車のバッテリーの処分・廃棄方法とは? 失敗しないためのコツを掴もう

「車のバッテリーの捨て方がわからない」「バッテリーの処分方法が正しいかどうか不安」など、悩んでいる方は多いでしょう。車のバッテリーには寿命があります。使えなくなった車のバッテリー廃棄に頭を抱える人は多く、間違った方法で処分しがちです。誤った処分方法は環境破壊につながり、不法投棄などのトラブルにも発展してしまいます。正しく捨てるためにも、車のバッテリーの廃棄方法をきちんと把握しておきましょう。これから、車のバッテリーの処分方法やリサイクル・買い替え・DIY交換など詳しく説明します。

  1. 車のバッテリーを処分する前に知るべきこと
  2. 車のバッテリーのリサイクルについて
  3. 車のバッテリー処分~買い替えの場合
  4. 車のバッテリー処分~DIY交換の場合
  5. 車のバッテリー処分~回収業者に頼む場合
  6. 車のバッテリーの処分にかんしてよくある質問

この記事を読むことで、車のバッテリーを正しく処分するために必要な情報を手に入れることができます。車のバッテリーを処分したい方や方法を知りたい方は、ぜひ参考にしてください。

1.車のバッテリーを処分する前に知るべきこと

車のバッテリーを処分する前に、バッテリーとは何なのか確認しておきましょう。バッテリーの基礎知識がわかれば、正しい処分方法かどうか判断しやすくなります。

1-1.バッテリーとは

電池や乾電池・二次電池などをバッテリーといいます。自動車やオートバイに搭載しているバッテリーを指すことが多いです。車のバッテリーに使用されているのは、ほとんどが鉛蓄電池になります。基本、バッテリーの構成はプラス極(正極)板とマイナス極(負極)板と電解液です。化学反応によって直流の電気エネルギーが発生し、外部から与える電気エネルギーによって力を蓄えます。車の原動力として大切な部分です。つまり、バッテリーはエンジンを回すために必要なモーターを動かしています。バッテリー切れになると、エンジンがかからなくなるのです。

1-2.バッテリー処分のタイミング

車のバッテリーには寿命があります。使用頻度にもよりますが、およそ2~5年です。2年経過したころがバッテリーの交換時期になるでしょう。また、チェッカーと呼ばれるアイテムを使用してバッテリーの状態を調べることもできます。良好ならチェッカーの緑ランプがつき、注意なら黄色ランプ、交換時期なら赤ランプがつく仕組みです。

1-3.自治体では引き取ってくれないのか?

ほとんどの自治体で車のバッテリーは回収していません。市区町村のホームページをチェックしてみると、店舗に処分を依頼してもらうなどほかの方法が記載されています。自治体のごみ捨て場に捨てると、回収してもらえず不法投棄になる可能性が高いです。トラブルになりがちなので、自治体以外の方法で処分しましょう。

2.車のバッテリーのリサイクルについて

車のバッテリーはリサイクル可能です。リサイクルは資源の有効活用ができ、環境に優しい取り組みになります。一体どのようにリサイクルするのか、詳しく見ていきましょう。

2-1.車のバッテリーのリサイクルについて

販売店やガソリンスタンドなどで回収される車のバッテリーは、解体業者まで運ばれます。解体業者でバッテリーは解体・分別され、有用性の高い鉛原料は精錬業者で再生鉛になり、再販売される仕組みです。また、バッテリー解体時に排出されるプラスチックは、販売・廃棄物処理されています。

2-2.車のバッテリー解体の危険性について

車のバッテリーを自分で解体してはいけません。素人が解体すると、内容物でヤケドする、ショートによる爆発を起こす危険性があります。勝手に改造するのも危険です。バッテリー本来の機能が失われ、破裂の原因になります。そのため、解体作業は専門業者にお願いしましょう。

3.車のバッテリー処分~買い替えの場合

車のバッテリーを新しいものに買い替える場合の処分方法をご紹介します。買い替える際は、販売店・カー用品店による引き取りになるでしょう。それぞれの料金や方法をチェックしてください。

3-1.販売店による引き取り

ホームセンターなど車のバッテリーを販売しているお店では、使用済みバッテリーの引き取りをおこなっています。購入した店舗に持っていけば、回収が無料です。ただし、中には有料で回収しているところもあるので事前に確認しておきましょう。

3-2.カー用品店による引き取り

カー用品店でも使用済みバッテリーの引き取りをおこなっています。ただし、引き取りには廃棄料金がかかるところがほとんどです。カー用品店による引き取り費用は、およそ500円になるでしょう。新しいものを購入する際、無料で廃棄してくれるところもあるので、事前にチェックしてください。

3-3.買い替えのメリット・デメリット

販売店やカー用品店による買い替えのメリットは、バッテリーの交換と廃棄が同時にできることです。素人では扱いが難しい交換を、カー用品店ではおこなってくれます。ホームセンターでは難しいので、専門知識を心得ているカー用品店に依頼したほうが安心です。また、お店によっては“下取り”をおこなっているところもあります。廃棄が無料かつ新品のバッテリーも値引きしてもらえるでしょう。ただし、下取りできない場合は、処分費用が必要になることもあります。

4.車のバッテリー処分~DIY交換の場合

自分で車のバッテリーを交換する場合、購入から処分までの方法・料金について説明します。DIYを考えている方はぜひチェックしてください。

4-1.カー用品・ホームセンターなどでの購入

カー用品・ホームセンターで新しいバッテリーを購入した後、古いバッテリーと交換します。そして、要らないものを捨てなければなりません。ほとんどのお店では、新しいバッテリーの購入と引き換えに、処分を無料でおこなっています。購入する前に、バッテリーの廃棄もおこなっているかどうか尋ねてみてください。もし、有料になる場合はおよそ500円必要です。

4-2.ネット通販での購入

インターネットでバッテリーを購入する場合、通販サイトでも古いものを回収しているところがほとんどです。しかし、ネット通販はすべてが無料になるわけではありません。バッテリーを送るときにかかる費用・送料は自己負担になります。送料がいくらかかるのか、近くの自動車工場に持っていったほうが安く抑えられるのか、比較してみましょう。意外と、送料のほうが高くつくケースが多いです。特に、送付先が遠距離の場合は1,000円以上かかることもあります。

4-3.それぞれの注意点

廃バッテリーの回収費用は、金属取り引き相場によって変動します。必ずしも、引き取りの額が一定というわけではないので注意してください。車のバッテリーは鉛電池です。価値が高くなるほど、買い取り額がアップします。回収費用をできるだけ抑えたい方は、鉛の価値が高くなっているときに処分するといいでしょう。

4-4.DIY交換のメリット・デメリット

DIY交換の主なメリットは、交換費用を抑えることができる点です。ほとんどの自動車工場では、持ち込んだバッテリーと交換してくれます。自動車工場によって異なりますが、工費はおよそ500円です。交換前に、必ず費用を確認してください。一方、デメリットは、失敗するリスクが高まる点です。きちんと交換しなければ、動作不良が起きてしまいます。費用を抑えられるからと無理に交換しないようにしてください。自分でできない場合は、自動車工場にお願いしましょう。

5.車のバッテリー処分~回収業者に頼む場合

バッテリーの処分は、回収業者に依頼する方法もあります。ただし、回収業者の中には悪徳業者も存在しているので注意が必要です。悪徳業者に引っかかるとトラブルになるため、業者選びのポイントを押さえておきましょう。

5-1.業者選びのポイント

バッテリーの回収を業者に依頼する際、以下のポイントに注目して選んでください。

  • 業者スタッフの対応が丁寧かつ迅速
  • 見積もり内容が明確になっている
  • 即日対応が可能
  • 無料見積もりができる
  • 料金設定が明確になっている

特に、料金設定や見積もり内容が明確になっているかどうかに注目してください。優良業者はホームページに具体的な料金を記載しています。料金設定が不明確な業者は信頼できません。そして、見積もり内容に不備がある業者もNGです。

5-2.回収業者のメリット

回収業者に依頼すると、すぐに処分してもらえます。また、自宅にやってきてくれるので、自分たちでお店に持ち込む必要もありません。仕事や家事で忙しい方や家から離れられない方・近くにお店がない方におすすめの方法です。さらに、バッテリーのほかにも処分したい不用品があれば、一気に回収してもらえます。

5-3.回収方法

回収業者の主な回収方法は、出張回収です。業者が直接自宅にきて、その場で買い取り・回収してもらえます。申し込みをするときに日時を予約するので、都合のいい時間を設定しましょう。即日対応が可能な業者は、夜間でも回収OKです。業者によって回収方法が異なるため、申し込み前に確認しておきましょう。

5-4.回収料金

回収料金は回収品目と量によって異なります。車バッテリーの回収料金は、およそ500円~1,000円になるところが多いです。しかし、業者の中には出張費は別で、合計がもっと高くなるところもあります。不用品回収をおこなっているライフサポート東京本部では、出張費がかかりませんのでご安心ください。また、業者の中には買い取りをおこなっているところもあります。買い取りしてもらえるかどうか、1度尋ねてみてください。

5-5.無料回収業者に要注意!

回収業者の中には無料で回収をおこなっているところがあります。「無料だからラッキー!」と思う方は多いですが、無料回収業者には注意しなければなりません。なぜなら、無料回収と謳(うた)って客引きをおこない、後で追加料金を請求するトラブルが増えているからです。トラブルにまきこまれないためにも、なぜ無料回収ができるのか理由が明確になっているかどうか確認してください。理由がハッキリしていない業者は不正を働く可能性が高いです。

6.車のバッテリーの処分にかんしてよくある質問

車のバッテリー処分にかんしてよくある質問を5つピックアップしてみました。処分で悩んでいる方は、ぜひ参考にしてください。

6-1.下取りできないバッテリーとは?

業者や店舗によって、下取りできるバッテリーが異なります。たとえば、あるカー用品店ではバッテリー1個5キログラム以上のものが対象です。たとえ、電池として機能していても、重量によって買取不可となるケースはあるので気をつけてください。

6-2.DIYで交換する方法とは?

車のバッテリー交換方法は以下のとおりです。

  1. 交換前にメモリーバックアップグッズをシガーソケットに差しこむ
  2. バッテリーのマイナス端子をベンチではずす
  3. プラス端子をはずしてバッテリーを固定している金具もはずす
  4. 新しいバッテリーを車にセットして固定する
  5. プラス端子→マイナス端子の順番で取りつける
  6. メモリーバックアップグッズを取りはずして完了

6-3.業者とトラブルにあったときの対処法とは?

もし、業者とトラブルにあったときは早めに国民生活センター、または消費者センターに相談してください。つい1人で悩みがちですが、トラブル対応に慣れている国民生活センターに相談したほうが安心です。状況に合った対処法を提示してくれます。

国民生活センター 相談窓口

6-4.廃バッテリーの買い取り額はいくらか?

車用の鉛バッテリーは1キログラム当たり、およそ92円~買い取り可能です。買い取り額は日々変動しているので、買い取ってもらう前に金属相場をチェックしておきましょう。金属相場は以下のURLで確認できます。

金属相場(Investing.com)

6-5.交換の目安となる症状とは?

バッテリーの寿命が近づくと、あらゆる症状が現れます。たとえば、ヘッドライトが暗くなる・バッテリー本体がふくらむ・バッテリー液が減りやすい・パワーウィンドウの動きが遅い・バッテリーの端子付近に粉がつくなどです。これらの症状が見られたときは、交換をしましょう。

まとめ

いかがでしたか? 車のバッテリーの処分方法は、店舗による下取り・引き取り・買取または、回収業者による回収・買取になります。回収方法や処分費用などが異なるため、それぞれのメリット・デメリットをきちんと把握したうえで処分しましょう。すぐに処分したい場合は、回収業者がおすすめです。回収業者は、自宅までやってきて回収してくれます。そのため、手間と時間がかかりません。また、バッテリー以外にも処分したい不用品があれば、一気に回収してもらいましょう。そのほうが費用も安く抑えることができます。自分のライフスタイルに合った、正しい方法で処分してくださいね。