めるなどのトラブルの原因となるのでやめておきましょう。

7-3.オイルヒーターを寄付することはできませんか?

学校や福祉施設など、オイルヒーターを中古でもいいからほしいと言っているところがあれば寄付することは可能です。タイミングが合ったときには、寄付を考えてください。また、冬場に災害が発生したときには、オイルヒーターが役に立つこともあるでしょう。最低限、使用に耐えることができる状態で寄付をしてください。なお、いずれの場合であっても、寄付先は自分で探したり送付の手配をしたりする必要があることも心得ておきましょう。

7-4.回収直前までオイルヒーターを使っていてもいいですか?

回収直前まで使っても問題はありません。しかし、直前まで使うとなるとオイルヒーター自体が熱いままになるため、業者がヤケドなどのケガを負う可能性もあります。オイルヒーターは、回収予定時刻の数時間前までを使用限度として、回収までには問題が無い状態に整えておきましょう。

7-5.オイルヒーターを回収してもらった後の取り消しはできますか?

オイルヒーターの回収が終わった後に契約を取り消したい場合は、すぐに業者に連絡してください。回収したオイルヒーターの処分前であれば、取り戻すことも可能です。ただし、取り戻すための費用は別途発生します。また、すでにオイルヒーターを処分した後だったり、新たな引受先が決まったりした後では取り消しができない場合がありますので注意しましょう。

まとめ

不要になったオイルヒーターは、適切な処分をしてスッキリしましょう。処分方法にもいろいろありますから、自分にとって最適なものを選んでください。記事を最後まで読んだ人は、どんな方法で処分すると最も良いのか判断できるはずです。なお、故障したり不具合があったりするオイルヒーターは、回収業者を利用することをおすすめします。きちんとした業者を選ぶことで、回収後のリサイクルも期待できるでしょう。良い機会と考えて、家中の不用品を処分するのもおすすめです。オイルヒーターだけを処分するよりも、まとめて処分した方がお得なこともあるので検討してくださいね。


不用品・粗大ごみをどこよりも格安回収 無料見積り・相談は今すぐこちらから