【2016年版】掃除機の処分を5項目で疑問解消! 廃棄の最新情報!

「掃除機が壊れたから・引っ越すから買い替える」と決めたとき、気になるのはその処分方法です。今はさまざまな家電製品がリサイクルの対象となっており、自治体によっても項目は異なります。全国共通の一覧表示があればいいのに……そう思っているのはあなただけではないでしょう。リサイクル法は環境保全のためです。今まで部屋をきれいにしてくれた掃除機も適切な廃棄方法でサヨナラしてください。
今回は掃除機の処分方法をご紹介します。2016年12月の最新記事です。

  1. 掃除機を処分したい!
  2. 掃除機の処分~自分で捨てる場合~
  3. 掃除機の処分~販売業者の下取り~
  4. 掃除機の処分~リサイクルする場合~
  5. 掃除機の処分~業者に頼む場合~
  6. 掃除機の処分にかかわるよくある質問
  7. まとめ

記事を読み終わるころ、掃除機の処分方法は完ぺきです。廃棄の仕方からその区分まで、要点を押さえてお届けします。

1.掃除機を処分したい!

掃除機がリサイクル法に該当するのか否か、最初の項で解消しておきましょう。そのうえで自治体の情報に触れていきます。

1-1.掃除機と家電リサイクル法について

掃除機は家電リサイクル法に対応していません。そもそも家電リサイクル法とは、エアコン・洗濯機・冷蔵庫・テレビの4項目に限ってリサイクルを定めた法律です。家電という名称が入っているので勘違いしがちですが、掃除機は含まれませんのでご安心ください。

1-2.掃除機は粗大ごみで捨てて良い?

通常の処分方法として、掃除機は粗大ごみの区分で問題ありません。家電リサイクル法の該当製品のように、廃棄するにあたって特別な決まりもないです。

1-3.各自治体の粗大ごみの定義について

各自治体によってルールは若干異なるので、処分する際は必ず確認するようにしてください。一般的に1辺が30cm以上といった条件のもと、粗大ごみは大きさで定義されています。そのほか、自治体によっては品目で粗大ごみとしている場合もあるので覚えておきましょう。

不用品・粗大ごみをどこよりも格安回収 無料見積り・相談は今すぐこちらから