物があふれるお部屋とサヨナラ! 物を減らしたい人が実践するべきこと

たくさんの物に囲まれて生活している人、とても多いのではないでしょうか。生活しているのだから物が増えてしまうのは仕方がないと思うかもしれませんが、同じように生活をしていても、物が少ないお部屋に住んでいる人もいるはずです。

そういう人とどこが違うのか、考えたことはありますか?生活スタイルによって必要なものは違います。しかし、本当に家にあるもの全て生活に必要不可欠な物なのでしょうか?使っていないまま、ただ置いてあるだけの物はありませんか?

物を減らしたいと思っている人のために、今回は物を減らすメリット、物を減らすコツ、手放す方法や物を増やさない心がけなどをご紹介します。

1.物を減らすメリット

1-1.何がどこにあるかわかるようになる

たくさん物があふれていると、何がどこにあるのかわからなくなります。自分でどこに何があるかわかる!と言い張る人もいますが、実際に細かな場所の位置までは把握できていないはずです。だいたいこの辺りにあるはず…と探しながら物を見つけている人がほとんどではないでしょうか。探していても見つからないからまた買おう、と思って買ったら見つかった、なんてよくあることですよね。

物を減らせば、何がどこにあるのかすぐにわかるようになります。その分物を探す手間がかかりませんので、時間短縮にもなるでしょう。

1-2.部屋がスッキリして居心地がいい

物が減れば、部屋がスッキリしますよね。たくさんの物に囲まれて生活するのに慣れている人でも、物が減って部屋がスッキリすると、気分も晴れやかになります。一度その爽快感を味わってしまうと、たくさんの物に囲まれている生活はイヤになる人も多いです。

やっぱり部屋はスッキリしていたほうが居心地はいいでしょう。リラックスするためにある自分の家、部屋なのですから、不要な物は減らしてスッキリとした爽快感を手に入れたいですね。

1-3.掃除が楽

物がいっぱいあると、一番不便を感じるのは掃除をするときです。掃除をするたびに置いてある物を別の場所に移動させなくてはいけないので、時間がかかります。また、床まで物が置かれていると、スムーズに掃除機をかけることすらできません。

たくさん物がある部屋に住んでいる人は、掃除が手間になってくるので自然と掃除をするのがイヤになって、結局ホコリも汚れも溜まった部屋に住むことになります。

2.物を減らすコツ

2-1.使うもの、使わないものをはっきりさせる

物を減らしたいと思ったときにおこなうべきことはたくさんあります。第一段階としては、今部屋にあふれている物の中から、使うものと使わないものをはっきりさせることです。今まで物に囲まれた生活をしていると、部屋の物を減らすのはもったいない、なんて思うかもしれませんが、使わないものを置いておくのは邪魔なだけではないでしょうか。使うものは取っておく意味がありますが、使わないものは不要品でしかないので、思い切って捨てる決意をしましょう。

2-2.仕分けをするポイント

物を減らす方法の第一ステップは仕分けをすることです。使うものと使わないものを分けて、使わないものは処分してしまえばいい、と考え方としてはわかっていても、なかなか行動に移せないという人は多いでしょう。不要な物を捨てる勇気がある人であれば、もうすでにスッキリとした部屋が手に入れられているはずです。なかなか捨てられないからこそ、物がたくさんあふれている部屋になっているのでしょう。

仕分け方としては、まず手に取ってみて、必要性があるか、ないかを考えてみてください。しばらく使っていない物は、これからも使う機会はないと思いますので、迷わず捨てます。そして、そこで終わりではなく、必要性があると感じたものの中でも、好きか嫌いかを考えてみてください。見た瞬間の直感で決めることをオススメします。そこで好きと感じたものはまず残し、嫌いと感じたものは捨ててしまってもいいでしょう。

もしも直感で決められないのであれば、使うものと使わないものとの間に、保留したいものというジャンルをもうけてください。迷ったものは迷わずそこに分類して、後でじっくりと考えるようにしましょう。その方が作業もスムーズに進みます。仕分けには勢いが大事なのでその勢いを失うことのないよう、まずは手早く仕分ける、それが大切です。

3.必要のないものを手放す方法

3-1.捨てるのではなく、売る

自分にとっては必要のないものでも、他の人にとっては必要なものもあります。そのため、捨てる前に売れそうなものは買取業者に依頼をして、査定してもらってはどうでしょうか。少しでもお金になると嬉しいですよね。またお金にはならなかったとしても、引き取りだけは無料でしてくれるという業者も中にはあります。処分費がかかるはずだったものを引き取ってもらえれば、それだけでお得です。

そのままゴミとして捨てるとなると、もったいないと思ってしまいます。しかし、買取してもらって次に使う人がいる、と考えたら気分が楽になるでしょう。捨てることに抵抗があって物が増えてしまった人には効果的だと思います。

3-2.自分でルールを決める

必要かどうか見極められないという場合は、1週間ほど物がたくさんある状態で生活をしてみましょう。その中で、1週間で使ったものと使わなかったものとを分かるように分けてください。使わなかったものは、日常生活で必要のないものに分類されます。

それを目安にすると自分でルールを決め、処分するべき物はどれかを判断するといいでしょう。

4.物を増やさないための心がけとは

4-1.物を求めすぎない

物を増やしてしまう人というのは、自然と物を求めすぎています。たくさんあればあるだけ落ち着く…そういう考え方をしているのでしょう。物を求めすぎていると、1つだけでは足りずに2つ3つと買ってしまいたくなるものですが、それを一旦やめてみてください。

欲しいと思ったものでも、一度その場を離れて考えるようにしてはどうでしょうか。それだけで欲しい気持ちはおさえられると思います。

4-2.本当に必要かを見極める

生活の中で今までは必要だと思っていたもの、一度考え直してみると、実はなくても何とかなるものって意外とたくさんあります。本当に必要かどうか、生活の中で考えてみてください。

衣類や靴、バッグなどから始まり、生活の中であると便利なグッズなども、本当は必要ないものと思えるでしょう。

4-3.物の位置が把握できるようにする

物を増やしてしまう原因の中に、何がどこにあるかわからない、という問題があります。もうないから買ってこなくちゃいけないと思ったものが、買ってきてから実はまだあった、というのも、どこに何があるか把握できていないから起こることです。

きちんと自分の家にあるもの全てを把握できるようにしましょう。

まとめ

いかがでしょうか?

  • 物を減らすメリット
  • 物を減らすコツ
  • 必要のないものを手放す方法
  • 物の位置が把握できるようにする

知らない間に物で溢れかえるお部屋…物がきちんと収納されてスッキリしているお部屋を理想としていても、なかなかそう上手くはいきません。でも、考え方1つ変えるだけで、スッキリとしたお部屋が手に入ります。まずは部屋の物を減らし、そして買う物を減らす、その2ステップです。

今まで必要だと思っていた物が、実はそれほど必要ではなく、なくても何とかなる物だと気付けるようになると思います。

今まで溜めてきた物を減らすのは大変ですが、思い切って行動にうつしましょう。