【保存版】電気シェーバーの捨て方はこうする!処分方法を徹底解説

電気シェーバーは、身だしなみを整えるために欠かすことができない電化製品です。毎日使用しているうちに不具合が出たり魅力的な新製品が発表されたりなどで、新しいものへの買い替えを考えている人も多いことでしょう。しかし、不要になった電気シェーバーはどのように処分すればいいのかわからないものですよね。今回は、電気シェーバーの捨て方について詳しく解説することにします。正しく処分するためにも、ぜひ最後までじっくり読んでくださいね。

  1. 電気シェーバーを捨てたい・処分したい
  2. 小型家電リサイクル法について
  3. 電気シェーバーの捨て方:自分で捨てる場合
  4. 電気シェーバーの捨て方:販売業者の下取りに出す場合
  5. 電気シェーバーの捨て方:リサイクルする場合
  6. 電気シェーバーの捨て方:回収業者に依頼する場合
  7. 電気シェーバーの捨て方にかんするよくある質問に回答

電気シェーバーも、貴重な資源が使ってあります。ごみとして出すだけ捨て方ではありません。まずは、記事を読んで最適な処分方法について正しい知識を身に付けましょう。記事には必要なことがすべて書いてあるので役に立ちます。電気シェーバーをこれから買い替える予定のある人に、また、古い電気シェーバーの処分だけしたい人にも、必見の内容ですよ。

1.電気シェーバーを捨てたい・処分したい

まずは、電気シェーバーを捨てたい・処分したいと思ったときに知っておきたいことを解説します。寿命や買い替えのタイミングなどを詳しく学んでください。

1-1.電気シェーバーとは?

電気シェーバーとは、肌に外刃(そとば)を押し当てることで押し出したひげやムダ毛を内刃(うちば)でカットする仕組みを持っています。電気シェーバーは、より安全にひげやムダ毛を処理できることから、一般的なカミソリよりも需要が高まっているのが現状です。機能についても各メーカーにおいて年々進化しているため、仕上がりに満足している人が増えています。

1-2.電気シェーバーの寿命について

電気シェーバーにも、当然ながら寿命があります。平均して3年から4年程度と考えておきましょう。使い方や環境によっては、2年程度で寿命が来ることもあります。まず、先に寿命が来る部分は刃ですね。刃を交換できるものは、再び使用することができます。ただし、充電式の場合は十分な充電をしてもすぐに電池切れになってしまうようになったら寿命です。以前と比べて性能が落ちたと感じたり使いにくくなったと思ったりしたときも、寿命と判断しましょう。

1-3.電気シェーバーを買い替えるタイミングとは

電気シェーバーを買い替えるタイミングで主なものを確認しておきましょう。

  • 電気シェーバーが壊れた
  • 十分に剃(そ)ることができなくなった
  • 機能に不満が出てきた
  • 充電が持たなくなった

壊れてしまうことのほかにも、人によってさまざまな理由で買い替えていることがわかりますね。

1-4.新機能・新製品の電気シェーバーが安い時期はいつ?

電気シェーバーも、技術の進歩に伴って機能が向上しています。小型家電である点からも、開発がしやすいのでしょう。さて、新機能・新製品の電気シェーバーが安いのは、次に新しいものが発表になる直前のタイミングです。また、父の日やクリスマス・入学や就職祝いの需要がある時期も安くなりやすいのでチェックしておきましょう。

1-5.壊れた電気シェーバーは粗大ごみ?

電気シェーバーも、規定の寿命が来る前に壊れてしまうことがあります。さて、こだわれてしまった電気シェーバーは粗大ごみに出すのでしょうか。実際は、電気シェーバーは小さな家電なので粗大ごみ扱いとはならずに不燃ごみでいいとしている自治体が多いです。また、自治体によっては「小型家電」として別途回収していることもあるのでチェックしてみてくださいね。

不用品・粗大ごみをどこよりも格安回収 無料見積り・相談は今すぐこちらから