不用品を片付けたい方必見!不用品回収と買取ができる業者の選び方

大掃除や引越しで、たくさんの不用品が出ることがありますよね。不用品にはさまざまな種類があり、分別や処理方法が難しいこともあるでしょう。不用品の片付けで面倒なのが、処分と仕分けです。「分別ルールが細かくて理解できない」「不用品を一気に処分できないか?」といった、不用品処分にかんする悩み、とてもよくわかります。処分したいという思いがある一方で、不用品の買取を希望するケースもあるでしょう。使えるものは買い取ってほしいと思うのは、処分費用を削減する意味でも重要なことです。

今回は、不用品の片付けや処分についてご紹介します。

  1. 不用品の片付けにかんする基礎知識
  2. 不用品の片付けにおける注意点
  3. 不用品の処分方法
  4. 不用品の片付けと買取について
  5. 不用品片付け業者選び
  6. 不用品の片付けや処分についてよくある質問
  7. まとめ

不用品の処分や買取について、この記事を読んで学ぶことができるでしょう。家の中をすっきりときれいな環境にしたい方は、ぜひご一読ください。不用品の処分にかんする悩みが一気に解消しますよ。

1.不用品の片付けにかんする基礎知識

家の片付けを終えたけれど、不用品の処分という次なる問題が出てきます。「ごみとして処分する」ということが、簡単にできなくなってきていると感じませんか?自治体のルールの厳格化や法律などが関連しているためです。

1-1.不用品とはどんなもの?

不用品とは、長く着ていない服・家財道具・家電などが挙げられます。引越しで出る大量のごみも不用品です。家庭で使わなくなり、手放したいと思うものはすべて不用品と捉(とら)えられます。

1-2.粗大ごみの種類とは?

粗大ごみの定義は自治体ごとに違い、基準となるものは大きさが一般的です。粗大ごみの種類には、下記のようなものがあります。

  • タンスやソファーなど家財道具
  • 家電
  • 布団やベッドなどの寝具
  • カーペット
  • 楽器
  • 自転車
  • スポーツ用品

ご紹介したのはあくまでも一例です。お住まいの地域で、粗大ごみをどう捉(とら)えているかを確認してください。

1-3.家電リサイクル法にも注意

2001年4月1日に、家電リサイクル法が施行されました。家電リサイクル法では、対象品目を製造業者が責任を持ってリサイクル回収することと義務付けています。 自治体の粗大ごみとは切り離し、製造業者へ依頼が必要です。自治体でも受け付け、リサイクル料金と収集運搬費用を負担することで、指定業者を紹介してもらえます。詳しくは、家電リサイクル券センターのホームページを確認しましょう。
一般財団法人 家電製品協会 家電リサイクル券センター
対象品目は下記を参考にしてください。

  • テレビ(ブラウン管式・液晶・プラズマ)
  • 冷蔵庫・冷凍庫(ワインセラーも含む)
  • 洗濯機(全自動・2層式・衣類乾燥機)
  • エアコン(壁掛けタイプ・ウィンドウ設置型・床置きタイプ)

上記対象品目に加え、付属品のリモコンもリサイクル回収となります。ただし、電池は抜いてください。

1-4.パソコンの処分はどうなる?

パソコンなど小型家電製品については、2013年に施行された小型家電リサイクル法(資源有効利用促進法)によって、メーカーによる回収が推奨されています。デジタルカメラ・タブレット・スマホ・ゲーム機なども対象です。パソコンにPCリサイクルマークが表示されている場合、メーカーによる回収が無償となります。表示がない場合は有償回収です。大切な個人情報を守るため、データ消去を行ってからリサイクル回収に出してください。
経済産業省(小型家電リサイクル法)

1-5.特殊ごみについて

電池・蛍光灯・電球などは、特殊ごみに分類されます。特殊ごみの取り扱い方も自治体ごとに異なり、事前に確認をしてください。たとえば、兵庫県佐用郡では、特殊ごみの回収は自治体が設置するコンテナで行っています。燃えるごみや燃えないごみに混ぜるのはやめてください。
兵庫県佐用郡(ごみの分別)

1-5-1.車やバイクについて

車やバイクは、自治体の粗大ごみで出すことはできません。中古販売店または行政書士などを利用し、事務処理が必要です。処分より、業者による買取をおすすめします。パーツの処分も、自治体では扱えません。

1-5-2.設置していた消火器の処分は?

消火器には、消火作用がある薬品が含まれており、自治体での処分は利用できません。消火器の処分は、社団法人 日本消火器協会が回収しています。処分したい方はお問い合わせください。
社団法人 日本消火器協会

1-5-3.一般の楽器より大きなグランドピアノ

グランドピアノを処分する際は、買取業者に依頼するケースがほとんどです。自治体には持ち込むこともできませんし、何より受け付けてもらえません。

不用品・粗大ごみをどこよりも格安回収 無料見積り・相談は今すぐこちらから