知らなきゃ損!オフィス家具の買取方法について~売れるものはすべて売ろう~

オフィスで使うデスクやファイルワゴン・オフィスチェア・会議テーブル・ロッカー・収納・パーテーションなどさまざまなオフィス家具があります。
オフィスの移転や買い替えなどで要らなくなったオフィスの処分に困っている人は必見です。
オフィス家具の買取方法や買取価格の相場、リサイクル・回収・廃棄にかかる費用など詳しくみていきましょう。

目次

  1. オフィス家具の買取方法
  2. 買取価格の相場
  3. 買取専門店に依頼するメリットと注意点

1.オフィス家具の買取方法

オフィスで使われていた家具を売却するにはどのような方法があるのか、どこに依頼すればよいのか説明します。
もし売れなかった場合の処分方法についても説明しているのでぜひチェックしてくださいね。

1-1.買取専門店に依頼する

オフィス家具の買取を専門的におこなっているお店を利用する方法が1番オススメです。
要らなくなったオフィス家具でまだ使えそうなものであればすべて買い取ってくれるでしょう。
買取価格はお店によって異なりますが、そのまま処分するよりは買い取ってもらった方が効率的です。
売って得たお金は次の事業や新しいオフィス家具の購入にまわせられます。
買取方法はお店によってさまざまですが、主な方法は「店頭買取」「出張買取」の2つがあります。
店頭買取は直接お店にもっていき査定をしてもらい、その場で現金が渡される方法であり、出張買取はオフィスまで家具を回収しにきてくれます。
比較的重たいものが多いので出張買取がオススメですよ。
出張買取を依頼するときはいくつか注意点があるので後ほど説明します。

1-2.リサイクルショップで売る

買取専門店のほかにも“リサイクルショップ”でオフィス家具を買い取ってもらう方法があります。
リサイクルショップは再利用できるものは必要としている人に売り、買い手が見つからなかった場合はリサイクルセンターに持ち込まれ、部品に分解され、新しい商品へと生まれ変わるでしょう。
処分するよりも効率的な方法となっているのでぜひ利用してみてはいかがでしょうか。
リサイクルショップで売る前にいくらで売れるのか複数のお店をピックアップし、比較してください。比較することで1番高値がつくお店で売るれるでしょう。

1-3.売れない家具はオークションに出品or不用品回収業者に依頼する

もし買取店やリサイクルショップでも売れなかった場合はオークションに出品してみてはいかがでしょうか。
実際にオークションでオフィス家具が売られていることも多く、買い手が見つかりやすい方法です。
欲しがっている人が多ければ多いほど高値がつくかもしれませんし、処分するより少しのお金になるなら売った方がお得ですよね。
そして、オークションでも売れないオフィス家具は不用品回収業者に依頼して回収してもらいましょう。
不用品回収業者がまだ使えそうだなと判断すればそのまま買い取ってもらうこともあるので聞いてみてください。
すぐに処分したい場合、不用品回収業者が大活躍してくれます。
電話1本ですぐに回収しにきてくれますし、オフィス家具を一度にすべて処分できるでしょう。

2.買取価格の相場

2-1.お店によって買取価格はさまざま

オフィス家具の買取価格はどのくらいになるのか相場を知りたい人も多いですが、実際のところどのくらいの値段で売れるのか定かではありません。
お店によって買取価格は変わりますし、必ずこの値段!と言えないのです。
買取価格の相場を知りたいならば、“チェックポイント”と“買取事例”を確認してください。
オフィス家具における査定チェックポイントは以下のとおりになります。

  • メーカー名
  • 家具の状態
  • 製造年月日

以上の3点が査定のチェックポイントになるでしょう。
オフィス家具のメーカーはどこなのか、家具に汚れやシミがついていないかどうか、製造年月日は新しいかどうかで買取価格が変わってきます。
また、実際の買取例をチェックしておくと売りたいオフィス家具がだいたいどのくらいの値段で取引されるのかわかるでしょう。
お店のホームページをのぞくと買取例が記載されているのでぜひチェックしてみてください。

2-2.高価買取のポイント

できるだけオフィス家具を高く売りたいなら高価買取のポイントについて把握しておきましょう。高価買取のポイントは以下のとおりになります。

  • 付属品をつける
  • キレイな状態で売る
  • できるだけ早めに売る
  • まとめて売る

説明書やデスクのカギがあれば一緒に査定に出すと買取価格が上がる可能性があります。
売る前に付属品がないかどうか必ず確認してください。付属品の有無でだいぶ買取価格が変わるでしょう。
また、汚れやホコリがあればキレイにしてから売ることも大切です。
査定する人は人間なので汚い家具よりもキレイな家具の方が気持ちよく買い取ってくれるでしょう。
そして、オフィス家具は製造年月日も注目されます。
製造年月日が新しければ新しいほど買取価格も上がるので要チェックです。
オフィス家具をメーカーのシリーズごとやまとめて売ることで買取価格が上がる可能性もみられます。個別に売るのではなく、できるだけまとめて売るように心がけてください。

3.買取専門店に依頼するメリットと注意点

3-1.処分費用がかからず、お金が得られる

買取専門店に依頼するメリットといえば、「処分費用がかからず逆にお金が得られること」ではないのでしょうか。
そのまま処分してしまうと粗大ゴミとしてお金がかかりますし、処分したい量が多いほど余計な費用がかかるでしょう。
売れるものはすべて売ってしまった方が得られるお金も多いのでお得です。処分するよりも効率的な処分方法となっています。
また、「欲しがっている人に使ってもらえる」メリットも挙げられるでしょう。
再利用してもらえば嬉しいことはありません。欲しがっている人にとっても安い値段でゲットできるので一石二鳥ですね。

3-2.出張買取に要注意!

オフィス家具を売る際に注意してほしいことがひとつあります。
それは「出張買取ができる範囲」です。
全国展開をしている買取店であれば問題はないですが、ある地域のみ限定されている買取店であれば出張買取が利用できる範囲に気をつけておかなければなりません。
例えば、関東地域を中心に展開しているお店は関東圏内でしか出張買取を受け付けていないケースが多くみられます。どこのお店よりも高く買取ができるとしても出張買取が利用できる圏内でなければ意味がありません。
依頼する前に出張買取の範囲を必ずチェックしておきましょう。

まとめ

オフィス家具の買取について解説しましたがいかがでしたでしょうか。
少しでも為になったのなら幸いです。
オフィス家具をスムーズに処分するためにも売れるものはすべて売っていきましょう。

  • 専門買取店を利用する
  • リサイクルショップを利用する
  • オークションに出品するor不用品回収業者を利用する
  • 買取価格はお店によってさまざま
  • 査定チェックポイントを知ること
  • 4つの高価買取ポイント
  • 買取を利用すれば処分費用がゼロになりお金が得られる

オフィス家具を売るときは以上のポイントに注意して買取を進めていきましょう。
悪質業者も増えてきているのでだまされないように見積もりを出してもらい、インターネットで口コミや評判を見ることも忘れないでくださいね。