マニキュアを捨てたい!そんなときは?正しい捨て方と再利用のコツ

「マニキュアの捨て方がわからない」という人は多いと思います。中身が固まってしまって、もう使うことはなくても、処分方法がわからなくてついそのままにしているということもあるのではないでしょうか。最後まで使い切らずに新しいものを買ってしまうことが多いマニキュア。どのようにして処分するのが正しいのでしょうか。この記事では、マニキュアの正しい処分方法やリサイクルする方法についてまとめて解説します。

  1. マニキュアを捨てたい!そんなときは?
  2. マニキュアを自分で捨てる方法
  3. マニキュアをリサイクルしよう!
  4. マニキュアの処分にかんするよくある質問

この記事を読むことで、不要なマニキュアを一気に処分する方法がわかります。残っているマニキュアは再利用しましょう。

1.マニキュアを捨てたい!そんなときは?

マニキュアが何ゴミに分類されるのかわからない人は多いでしょう。正しい捨て方についてご紹介します。

1-1.何ゴミになるのか?

「マニキュアを何本も持っている」という女性は多いと思います。おしゃれに欠かすことのできないアイテムですが、捨てるときは困るものです。まず、可燃ゴミなのか不燃ゴミなのか悩むところでしょう。マニキュアの場合、中身は可燃ゴミ、容器は不燃ゴミという扱いになります。中身が残ったまま固まってしまうと分別するのも大変になるため、ついそのまま可燃ゴミに捨ててしまう人も多いのではないでしょうか。

1-2.素材ごとに分別しよう

マニキュアを捨てる際は、素材ごとに分別するのが正しい方法です。ただし、どの素材が何ゴミに分類されるかは自治体によって異なります。中身は新聞紙に出して可燃ゴミ、容器やハケ、キャップは不燃ゴミに分類されることが多いようですが必ず捨てる前に確認しておきましょう。キャップは自治体によって資源ゴミに分類される場合もあります。

1-3.素材別の捨て方を紹介

各自治体のゴミ分別ルールを確認したら、あとは捨てるだけです。可燃ゴミや不燃ゴミの場合は指定のゴミ袋に入れて決められた曜日に回収場所へ持って行きましょう。資源ゴミの場合も同様です。新聞紙に出した中身は、周りのものに付着しないようにたたんだり丸めたりしてからビニール袋に入れ、しっかりと縛ってから捨てることをおすすめします。

不用品・粗大ごみをどこよりも格安回収 無料見積り・相談は今すぐこちらから