【必見】オイルヒーターの処分・捨て方を詳しく解説! 裏ワザも伝授!

故障や買い替えのため、古いオイルヒーターの処分に困っている人もいるのではないでしょうか。オイルヒーターは場所を取るので早く処分してしまいたいですよね。それに、使わないものを置いておくのは、保管スペースの無駄になります。不要なオイルヒーターはできるだけ早く処分してスッキリしましょう。今回は、オイルヒーターの処分や捨て方について、詳しく解説します。お得な裏ワザにも触れますから、ぜひ最後まで読んでみてくださいね。

  1. オイルヒーターを処分・廃棄・捨てたいとき
  2. 小型家電リサイクルとオイルヒーターについて
  3. オイルヒーターの処分:自分で捨てる場合
  4. オイルヒーターの処分:販売業者の下取り利用の場合
  5. オイルヒーターの処分:リセールする場合
  6. オイルヒーターの処分:回収業者に依頼する場合
  7. オイルヒーターの処分にかんするよくある質問に回答

記事を読んだ人は、オイルヒーターの処分方法にかんして詳しい知識が身に付きます。また、手元にあるオイルヒーターをどのように処分するといいのか理解できることでしょう。ひとつずつ読み進めるとスムーズに頭に入ってきますよ。オイルヒーターの処分のために有益な情報が満載ですから、まずは記事を熟読してください。

1.オイルヒーターを処分・廃棄・捨てたいとき

まずは、オイルヒーターについての基本を学びましょう。適切に処分するためには、オイルヒーターの性質を理解しておく必要があります。

1-1.オイルヒーターとは

オイルヒーターとは、暖房器具のひとつです。本体の内部にある難燃性の油を加熱することによって得た熱を放射することで室内を暖めます。オイルヒーター本体は、石油ストーブや電気ストーブなどと比べて高価です。しかし、ランニングコストが安いことを考えると長い目で見て環境にやさしいヒーターであると言えます。

1-2.オイルヒーターが人気な理由や特徴について

オイルヒーターは、安全性の高さや空気を汚さない点で高い人気を誇っています。特に、幼児や高齢者がいる家庭ではオイルヒーターの需要が高いです。オイルヒーターは、電気代が安く上がったり一酸化炭素中毒になる心配が無かったりなどの点にも魅力があります。また、運転音が静かなため、病院などでも多く採用していることが特徴です。

1-3.オイルヒーターの寿命について

オイルヒーターにも、寿命があります。しかし、暖房器具としての寿命は長く10年以上は持つことが多いです。ただし、使い方によっては寿命が短くなることも多いほか、急に故障する可能性も否定できません。オイルヒーターに異常を感じたときは、購入日から何年経過しているかを確認してから修理対応するか判断しましょう。

1-4.オイルヒーターに多い故障内容は?

  • 暖房機能が弱い・十分に働かない
  • オイル漏(も)れする
  • 異音や異臭がする
  • 電源が入らない

オイルヒーターの故障は、種類によって健康被害や命にかかわるものになることがあります。故障したオイルヒーターは使用しないようにしましょう。

1-5.オイルヒーターは何ごみになる?

オイルヒーターは、粗大ごみとして扱う自治体が多いです。大きさによっては、不燃ごみとして出すことができる場合もあります。まずは、お住まいの自治体での扱いを調べてみましょう。実際にオイルヒーターを出すときには、自治体が決めたルールに従って出してください。

不用品・粗大ごみをどこよりも格安回収 無料見積り・相談は今すぐこちらから