引越しごみの処分は面倒!知っておくべき片付けのコツやリサイクル

引越しは、家のごみを一掃するいい機会ですよね。荷物を梱包(こんぽう)しながらものの分別をし、普段使わないものを思いきって処分することができるでしょう。
しかし、大量に出たごみの処分は頭が痛い問題。ごみの量が多すぎてどうにもならない・大型ごみの処分に困っている・家電製品の取り扱い方がわからないなど。引越しにまつわるごみに戸惑う気持ち、とてもよくわかります。
今回は、悩ましい引越しのごみについてです。

  1. 引越し時に出るごみとは?
  2. 自治体で引越しごみを処分する方法
  3. 引越し業者によるごみの回収
  4. 引越しごみの中で注意すべき家電製品5つ
  5. リサイクルショップを利用して引越しごみを処分する方法
  6. 不用品業者にごみ処分を依頼する場合
  7. 引越しごみでよくある質問
  8. まとめ

この記事を読むことで、引越し後までごみ問題を引きずることなく、すっきり新生活をスタートできますよ。

1. 引越し時に出るごみとは?

引越しは、無駄なものを思いきって捨てる断捨離に適しています。ただ、人々を悩ます問題は、ごみの分別。ごみの量が多く、普段から捨てる・整理整頓する習慣を持っていない人ほど、引越し時のごみの分別が複雑になりやすいのです。引越しの際に出るごみの種類をご紹介します。

1-1.可燃ごみ

不用になった書類・衣類・賞味期限きれの食品など、可燃ごみは思わぬ量に膨れ上がります。普段からこまめにごみの日に出しているなら、溜(た)め込まずに済むでしょう。しかし、もったいないという気持ちがある人は、ついつい捨てられなくて無駄なものまで取っておくことが多いはずです。

1-2.不用な家電製品

使えなくなった家電製品や動作不良の家電製品は、思いきって処分するべきです。製造年数が浅い製品なら、買い取りの可能性も高くなるでしょう。引越し先で最低限使うものだけを厳選し、ほかは処分するように心がけてください。

1-3.大型家具

ベッド・ソファ・食器棚など、新居にサイズが合わないものは、処分対象となります。サイズが適合しないものを新居に持ち込んでも、動線を遮る原因にもつながるのです。新居の間取りをよく見据え、新しいものに買い替えるなど、検討するいい機会になるでしょう。

1-4.その他

読み終えた書籍・使わなくなったバッグなどを溜(た)め込んでいませんか?バッグは使用頻度で決め、使わないものは売却する方法も考えてみましょう。収納スペースを有効活用するためにも、踏ん切りをつけて処分してみてください。

2.自治体で引越しごみを処分する方法

自治体のルールでは、捨てられるものとそうではないものがあります。引越し時にはさまざまな種類のごみが出るため、すべてを自治体で処分するのは難しい事例もあるでしょう。

2-1.可燃ごみの捨て方

自治体のルールに添う捨て方は、可燃ごみの指定日に可燃ごみの袋に入れて出す方法です。可燃ごみの袋に入るだけと限定され、袋が閉まらない場合は引き取ってもらえないことがあります。1度にたくさん出すことができないため、大量に出す場合は少しずつわけて出してください。

2-2.家電製品の捨て方

家電製品は、捨てられるものとリサイクルすべきものがあります。

2-2-1.リサイクルすべきものと引き取り方法

家電リサイクル法という法律があり、テレビ(薄型・ブラウン管)・冷蔵庫・洗濯機・エアコンの4品目はリサイクルしなくてならないのです。この4品目には有益な資源が含まれており、メーカーが責任を持って回収してリサイクルし、資源を無駄にせず活用すべきとされているため。引き取り方法は、販売店またはメーカーで対応しています。

2-2-2.家電製品を処分するメリット・デメリット

古い家電製品は、省エネ設計ではないものが多いので、買い替えて新しいものにした方が光熱費節約につながるでしょう。デメリットとして挙げられるのは、簡単に処分できないこと。家電リサイクル法適用品目の場合、必ずリサイクルへ回さなければならないのです。

2-3.大型家具の捨て方

大型家具の処分は、家電製品の次に面倒なもの。中には運搬時に解体を必要とするケースもあります。大型家具は粗大ごみとして自治体で扱われますが、大きさの上限が定められているため、分解して小さくしなければなりません。粗大ごみは事前申込制です。品目に合う粗大ごみ処理券を購入し、決められて日時に出してください。粗大ごみ手数料は自治体ごとに異なります。
自治体で粗大ごみとして出す場合、自分で運搬しなければなりません。大型家具の運搬は人手が必要ですので、無理なら違う方法を考えるようにしてください。分解後に自分で運搬できるなら、自治体の処分場に自分で持ち込む方法もおすすめです。粗大ごみ処分手数料も抑えられます。

2-4.資源ごみの捨て方

書籍や雑誌は、資源ごみとして出すことが理想です。自治体で回収してもらうためには、書籍と雑誌をひもでしっかり固定し、ごみ集積所に出してください。自治体ごとに資源ごみの回収日は決められています。週1回という自治体がほとんどです。

3.引越し業者によるごみの回収

引越しを依頼する業者に、ごみの処分を依頼する方法もあります。自治体で処分するより高額になるのが一般的ですが、大型家具など運搬が必要なものも取り扱ってもらえるのがメリットでしょう。

3-1.引越し業者が回収してくれるもの

引越し時のごみは予想以上に多いもの。ソファ・ベッド・カーペット・可燃ごみなど、幅広い品目に対応しています。ただし、分別が不明確なものは避けられるケースもあるため、見積時にしっかり確認しておきましょう。

3-2.引越し業者による回収料金

引越し業者によるごみの引き取りは、1点あたり3000~5000円(税抜き)と幅があるのが一般的です。引越し費用にオプションとして設定されるもの。ほかの処分方法より少し高めになる恐れがあります。

3-3.引越し業者にごみ処分を依頼するときの注意点

幅広い品目の処分を請け負ってくれるのですが、引越し業者では処分できないものもあります。家電リサイクル法が適用されるパソコン・魂抜きが必要な仏壇などは、回収対象とはなりません。

4.引越しごみの中で注意すべき家電製品5つ

家電リサイクル法に基づき、適切にリサイクルしなければならない家電製品は、取り扱いに注意してください。

4-1.家電リサイクル法で定められた捨てにくい家電製品とは?

家電リサイクル法適用品目は、テレビ(薄型・ブラウン管)・冷蔵庫・洗濯機・エアコンの4品目とご紹介しました。家電リサイクル法に該当する4品目の家電製品に加え、パソコンも有益な資源として扱われます。引き取りとリサイクルは、メーカーが責任を持って行うことが求められ、新しい製品にする再資源化することが目的です。

4-2.家電リサイクル法に定められた家電製品の処分方法

家電リサイクルには手順があります。正しくリサイクルして再資源化することが大切です。必ず知識として備えておいてください。

4-2-1.パソコンはPCリサイクルマークを確認

2003年以降に販売されたパソコンは、PCリサイクルマークがついています。PCリサイクルマークがあるパソコンは無償でメーカー引き取りを受けられ、再資源にかかわる費用負担はありません。
メーカーに依頼し、回収を依頼します。PCリサイクルマークがない場合、有償での回収となりますので注意してください。

4-2-2.パソコン以外の家電リサイクル法対象製品は?

リサイクル対象製品は、販売店やメーカーを経由して回収されます。再資源化する前に、指定引き取り場所を中継して一時保管されるのです。指定引き取り場所まで移送するのに、収集・運搬手数料を取られます。手数料はごみの排出者負担となり、リサイクル料金と同時に支払うことが必要です。

4-3.家電リサイクルで注意すべきこと

家電リサイクル料金の支払い方法について、知っておくべき知識をご紹介します。買い替えで古いものをリサイクルするなら、販売店の料金販売店回収方式で支払わなければなりません。規定用紙に記入し、リサイクル料金と収集・運搬費用を販売店に支払います。
古いものを自分で処分するなら、家電リサイクル券センターへ直接振り込みを行ってください。郵便局に備え付けの申込用紙があります。家電リサイクル券には、ごみの管理票番号が印字され、家電リサイクル券センターで追跡できるようになっているので、適切にリサイクルされたか確認してみてください。

5.リサイクルショップを利用して引越しごみを処分する方法

まだ使える製品なら、リサイクルショップに引き取り依頼する方法もおすすめです。

5-1.不用品のリサイクルについて

自分が使わなくなったものでも、誰かにとって必要なものになる。リサイクルの理念は、こうした考え方の元に成り立っています。ごみの処分には費用がかかりますが、リサイクルショップに売却することで収益を得られる可能性もあるでしょう。引越し時の片付けは、売れるものを見極めるのもコツ。買い取りを上手に利用してみてください。

5-2.どのようなものが買い取り対象か?

リサイクルショップの引き取りで好まれる家電製品は、製造から3年以内と新しいもの。事前にメーカーと製造番号を伝え、引き取り可能な商品か確認しておくと安心です。
家具などの引き取りも行っています。衣類は古着を多く取り扱っているショップがおすすめです。

5-3.リサイクルショップに依頼する方法

リサイクルショップに売却する場合、持ち込んで査定を受けるのが一般的です。メーカーと製品番号がわかる場合、電話でも概算を出してもらえます。
近年では、宅配買い取りを実施している店舗もあり、ニーズが高まってきているのです。リサイクルショップは得意分野がわかれます。ショップごとに使いわけるのも、1つの手段でしょう。

5-4.リサイクルショップでごみを処分するメリット・デメリット

リサイクルショップには、店舗ごとの特色があります。得意分野なら高値がつくことも予想されますが、実際に商品を希望する価格で引き取ってもらえる店舗が近くにあるとは限りません。また、持ち込みは自分で行う必要があり、大型家具などの運搬にかかる負担も想定しておきましょう。
不用だからと捨てるのは、ごみを増やすばかり。リサイクルすることにより、再利用されるのがメリットです。買い取り価格により、思わぬ収益も得られます。

6.不用品回収業者にごみ処分を依頼する場合

不用品回収業者は近年ニーズが高まり、引越しに伴うごみの処分も一気に行えるようになりました。不用品回収業者について知っておくと、とても便利に使うことができますよ。

6-1.安心して依頼できる不用品回収業者の選び方

不用品回収業者は増えてきているため、どの業者を選べばいいか迷うポイントだと思います。予算オーバーしないか・納得できる作業か・当日引き取ってもらえないものが出ないかなど、何かと不安なことが多いでしょう。
安心して作業を依頼するためには、実績に注目すること。引越し時のごみ処分を多く手がけ、料金体系も明確である業者を選んでください。どんな人が作業に来るか心配という方は、スタッフをホームページで紹介している業者を選んでみましょう。顔の見える会社だと、依頼前の不安も緩和されるはずです。

6-2.不用品回収業者の引越しに伴うごみ処分料金

引越し業者にごみの処分を依頼すると、1点ずつの料金が請求されますよね。しかし、不用品回収業者だと定額料金プランを用意し、大量のごみでもコストを抑えた処分が実現できるのです。また、ニーズに合うよう幅広い料金体系がありますので、事前に見積もりを取って相談するようにしましょう。

6-3.不用品回収業者を利用してごみを処分するメリット

引越し時の片付けやごみの処分はとても疲れますよね。ただ捨てるだけではなく、分別も必要になるため、骨の折れる作業です。分別がわからなくて終わらないという悩みも多いもの。根気とやる気が続かないという場合、不用品回収業者に依頼する方法がおすすめ。リサイクルショップでは買い取り対象品目以外は返されてしまいますが、不用品回収業者なら可能なものは買い取り、不用なものはそのまま処分費用を負担して引き取ってもらえます。一度に買い取りと処分が実現でき、大幅な時間短縮が実現できるのです。
大型家具でも小さなものでも一括処分でき、分別も必要ないので便利でしょう。家電リサイクル法対象品目であるエアコンは、取り外して処分しなければなりません。不用品回収業者なら取り外しから依頼できます。

6-4.ごみ処分を依頼するときの注意点

注意したいのは、安全かつ適切に処分してくれる業者選び。中には悪徳業者もいて、不当な回収費用を請求して不法投棄してしまう例もあるのです。ごみ処分には、廃棄物処理業者の認可が必要。認可を受けた業者かどうかを確認してください。
ごみ処分が正しく行われないなら、個人情報漏洩(ろうえい)にもつながります。自己防衛のためにも、慎重に業者を選びましょう。

7.引越しごみでよくある質問

引越しで出る大量のごみは、悩みの種ですよね。すぐに家を明け渡す必要がある場合、速やかにごみを捨てたいと思うことでしょう。何かと不安のつきまとう引越しごみでよくある質問をまとめてみました。

7-1.不用品回収業者への支払い方法は?

引越しごみの場合、大量に出ることがあります。定額プランなどを利用し、お得に処分したいと思う方も多いでしょう。費用の支払いには、現金かクレジットカードの対応をしてもらえます。ただし、クレジットカードでの支払いは、1万円以上の利用としているケースもあり、事前に確認しておきましょう。支払いは、作業終了後というのが一般的です。

7-2.1点だけでも不用品回収業者は利用できる?

不用品回収業者は、1点でも大量でも利用可能です。分別の心配もいりませんので、時間のない方にとって理想的な方法。定額プランを利用する場合、トラックに積めるだけとしているケースがほとんど。当日追加するものが増えても、トラックに乗るなら追加料金が発生しません。追加するものが多い場合は、事前に相談してみてください。

7-3.自治体の粗大ごみで家電製品を処分する場合の費用は?

家電リサイクル法対象品目の家電製品は、粗大ごみ処理手数料のほかに家電リサイクル料を負担します。収集・運搬料も発生しますので、対象品目の費用はよく確認しましょう。
家電リサイクル料金は、郵便局から家電リサイクル券センターへ振り込んでください。

7-4.引越し後に出た大量のダンボールはどうすべきか?

引越しは、不用品が出るばかりではありません。作業後のダンボールも悩ましい問題です。いつまでも置いておくのは嫌という方も多いでしょう。なるべく引越し業者に引き取り依頼をしてもらうようにしてください。
手元に残ってしまった場合、資源ごみとして少しずつ自治体のごみに出しましょう。

7-5.粗大ごみの申し込み方法は?

粗大ごみは、自治体のルールに添って行います。事前に自治体の粗大ごみ処理センターへ申し込んでください。インターネット申し込みと電話申し込みの2つがあります。ご自身に合う方法で申し込みましょう。

8.まとめ

いかがでしたか?引越しのごみは、大量に出るので頭が痛い問題ですよね。しかし、分別やルールを知ることで、正しく処分することができます。特に、家電リサイクル法対象品目は、メーカーまたは販売店でリサイクルしなければなりません。一見難しいと思われがちな引越しごみの処分問題。捨ててしまえばごみです。しかしリサイクルショップに売却するなら再利用でき、収益を得ることも可能でしょう。たくさんの不用品を一気に処分したい。家電リサイクル法対象品目とそうではないものの同時処分を希望する。大型家具の運搬ができない。何かと不安や悩みがある方は、自宅まで引き取りに来てもらえる不用品回収業者を上手に利用しましょう。きちんと認可を受けた業者を利用することで、正しくごみの廃棄ができるようになります。引越しは何かと面倒なことが多いですから、片付けのコツを抑えて効率のいいごみ処分をめざしてください。

不用品・粗大ごみをどこよりも格安回収 無料見積り・相談は今すぐこちらから