カラーボックスの処分を3か条で解説! 捨て方はシンプル

カラーボックスは安価で入手しやすいことから、1人暮らしの方からご家庭まで、さまざまな場所で使われています。勉強道具やおもちゃの棚にしたり、ドライヤーや手鏡といった生活用品をバスケットに入れて収納したりと、用途は多岐にわたるでしょう。ですが、安さに引かれて購入したぶん、「生活が落ち着いてきた」「引っ越しすることになった」という場合、真っ先に不用品になりがちです。基本的には木製ですから燃えるごみと思うでしょうが、大きさがあるため、捨て方に悩んでしまいませんか? そこで、意外と注目されていないカラーボックスの処分について記事をまとめてみました。

不用品・粗大ごみをどこよりも格安回収 無料見積り・相談は今すぐこちらから