車のバッテリーの処分・廃棄方法とは? 失敗しないためのコツを掴もう

「車のバッテリーの捨て方がわからない」「バッテリーの処分方法が正しいかどうか不安」など、悩んでいる方は多いでしょう。車のバッテリーには寿命があります。使えなくなった車のバッテリー廃棄に頭を抱える人は多く、間違った方法で処分しがちです。誤った処分方法は環境破壊につながり、不法投棄などのトラブルにも発展してしまいます。正しく捨てるためにも、車のバッテリーの廃棄方法をきちんと把握しておきましょう。これから、車のバッテリーの処分方法やリサイクル・買い替え・DIY交換など詳しく説明します。

  1. 車のバッテリーを処分する前に知るべきこと
  2. 車のバッテリーのリサイクルについて
  3. 車のバッテリー処分~買い替えの場合
  4. 車のバッテリー処分~DIY交換の場合
  5. 車のバッテリー処分~回収業者に頼む場合
  6. 車のバッテリーの処分にかんしてよくある質問

この記事を読むことで、車のバッテリーを正しく処分するために必要な情報を手に入れることができます。車のバッテリーを処分したい方や方法を知りたい方は、ぜひ参考にしてください。

1.車のバッテリーを処分する前に知るべきこと

車のバッテリーを処分する前に、バッテリーとは何なのか確認しておきましょう。バッテリーの基礎知識がわかれば、正しい処分方法かどうか判断しやすくなります。

1-1.バッテリーとは

電池や乾電池・二次電池などをバッテリーといいます。自動車やオートバイに搭載しているバッテリーを指すことが多いです。車のバッテリーに使用されているのは、ほとんどが鉛蓄電池になります。基本、バッテリーの構成はプラス極(正極)板とマイナス極(負極)板と電解液です。化学反応によって直流の電気エネルギーが発生し、外部から与える電気エネルギーによって力を蓄えます。車の原動力として大切な部分です。つまり、バッテリーはエンジンを回すために必要なモーターを動かしています。バッテリー切れになると、エンジンがかからなくなるのです。

1-2.バッテリー処分のタイミング

車のバッテリーには寿命があります。使用頻度にもよりますが、およそ2~5年です。2年経過したころがバッテリーの交換時期になるでしょう。また、チェッカーと呼ばれるアイテムを使用してバッテリーの状態を調べることもできます。良好ならチェッカーの緑ランプがつき、注意なら黄色ランプ、交換時期なら赤ランプがつく仕組みです。

1-3.自治体では引き取ってくれないのか?

ほとんどの自治体で車のバッテリーは回収していません。市区町村のホームページをチェックしてみると、店舗に処分を依頼してもらうなどほかの方法が記載されています。自治体のごみ捨て場に捨てると、回収してもらえず不法投棄になる可能性が高いです。トラブルになりがちなので、自治体以外の方法で処分しましょう。

不用品・粗大ごみをどこよりも格安回収 無料見積り・相談は今すぐこちらから