【必読】廃品回収車は危ない!粗大ごみ回収は信頼できる不用品回収へ


粗大ごみの回収やごみ屋敷の整理で便利なのが、不用品回収業者のサービス。自宅まで見積もりに来てもらえ、多品目の回収を請け負う便利さがポイントです。
不用品回収業者は需要が高まるに従って、業者数も年々増えてきています。ところが、近年問題となっているのは、廃品回収業車による被害です。地域で廃品回収車を見かけませんか?
「廃品回収車はトラブルが多いらしい」「粗大ごみをどこで処分すべきか?」という不用品の処分については、いろいろな心配事がありますよね。ごみの種類には、粗大ごみ・家具・古紙などがあり、分別も必要になってくるでしょう。
今回は、不用品回収にまつわるトラブルや正しい業者の選び方についてご紹介します。

  1. 廃品回収車とは?
  2. 廃品回収車のトラブルについて
  3. 不用品処分の注意点
  4. 不用品回収のさまざまな方法
  5. 不用品・廃品回収業者選びのコツ
  6. 不用品回収や廃品回収車でよくある質問
  7. まとめ

廃品回収車を見かけるけれど、利用しても大丈夫なのかなど、素朴な疑問にもお応えします。この記事を読むことで、不用品の処分方法や注意すべきことなども覚えることができるでしょう。粗大ごみの回収やごみ屋敷の掃除を考えている方は、ぜひご一読ください。

1.廃品回収車とは?

そもそも廃品回収車とはどんなものなのか、その実態を知る人は少ないことでしょう。うるさいほどのアナウンスで、騒音による警察騒動に発展する事例もあります。

1-1.廃品回収車ってどんなもの?

「無料でどんなものでも回収します」「壊れていてもかまいません」などの魅力的とも思える、謳(うた)い文句を聞いたことはありませんか?廃品回収車は街中を巡回し、不用品や粗大ごみを回収する車です。トラック1台で、積めるだけ積み込むといったスタイルを取っている業者のことを指します。

1-2.廃品回収車の目的とは?

廃品回収車の目的は、無料としながら高額な処分費用を請求することです。トラックにかかる燃料代や人件費を考えても、無料というのはおかしな話だと思いませんか?
中には、巡回に留(とど)まらず、押し買いのように訪問することもあります。高額な処分費用で儲(もう)け、回収後のリサイクルはいい加減という場合がほとんどです。

1-3.廃品回収車をする業者の実態

すべての廃品回収車が悪質と言い切ることはできません。しかし、トラブルが急増していることも事実です。なぜなら、事業所をかまえず、携帯電話だけで営業している、正体不明な業者であることが挙げられます。
企業として経営しているからには、ごみの回収とリサイクルに関する許可も必要です。廃品回収車の場合、無許可営業しているもぐりの業者が多いでしょう。

1-4.なぜ廃品回収車は増えているのか?

家電リサイクル法や資源有効利用促進法の施行により、テレビ・冷蔵庫・洗濯機・エアコン・ PC・タブレットなどが、気軽に粗大ごみとして出すことができなくなりました。ゆえに、自治体の粗大ごみを利用できないのです。捨てにくいごみがあり、自分ではどうにもならず、不用品回収サービスを利用する人が増えています。
そうした弱みにつけ込み、「ごみを無料で回収しますよ」という甘い言葉で、回収のチャンスを狙う悪質な業者です。

2.廃品回収車のトラブルについて

ごみの排出者が警戒心を持たず、安易に無料という言葉に飛びつき、思わぬトラブルを招いているのでしょう。自分が出すごみは、リサイクルされるまで自己責任です。きちんと仕組みを理解しているなら、トラブルに巻き込まれることはありません。廃品回収車に多いトラブルをご紹介します。

2-1.多発する廃品回収車にまつわるトラブル

廃品回収車にかんするトラブルは、独立行政法人 国民生活センターにも多く報告されています。相談数は増加の一途(いっと)をたどっているのです。高齢者の一人暮らし、大型家具の移動ができない女性などを狙い、常に巡回しながらカモを見つけています。家電リサイクル法と資源有効利用促進法で捨てにくくなったごみの処理が簡単にできるから、たまたま回ってきた廃品回収車に頼んでしまおうと思うことが危険です。警戒心を抱かないことが、トラブルを増やす原因となっています。

2-2.実際に起こった廃品回収車のトラブル事例

廃品回収車トラブルは、決して自分には関係ないと思わないでください。いつどこで起きてもおかしくないからです。巡回している廃品回収車が増えるにつれ、当然トラブルも増えています。
悪質な業者に引っかかり、見積金額以上のお金を請求された。意味の分からないトラック積み込み費用が発生した。トラブル事例は、独立行政法人 国民生活センターのトラブル事例を参考にしてください。
独立行政法人 国民生活センター

2-3.なぜ廃品回収車のトラブルが多いのか?

粗大ごみを家に長く保管するのは、誰でも圧迫感を抱きますよね。すぐに処分したいと考えていたところに、無料で回収してくれるアナウンスがあったら、思わず反応してしまうでしょう。
実はリサイクルやものの循環を推奨する政府の指針を知らない人もいて、正しいルートでの処分がいかに重要かを熟知していないために、思わぬトラブルが起こります。

2-4.廃品回収者を運営する悪質業者

無許可営業をしている業者のほとんどは、悪質であると捉(とら)えてください。回収したごみをリサイクルすることなく、山林・湖・海などに不法投棄します。不法投棄は犯罪です。もし、家具や家電製品に製造番号が残っており、所有者を特定した場合、持ち主に責任が問われます。ごみを回収してもらっただけなのに、犯罪に加担しているとされるのは心外ですよね。

2-5.廃品回収車にまつわるトラブル対応策

廃品回収車の中には、とてもしつこく不用品の回収を要求する業者もいます。押し買い・居座り行為が代表的な例です。「不用品を何でもいいから出してほしい」と、不用品とお金を出すまで帰ってくれないといった相談も数多くあります。悪質業者にはかかわらないのが一番でしょう。
無許可営業の業者は、必ずといっていいほどトラブルになります。無料という言葉に釣られないよう、警戒心を持ってください。

2-6.もしも廃品回収車トラブルに巻き込まれたら?

廃品回収車で高額請求や居座りなどの被害を受けた場合、独立行政法人 国民生活センターへ相談してみてください。たくさんの被害事例を把握しており、対策などを教えてもらえます。
回収するまで居座る行為は、不退去罪にあたりますから、警察へ通報するのもいいでしょう。
独立行政法人 国民生活センター

3.不用品処分の注意点

断捨離・ごみ屋敷の片付け・遺品整理など、不用品をたくさん処分するシーンがありますよね。不用品処分においては、仕分けが必要です。何とかなると思っている方もいるでしょう。しかし、意外と大変なことなのです。

3-1.不用品処分における仕分け・作業の大変さ

近年話題になっているごみ屋敷の片付けは、膨大なごみの量に素人ではとても太刀打ちできません。仕分けそのものが難しく、何から手を付けるべきかも分からないでしょう。
遺品整理では、遠方に親族が住んでいる場合、時間の制約があって作業が進まないといった悩みが出てきます。生活用品・家電製品・服を仕分け、残されたものの中から貴重品や金品を探すのは、とても難しいです。
作業の大変さや仕分けは、簡単な気持ちでは終えることができないでしょう。

3-2.自治体によって異なる分別に戸惑う

遺品整理をする家と、遺族が住んでいる地域が違う場合、自治体のルールが分からないことがあります。誤った分別で回収されない、分別のルールが理解できないという戸惑いを覚えるでしょう。
自治体ごとに分別ルールを定め、燃えないごみか粗大ごみかの基準もまったく違います。分別については年々厳しくなってきており、不用品処分における壁になっているといえるでしょう。

3-3.不用品回収で有料処分になり得るもの

粗大ごみや燃えないごみなら、自治体のルールに添って費用負担も少なくて済みます。しかし、注意してもらいたいのは、家電リサイクル法と資源有効利用促進法に該当する製品についてです。テレビ・冷蔵庫・洗濯機・エアコンは家電リサイクル法に従って、リサイクル料金と収集運搬費用が発生します。PC・タブレットなどは資源有効利用促進法に該当し、メーカーによる回収が義務です。PCリサイクルマーク表示があるなら無償回収で、ないものは有償での引き取りとなります。

4.不用品回収のさまざまな方法

不用品の処分は、いくつかの方法があります。しかし、どの方法にもメリットとデメリットがあり、把握してから選ぶことが大切です。

4-1.自分で不用品を処分するなら?

自力で処分する方もいます。人手があり、輸送手段を用意できるなら可能です。

4-1-1.自治体に回収してもらう

仕分けがきちんとでき、自治体のルールに合う方法で処分できるなら、費用負担はとても軽いです。燃えないごみなら、ごみ袋代金だけで済みます。粗大ごみの規定は自治体ごとに違うため、サイズ制限は確認してください。粗大ごみは通常のごみ集積所ではなく、マンションならエントランス付近へ、戸建て住宅なら玄関付近へ出しましょう。事前申込制となっており、自治体が指定した日まで出すことができません。処分に時間がかかるため、急いで処分したい方にはもどかしい方法です。

4-1-2.リサイクルショップに売る

ものの循環を推奨する動きがあり、使えるものはどんどんリサイクルしていきましょう。自分で持ち込みが可能なら、リサイクルショップに不用品の買取依頼をしてみてください。リサイクル料金がかかる家電製品も、良好な状態なら値段が付きます。思いがけないお小遣いになって、処分代金が浮くのがメリットです。
ただし、リサイクルショップの買取基準は厳しく、需要がないものは査定ではじかれてしまいます。ショップごとに特色もあり、買取強化品目以外は査定額が低くなる傾向もあるでしょう。事前に下調べをしておくようにしてください。

4-2.不用品回収業者に頼むと簡単に処分できる

不用品回収業者は、廃品回収車とはまったく違います。不用品の回収と買取も手がけ、見積もりで値段が付くものと処分対象になるものの見極めも確かです。仕分けの必要もなく、ベッド・タンス・ソファーなどの大型家具も設置したままで、不用品回収業者が搬出してくれます。
不用品回収業者では遺品整理も請け負っており、遺族の手助けとなるでしょう。遺品整理士の有資格者による遺品整理は、誤って貴重品を捨ててしまうといった間違いが起こらず、確かな目で遺品整理をしてもらえます。不用品回収業者のサービスは幅広く、さまざまなニーズに応えてくれるのがメリットです。

4-3.不用品を処分するときの注意点

不用品をすぐに処分したい気持ちは、とてもよく理解できます。しかし、処分費用や買取価格は必ず比較してください。リサイクルショップと不用品回収業者の査定額を比べ、運搬など肉体的負担も考慮して考えることが大切です。

5.不用品・廃品回収業者選びのコツ

悪質な廃品回収車について、トラブル事例なども交えてご紹介しました。不用品回収業者と混同してしまう方もいるでしょう。似ているようでまったく別です。きちんとした不用品回収業者を選ぶポイントをご紹介します。

5-1.不用品回収業者はプロの技ですごい

不用品回収業者は、迅速な処分と適切なリサイクルをモットーにしています。ライフサポート東京本部では、即日回収も可能です。夜間の不用品回収も手がけています。まさに、プロの技であっという間に処分ができ、大変便利なサービスです。
素人では難しい分別も必要なく、スムーズな処分ができます。買取実績も豊富で、査定についてもしっかり見極めて値段を付けるのです。

5-2.良質な不用品回収業者を選ぶには?

不用品回収業者はたくさんあり、どこを選べばいいのか、基準が分からないのではないでしょうか?ポイントは、きちんと許可を受けた業者であることです。買取資格となる「古物商」と、ごみの回収をする「産業廃棄物収集運搬業」を確認してください。許可を得て、事業所をかまえている業者を選びましょう。

5-3.不用品回収業者に回収依頼するときのコツは?

まず、回収してもらいたいものを伝え、回収希望日時に対応できるかを確認しましょう。買取を希望する方も、事前に申し出ておくとスムーズです。少なくとも、3社の見積もりを比べるのもポイントになります。処分費用や買取については、業者によってさまざまです。納得できる業者を選んでください。

5-4.不用品回収業者による回収の流れ

不用品の回収が完了するまでの流れを覚えておきましょう。

  • 無料見積もりを比べる(インターネットで評価を見ることも大切です)
  • 納得できる業者に依頼
  • 回収日時を伝える
  • 不用品回収業者と契約(書面で交わすことが大切です)
  • 自宅まで引き取り
  • 回収終了後に料金を支払う
  • 作業完了 

ライフサポート東京本部では、現金支払いが原則です。銀行振り込みとクレジットカード払いにも対応しております。事前にご相談ください。
ライフサポート東京本部(申し込みの流れ)

5-5.不用品回収にかかる料金はいくら?

ライフサポート東京本部では、分かりやすい料金プランを用意しています。

  • ワンルームに収まるごみの処分 10,500円(出張料無料)
  • 軽トラック積み込みプラン 18,000円~
  • 2トントラック積み込みプラン 38,000円~

品目別の回収料金については、料金表を参考にしてください。
ライフサポート東京本部(料金プラン) 

6.不用品回収や廃品回収車でよくある質問

廃品回収車のトラブルが増え、不用品回収業者は安全だろうかなど、心配することもあるでしょう。信頼できる業者を探すためにも、質問集を参考にしてください。

6-1.不用品回収業者のクチコミは大切?

インターネットには、利用者の声や業者の評判が書かれています。業者の対応や作業内容について、選ぶ参考になるでしょう。必ず目をとおすようにしてください。

6-2.見積もりを出してもらうときの注意点は?

見積もりは口頭で伝えてもらうだけでは、行き違いが起こることがあります。書面にしてもらい、ほかの業者と比較する材料にしてください。契約書を交わす際も、書面で残るようにすると安心です。

6-3.PCを廃棄する前にやることは?

PCやタブレットには、個人情報が記録されています。データ消去をしてから処分しましょう。理想的なのは、専門業者による物理破壊です。不用品回収業者では物理破壊も手がけており、処分とデータ消去が同時にできます。

6-4.領収書を発行できないといわれた

廃品回収車に多い事例です。事業所がないから発行できないのでしょう。業者選びの際は、事前に領収証の発行が可能かも確認してください。できないといわれたら、悪質な業者です。

6-5.不用品回収業者は土日や祝日も対応できる?

忙しい方は時間の制約があります。土日と祝日に回収してほしいというニーズは高いです。不用品回収業者も希望に添う体制を整えており、申し込みはインターネットで24時間365日受け付けています。フレキシブルな対応をしてくれるのが、不用品回収業者のメリットです。

7.まとめ

いかがでしたか?廃品回収車の「壊れていてもかまいません」「無料で回収します」という言葉は、一見すると魅力的に響いてきますよね。しかし、甘い言葉には裏があり、実際にトラブルも増加傾向です。無料のはずが法外な料金請求を受けた、居座り行為で高圧的な態度になって回収を迫られたなど、悪質な業者は増えています。警戒心を持ち、きちんと許可を得ている業者を選んでください。廃品回収車や悪質業者によるごみ回収トラブルに巻き込まれないよう、正しい知識は身に付けておきましょう。