タブレットの処分方法は4つのポイントを押さえれば難しくない!

タブレットを使用しているのは若者やビジネスマンに限りません。
スマホより大きな画面で文字を読むことができる観点から、お年を召した方でも簡単に情報を取得できるデバイスとされています。新しい製品が続々と登場し、これからタブレット業界はますます発展していくでしょう。
ですが、そうすると当然ながら古いタブレットは処分しなくてはいけません。
タブレットの操作や機能について詳しくても、「どう捨てるの?」と聞かれると言葉に詰まってしまいませんか?
そこで、今回はタブレットの処分方法についてまとめてみました。

  1. タブレットとは何か?
  2. タブレットの処分「その一“まずすること”」
  3. タブレットの処分「その二“処分方法”」
  4. タブレットの処分「その三“リサイクルする方法”」
  5. タブレットの処分「その四“業者の選び方”」
  6. タブレットの処分にかんするよくある質問
  7. まとめ

記事を最後まで読むことで、タブレットの処分方法から自分に最適なものを選択できるようになります。順を追って見ていきましょう。

1.タブレットとは何か?

処分方法を語る前に、まずはタブレットの基本情報です。すでにご存じの方も再確認する意味で、ぜひ一度目を通してみてください。

1-1.どんなものか

タブレットを簡単に説明すると、データを作る・管理するという機能を最小限にとどめ、閲覧することに重きを置いた携帯端末となります。スマホより画面が大きく、ノートパソコンより画面は小さいのが特徴です。とはいえ、インターネットへのアクセスはもちろん、パソコンの機能を受け継ぎつつタッチパネルで直感的に操作できる利便性を併せ持ちます。
用途も幅広いです。
プライベートでは映画・電子書籍・アプリなどを楽しめ、ビジネスでも会議・プレゼン・資料作成などの際にスマートなやり取りを実現しています。居酒屋などの飲食店で、注文を取る際に使われているのを見た方も多いのではないでしょうか。

1-2.種類

1-2-1.画面

  • 7インチ
  • 8インチ
  • 10インチ
  • 11インチ~

タブレットの画面は主に上記のサイズとなります。最近はスマホが大型化してきているので7インチですと優位性をほぼ感じません。10インチになると週刊誌より一回り小さいぐらいとなり、電子書籍も快適に楽しむことができます。

1-2-2.OS

  • Android(Googleが開発し、Sonyや富士通などが本体を製造)
  • Windows(Microsoft社が開発し、他社が本体を製造)
  • iOS(すべてApple社製)

比較的新しいのはWindowsとなります。とはいえ、名称からもわかるとおり、パソコンのWindowsと操作方法が相違ないことから初心者でも簡単に扱うことが可能です。ExcelやWordといったパソコンとしての機能をタブレットに求めるなら、Windowsに軍配が上がります。

1-3.スマホやノートパソコンとの違い

タブレットはスマホやパソコンと機能が重複している面もあります。下記に代表的な例を列挙していきますので、ぜひ違いを意識してみましょう。

【スマホとの違い】

  • 電話ができない
  • 自由な向きから閲覧できる
  • バッグに入れて持ち運ぶ必要がある
  • 画面が大きいので文章の作成・修正に長(た)けている

【ノートパソコンとの違い】

  • スリムで携帯性に優れている
  • スマホと同じアプリを使える
  • 浴室でも使用できるタイプがある
  • パソコンに比べると処理能力に劣り、文字入力もやりづらい

1-4.最近の普及率

タブレットは男性を中心に普及し、販売当初から順調に売り上げを伸ばしてきました。
現在は15才~69才の統計で5人に2人が所持していると言われています。
ただ、タブレットは機能的にスマホとパソコンの中間に位置し、実状は「あると便利だけどなくても問題ない」という声も多いです。そのため、低年収の方は所持せず、高年収の方が多く保有している傾向にあります。
とはいえ、少子高齢化に伴い、スマホよりも大きな画面で情報を取得できるタブレットに関心が集まっているのも事実です。

不用品・粗大ごみをどこよりも格安回収 無料見積り・相談は今すぐこちらから