不要な時計を処分しよう! 上手な時計買取の依頼方法とは?

スマホなど時間を正確に知ることのできるツールが溢れ、時計は日常的に不必要なものになりつつある現在、腕時計は日用品というよりも、装飾品や貴金属に近い性質を高めています。

時を知らせるという機能においては、存在価値を失いつつある時計ですが、貴金属として今でも高い人気を持つのがブランド時計です。

中古時計は市場でもブランド時計は非常に需要のあるものであり、不要な時計の多くは売ることができると考えて良いでしょう。

不要になった時計を処分したいという場合には、慎重に依頼先を選ぶことが大切です。

不要な時計を処分したい人のために、腕時計の買取ポイントや売却方法などについて詳しくご紹介します。

目次

  1. 時計は貴金属?
  2. 大切な時計を上手に売る方法
  3. 買取依頼の注意点とは?
  4. まとめ

1.時計は貴金属?

1-1.時計はアクセサリー

時計は時間を知るために必要な道具なのですが、現在ではアクセサリーとしての側面の強い日常品といえるでしょう。

携帯電話やスマホなど正確に時を刻むツールなどの登場から、時計の機能的意味は失われつつあります。

現在では、腕時計は時を知る機能よりも、アクセサリー感覚で利用しているというのが実情であるといえるでしょう。

時計はアクセサリーとしての側面を強くしていることから、高級なものが販売の中心となっている傾向にあります。

高級時計やブランド時計の需要は比較的に安定しており、中古市場でも一定の需要があるのです。

不要な腕時計があるという場合には、売却を検討してみましょう。

1-2.不要な時計は早めに売ってしまおう!

時計は、日差がなく動いているものであれば、ほとんどが売ることができます。

逆に言えば動かない時計は、買取が難しいケースもあるので“動く時計”が買取の目安といえるでしょう。

機械である時計は、経年劣化によって動かなくなってしまうものなので、“不要な時計はできるだけ早く売る”ということが必要なのです。

1-3.ブランド時計を売却するための心得

腕時計の中でも“ブランド時計”は需要があります。

ブランド時計を売却する上で、大切な心得についてご紹介しましょう。

多少の傷があっても大丈夫

ブランド時計は、傷があっても一定の需要があることから、多少の傷は許容範囲といえるでしょう。

例えば“ベルトの劣化”“ガラス面の傷”などがあっても買取は可能です。

通常の使用で付いてしまうような傷や劣化に関しては、あまり気にする必要はありません。

機能的に問題のある状態は買取不可

時計として機能しないような状態の腕時計は、ブランド時計であっても買取できないケースがほとんどです。

機能的に問題のある状態は“ガラス割れ”“ベルト切れ”“リューズの脱落”などがあります。

ブランド時計は貴金属と同じように扱われるといっても、“機械”なので使用する上で最低限の機能は維持している必要があることを覚えておきましょう。

不用品・粗大ごみをどこよりも格安回収 無料見積り・相談は今すぐこちらから