不用品を片付けたい方必見!不用品回収と買取ができる業者の選び方


大掃除や引越しで、たくさんの不用品が出ることがありますよね。不用品にはさまざまな種類があり、分別や処理方法が難しいこともあるでしょう。不用品の片付けで面倒なのが、処分と仕分けです。「分別ルールが細かくて理解できない」「不用品を一気に処分できないか?」といった、不用品処分にかんする悩み、とてもよくわかります。処分したいという思いがある一方で、不用品の買取を希望するケースもあるでしょう。使えるものは買い取ってほしいと思うのは、処分費用を削減する意味でも重要なことです。

今回は、不用品の片付けや処分についてご紹介します。

  1. 不用品の片付けにかんする基礎知識
  2. 不用品の片付けにおける注意点
  3. 不用品の処分方法
  4. 不用品の片付けと買取について
  5. 不用品片付け業者選び
  6. 不用品の片付けや処分についてよくある質問
  7. まとめ

不用品の処分や買取について、この記事を読んで学ぶことができるでしょう。家の中をすっきりときれいな環境にしたい方は、ぜひご一読ください。不用品の処分にかんする悩みが一気に解消しますよ。

1.不用品の片付けにかんする基礎知識

家の片付けを終えたけれど、不用品の処分という次なる問題が出てきます。「ごみとして処分する」ということが、簡単にできなくなってきていると感じませんか?自治体のルールの厳格化や法律などが関連しているためです。

1-1.不用品とはどんなもの?

不用品とは、長く着ていない服・家財道具・家電などが挙げられます。引越しで出る大量のごみも不用品です。家庭で使わなくなり、手放したいと思うものはすべて不用品と捉(とら)えられます。

1-2.粗大ごみの種類とは?

粗大ごみの定義は自治体ごとに違い、基準となるものは大きさが一般的です。粗大ごみの種類には、下記のようなものがあります。

  • タンスやソファーなど家財道具
  • 家電
  • 布団やベッドなどの寝具
  • カーペット
  • 楽器
  • 自転車
  • スポーツ用品

ご紹介したのはあくまでも一例です。お住まいの地域で、粗大ごみをどう捉(とら)えているかを確認してください。

1-3.家電リサイクル法にも注意

2001年4月1日に、家電リサイクル法が施行されました。家電リサイクル法では、対象品目を製造業者が責任を持ってリサイクル回収することと義務付けています。 自治体の粗大ごみとは切り離し、製造業者へ依頼が必要です。自治体でも受け付け、リサイクル料金と収集運搬費用を負担することで、指定業者を紹介してもらえます。詳しくは、家電リサイクル券センターのホームページを確認しましょう。
一般財団法人 家電製品協会 家電リサイクル券センター
対象品目は下記を参考にしてください。

  • テレビ(ブラウン管式・液晶・プラズマ)
  • 冷蔵庫・冷凍庫(ワインセラーも含む)
  • 洗濯機(全自動・2層式・衣類乾燥機)
  • エアコン(壁掛けタイプ・ウィンドウ設置型・床置きタイプ)

上記対象品目に加え、付属品のリモコンもリサイクル回収となります。ただし、電池は抜いてください。

1-4.パソコンの処分はどうなる?

パソコンなど小型家電製品については、2013年に施行された小型家電リサイクル法(資源有効利用促進法)によって、メーカーによる回収が推奨されています。デジタルカメラ・タブレット・スマホ・ゲーム機なども対象です。パソコンにPCリサイクルマークが表示されている場合、メーカーによる回収が無償となります。表示がない場合は有償回収です。大切な個人情報を守るため、データ消去を行ってからリサイクル回収に出してください。
経済産業省(小型家電リサイクル法)

1-5.特殊ごみについて

電池・蛍光灯・電球などは、特殊ごみに分類されます。特殊ごみの取り扱い方も自治体ごとに異なり、事前に確認をしてください。たとえば、兵庫県佐用郡では、特殊ごみの回収は自治体が設置するコンテナで行っています。燃えるごみや燃えないごみに混ぜるのはやめてください。
兵庫県佐用郡(ごみの分別)

1-5-1.車やバイクについて

車やバイクは、自治体の粗大ごみで出すことはできません。中古販売店または行政書士などを利用し、事務処理が必要です。処分より、業者による買取をおすすめします。パーツの処分も、自治体では扱えません。

1-5-2.設置していた消火器の処分は?

消火器には、消火作用がある薬品が含まれており、自治体での処分は利用できません。消火器の処分は、社団法人 日本消火器協会が回収しています。処分したい方はお問い合わせください。
社団法人 日本消火器協会

1-5-3.一般の楽器より大きなグランドピアノ

グランドピアノを処分する際は、買取業者に依頼するケースがほとんどです。自治体には持ち込むこともできませんし、何より受け付けてもらえません。

2.不用品の片付けにおける注意点

「不用品を処分する」「買取を利用する」いずれの場合も分別や仕分けが必要です。不用品の片付けには何かと手間がかかり、誰もが挫折するポイントであるため、心の準備をしておきましょう。

2-1.不用品の片付けは仕分けと作業にヘトヘトになる

引越しなど、たくさんの不用品であふれ返りますよね。不用品の量が、仕分けと作業の大変さを左右するのです。自治体のルールを1つずつ確認しながら、分別を繰り返す作業は大変骨の折れる作業でしょう。作業中に諦めてしまう方も少なくありません。

2-2.自治体ごとに細則が違う

粗大ごみにかかわらず、燃えるごみ・燃えないごみ・資源ごみと自治体ごとに細則が違います。もし違う分別をしてしまった場合、回収されずにごみが残ってしまう可能性が高いです。分別の難しさとともに、ルールに添うやり方をしなければならないことが、不用品処分の大変さでしょう。

2-3.有料での処分となるものとは?

処分費用が少ないのが、自治体の処分です。しかし、自治体での処分対象とはならないものがあります。リサイクルが必要な製品です。
家電リサイクル法に該当するものは、リサイクル費用および収集運搬費用が発生します。小型家電リサイクル法はパソコンやタブレットなどが対象で、PCリサイクルマークが表示されていない場合はリサイクル費用を準備しておきましょう。

2-4.データ消去をしてから処分すべきか?

小型家電リサイクル法の対象品目であるパソコンやタブレットは、ハードディスクのデータ消去が必要です。ほかの人から読み取られないよう、破壊してください。初期化ではなく、専門業者に依頼して物理破壊してもらうとより安心です。

3.不用品の処分方法

不用品をどのルートで処分すべきか、ごみのサイズや量に応じて変えているという方も多いです。

3-1.自分でやるならどんな方法がある?

処分と買取は、自分で持ち込んでやるという方もいます。

3-1-1.自治体に持ち込んで処分

自治体での処分ができるのは、きちんと仕分けと分別が完了していなければなりません。自治体は処分費用がとても安いため、ごみの量が少ない場合に選ばれやすい方法です。粗大ごみは自治体への事前申し込みが必要で、指定日時に出しましょう。直接持ち込みも可能です。費用が安いメリットはあるものの、重たいものは自力で持ち込むのが難しいデメリットがあります。

3-1-2.リサイクルショップへ売却する

使えるものは売りましょう。リサイクルショップに売れるのは、状態のいいものだけです。買取基準に達しない場合、値段が付きません。従って、持ち込んでも買取不可能と判断されたなら、意味がなくなってしまいます。事前に買取品目と買取基準などを確認し、無駄な手間がないように調べておくといいでしょう。

3-1-3.ネットオークションでも売れる?

ネットオークションを活用している人は多く、ブランド家電と呼ばれるものやデザイナーズ家具などは人気です。使用年数・型番・キズや汚れなどの状態をきちんと商品紹介に記載し、落札希望者にわかりやすく表示しなければなりません。値段設定は自由で、売りたい価格を決められるのはメリットです。しかし、買いたい人が現れない場合は、不用品の処分ができなくなってしまいます。

3-2.業者を利用した不用品の片付けとは?

業者は、2つの方法があります。不用品回収業者と引越し業者です。

3-2-1.不用品回収業者のニーズは高い

不用品回収業者を利用したことはありますか?分別が面倒な方、重たいものを運搬できない方は、利用すると便利です。不用品を仕分ける必要がなく、家財道具も回収まで設置しておけます。処分費用は少し上がるものの、労力がいらないのがメリットです。たくさんごみがある場合、トラック積み込み放題の定額料金プランもあるため、利用しやすい料金設定といえるでしょう。買取も行っており、処分費用の見積もりと同時に買取査定も受けることができます。

3-2-2.引越し業者に処分を頼む

引越しをきっかけに不用品の処分をするなら、引越し業者に頼む方法もあります。引越し日に回収してもらえるか、別の日に改めて回収されるのかは、引越し業者のスケジュールで決められることが多いです。引越し業者の料金設定は、不用品1点あたりいくらといったもので、まとめて処分した場合の割引などはありません。引越し料金とは別に、処分費用が負担に感じるでしょう。

3-3.不用品の片付けで注意したいことは?

どんな方法でも、メリットとデメリットが必ずあります。ご自身に合う方法を選び、気持ちよく処分できるようにしてください。特に、買取を利用する場合は、いくつかのショップや業者を見比べてから決めることが大切です。査定額に納得できないまま売らないようにしましょう。

4.不用品の片付けと買取について

なぜ不用品をリサイクルする必要があるのか、捨てるだけではいけないのか、さまざま疑問が浮かびますよね。リサイクルがもたらすメリットについて覚えておきましょう。

4-1.不用品の買取やリサイクルのメリット

不用品は、確かに自分にとってはごみ同然です。家に置いておくのは邪魔だと思うはずですし、すぐに捨てたいと考えることでしょう。ものを再利用することは、ごみを削減してCO2低減にも貢献し、環境に優しい方法です。何より処分費用をかけることなく、わずかでも収益を得られるメリットがあります。
買取を利用する人の多くは、ものの循環にかんする重要性と処分費用削減につながるメリットをよく理解しており、使えるものは売ろうと思うのです。

4-2.不用品回収業者の買取について理解しよう

不用品回収業者とリサイクルショップの買取がどう違うのか、あまり知られていないのが現状です。違いは、取扱品目の幅広さでしょう。

4-2-1.買取できるものと対象外のもの

不用品回収業者は、一定分野に特化して買い取りしているリサイクルショップより、買取対象品目が幅広いです。動作不良なし・製造から3年以内・キズや汚れがないものなら、リサイクルショップより高値で買い取りしてもらえる可能性が高いでしょう。家財道具は製造から5年以内が対象です。貴金属やアクセサリーなども扱えます。小型家電リサイクル法の対象となるパソコンやディスプレイなども、買取依頼をすることができて便利です。

対象外となるのは、状態が悪いものや動かないものなどが挙げられます。ディスプレイも液晶割れしているものは、買取対象外です。修理部品が廃盤となっている家電は、リセール後にすぐ修理が必要になる事態を避けるため、不用品回収業者でも買い取りできません。

4-2-2.不用品回収業者の査定について

不用品回収業者は、査定依頼を24時間受け付けています。ライフサポート東京本部なら、即日買取も実施中です。夜間でも出張買取しています。査定額は、状態によって値段が付かない場合があるため、無料査定を受けてみてはいかがでしょうか?
ライフサポート東京本部(査定申し込みフォーム)

4-3.不用品の片付けと買取における注意点

買取を依頼するときは、業者の買取強化品目に目を向けるようにしてください。買取強化品目に該当するなら、高額査定に結び付くことがあります。業者の実績が豊富であり、ものを評価する目をしっかり持っていることも大切です。

5.不用品片付け業者選び

無料で廃品回収するなどと強調する業者とのトラブルもあり、正しい不用品片付け業者を選ぶ消費者の目が問われています。失敗しない業者選びのコツを覚えておいてください。

5-1.不用品片付け業者によるプロの作業

どこよりも早く対応することを心がけ、依頼者のスケジュールに合う片付けができるのが、ライフサポート東京本部の特徴です。たくさんあった不用品の片付けも、迅速に処理できます。分別も手がけており、面倒な片付けをあっという間に終えることができるのです。なかなか片付けに時間を割けない方にも、都合を調整しやすいと選ばれています。

5-2.どういうポイントに重点を置いて業者を選ぶべきか?

不用品片付け業者は、作業の質と問い合わせ時の対応に着目することが大切です。いい加減な業者は、最初の連絡で適切な応対をしてもらえず、不安な部分を感じるでしょう。

注意したいのは、無許可営業の廃品回収です。法外な請求事例が相次ぎ、トラブルが増えています。必ず許可を受けた業者を選んでください。片付けや処分は「産業廃棄物処理業」であることを、リサイクルなど再販する目的で回収するなら「古物商」の許可を受けていることが前提です。

5-3.パソコンやタブレットはデータ消去を徹底する

自分の情報を誰かに悪用されるのは、大変恐怖に感じますよね。パソコンやタブレットといった、データを内部に保存しているものを処分する際は、データ消去を徹底してください。

初期化をして廃棄する方もいます。しかし、出荷前の状態に戻るだけで、個人情報を消去したことにはなりません。データを復旧して抜き取る犯罪に巻き込まれる可能性があります。

5-3-1.無料のデータ消去ソフトも人気がある

データ消去ソフトもたくさん出ており、上書きして読み取りできないようにできて便利です。

5-3-2.データ消去を業者に依頼する

不用品片付け業者の中には、ハードディスクを内蔵した機器を回収時に、データ消去をしてくれる場合があります。業者によるデータ消去は、ハードディスクをドリルで破壊する手法です。確実に読み取りできなくなり、情報漏洩(ろうえい)することなく安全に処分できます。

5-4.不用品片付け業者に頼むときのコツとは?

不用品片付け業者に頼むときは、自分のスケジュールに合う回収ができるかを確認しましょう。急ぎの場合でも大丈夫か、夜間でも対応してもらえるかなど、気になるポイントは最初に必ず確認してください。

5-5.不用品片付け業者の回収方法

ライフサポート東京本部では、出張回収を実施しています。一人暮らしで男性スタッフでは心配という女性のお宅なら、女性スタッフが訪問していますから安心です。引越しで出たたくさんの不用品もすぐに処分できます。

分別や家財道具の移動は一切必要ありません。回収日時までそのまま設置しておいて大丈夫です。
ライフサポート東京本部(不用品回収・処分)

5-6.不用品回収・片付けにかんする料金設定

ライフサポート東京本部の不用品回収では、わかりやすい料金設定をしています。利用しやすい定額パックもあり、大量のごみを処分する場合にも便利です。相場より安い回収費用を目標にしています。

  • ワンルームサイズの不用品回収 10,500円
  • 軽トラックサイズの不用品回収 18,000円(2立方メーター)
  • 2トントラックサイズの不用品回収 38,000円(4立方メーター)

不用品回収・片付けにかんする料金は、出張地域によっても変動します。見積もりを利用してみてください。

5-7.不用品片付け業者選びにかんする注意点

無料の不用品回収、無料の廃品回収と強調する業者には要注意です。突然訪問し、不用品の引き取りを要求する事例もあり、トラブルが増加しています。許可を持っていない業者に多く、押し買いのようなやり方をする業者は危険だと思ってください。

不用品回収・片付け業者選びは、口コミや評価を見てから決めることが大切です。利用者の声を覗(のぞ)いてみましょう。
ライフサポート東京本部(お客様の声)

6.不用品の片付けや処分についてよくある質問

肉体的負担が心配がつきまとう不用品の片付けでは、自分だけでは処分ができない場合もありますよね。心配なことは、よくある質問を見て解決してください。

Q.不用品片付け業者では1点だけの対応もしてくれる?
1点だけの回収も請け負っています。1点だけの場合、出張料として基本料金3,150円が必要で、品目ごとに回収料金の設定があり、料金表を参考にしてください。

ライフサポート東京本部(料金表)

Q.自治体の粗大ごみを利用するときの料金支払いは?
事前に、粗大ごみ処理券の購入が必要です。粗大ごみの処分費用は、各自治体のホームページで確認し、見合う金額の粗大ごみ処理券を購入します。お住まいの地域のものを購入してください。市区町村役場・コンビニエンスストア・スーパーなどで販売しています。回収当日に、粗大ごみに貼り付けて出しましょう。

Q.なぜ安い費用で不用品回収ができる?
ライフサポート東京本部では、自社でリサイクルショップを運営しています。中古でも家財道具や家電を探すニーズがあり、再販で収益を得られるシステムが構築されているため、回収費用を安くして還元することができるのです。他社より自信を持った料金プランを用意しています。

Q.悪質な業者にだまされた場合はどうすべきか?
無料の廃品回収や不用品回収を名乗る業者に引っかかり、「高い回収費用を取られた」「勝手に不用品を持ち去られた」といったトラブルが多いです。万が一、悪質業者にだまされた場合は、国民生活センターに相談してみましょう。
国民生活センター(相談窓口)

Q.不用品片付け業者にはエアコンの取り外しも依頼できる?
エアコンを処分する際は、取り外しを自分でやらなくてはならないのか、不安に感じますよね。不用品片付け業者なら、取り外しから引き受けており、片付けが楽にできて便利です。

7.まとめ

いかがでしたか?引越しなど、自分では手に負えない量のごみに戸惑うことがあると思います。自治体の粗大ごみを利用できるものの、運搬や仕分けなどが面倒です。不用品片付け業者なら素早く簡単に処分ができます。価値あるものや使えるものは買取も実施しており、リサイクルすることも考えておきましょう。処分費用を軽減できる、大変便利な方法です。不用品を気持ちよく片付け終えて、家をすっきりときれいにしてみてください。


不用品・粗大ごみをどこよりも格安回収 無料見積り・相談は今すぐこちらから