余計なトラブルに巻き込まれないために! 不用品回収業者の選び方

最近はゴミの分別に厳しい自治体が多くなり、不用になったものがあっても気軽にゴミ捨て場に捨てることもできなくなりました。そんな時に便利なのが不用品回収業者。でも、業者の選び方には注意が必要です。

  1. 増えている不用品回収業者とのトラブル
  2. 上手い言葉には裏がある?
  3. 優良な業者の選び方

1.増えている不用品回収業者とのトラブル

国民生活センターに寄せられる不用品回収業者とのトラブルは年々増加しています。

トラブルの一例としては、

  • 無料だというので不用品を引き取ってもらったら、後で高額な料金を請求された
  • 見積もりよりも高い料金を請求された
  • 不用品以外のものもトラックに積み込まれ、降ろしてほしいと頼むと別途料金を請求された
  • 回収された不用品が道端に捨ててあった

などというもの。さらにここ数年、金の値段が高騰しているためか不用品回収にかこつけて、無理やり市価よりも安い値段で貴金属を買い取っていく業者とのトラブルも報告されています。

2.上手い言葉には裏がある?

よく軽トラックなどで「不用品を無料でお引き取りします」と宣伝しながら道を走っている業者がいますが、本当に無料で引き取ってくれる業者はまずありません。今は不用品を処分するにはお金がかかる時代です。無料という言葉につられて後で言われるがままに高いお金を払うより、きちんとした業者を選ぶことが大切です。

3.優良な業者の選び方

では、信用できる不用品回収業者とはどのような特徴があるのでしょうか。

3-1.自社のHPがあり料金体系がしっかりとしている

一定の規模の会社ならばPRと宣伝を兼ねて自社のHPくらい持っているはずです。また、そこにきちんと引き取り料金が提示してあるでしょう。

3-2.業者から営業をかけてくることがない

優良な会社ならば自然と口コミで人気が広がっていきます。ですから、自分から売り込みの電話をかける必要はないのです。「安くします」「品物が足りません」と電話をかけてくる業者には注意が必要です。

3-3.電話でも見積もりを立ててくれる

たとえ少々特殊なものであっても一般家庭にあるものでしたら、ちゃんとした会社なら電話で問い合わせればおおまかな見積りは立ててくれます。「現物を見ないと見積もりが立てられない」と目安となる料金すら教えてくれないようであれば、その業者は回収する品物ではなく、依頼者を見て値段を決める可能性があるので注意をしましょう。

3-4.名刺や身分証がきちんとしている

お金が絡むことですから、しっかりとした業者であれば名刺や身分証をきちんと提示してくれます。「名刺をくれたけれど携帯電話しか書いていない」「身分証をつけていない」そんな従業員のいる会社は注意したほうがよいでしょう。

まとめ

不用品回収業者の多くは真面目に仕事に取り組んでいます。しかし、ごく一部の業者が利用者の無知や弱さに付け込んで、詐欺まがいのことをしていることも事実です。今回ご紹介したことを参考にして、不要なトラブルに巻き込まれないように注意しましょう。

この記事が役に立ったと思ったら下のボタンを押してシェアしてくださいね。

不用品・粗大ごみをどこよりも格安回収 無料見積り・相談は今すぐこちらから