冷蔵庫の処分で迷ってる方必見!リサイクルする仕組みや料金をご紹介

冷蔵庫の処分でお困りではないですか? 買い替えなどがきっかけで手放すことがあり、捨てる方法がわからないという場合があるでしょう。実は、冷蔵庫はリサイクルが義務づけられた製品です。
「リサイクルはどこでできる?」「リサイクル料金が知りたい」何かと疑問が多いリサイクルの仕組みが理解できない気持ち、とてもよくわかります。
リサイクルが必要な理由やどのように再利用されるのか知りたいですよね。今回は、冷蔵庫の処分にまつわるリサイクルについてご紹介します。

  1. 冷蔵庫のリサイクルについて
  2. 家電リサイクル料金を覚えておこう
  3. 冷蔵庫のリサイクル方法
  4. 冷蔵庫をリサイクルする流れ
  5. 冷蔵庫のリユースについて
  6. 冷蔵庫の処分やリサイクルについてよくある質問
  7. まとめ

この記事を読むことで、冷蔵庫のリサイクルがなぜ求められるのか、家電リサイクル法についても理解できるようになります。リサイクルの仕方についても学ぶきっかけになり、正しい処分を行う参考になるでしょう。
冷蔵庫の処分で迷っていた方は必見です。

1.冷蔵庫のリサイクルについて

冷蔵庫の処分は、単なる粗大ごみとして扱うことができません。というのも、家電リサイクル法が関連しているからです。

1-1.冷蔵庫をリサイクルする目的や必要性について覚えておこう

都市鉱山という言葉をご存じですか? 家庭で使われている家電製品に含まれている金属を意味しています。使わなくなった家電製品を廃棄するなら、内部に含まれている有益な金属を取り出し、再利用しようという動きです。リサイクルは、金属採取することを目的としています。新たに自然界から採取するのは環境破壊の危険性もあり、保護の観点から問題視されているのです。

1-2.家電リサイクル法とはどんな法律?

2001年以前は、家電リサイクル法が施行されておらず、自治体の粗大ごみに該当していました。しかし、家電リサイクル法が施行されて以降、冷蔵庫・テレビ・洗濯機・エアコンの4製品を対象としてリサイクルが義務化されています。粗大ごみではなく、資源としてメーカーによる回収が必要と判断されたのです。

1-3.冷蔵庫以外にリサイクルすべき家電製品とは?

冷蔵庫以外で、家電リサイクル法が適用される家電製品は、下記を参照してください。

  • テレビ(プラズマ・液晶・ブラウン管のいずれも該当)
  • エアコン
  • 洗濯機

また、小型家電リサイクル法という法律もあり、携帯電話やハードディスクなども回収対象となる場合があります。加えて、パソコンもリサイクルが必要な製品です。廃棄せずに、正しくリサイクルしてください。

2. 家電リサイクル料金を覚えておこう

家電製品のリサイクルが求められることを、ご理解いただけたでしょうか? 家電リサイクル料金には定めがあり、処分費用を知っておくと安心です。手続きなどの参考にしてください。

2-1.リサイクルする料金について

冷蔵庫にはサイズ表示がなされています。まず、扉を開けてサイズ確認をしてください。家電リサイクル法に添って区分されているのは、大・小の2つです。大は171リットル以上、小は170リットル以下と規定されています。サイズに従い、リサイクル料金が変わりますから、表示は注意して確認しましょう。

2-2.冷蔵庫のリサイクルにかかる値段はいくら?

大と小の2つに分類されることは、前述のとおりです。実際に廃棄にかかる料金をご紹介します。

  • 大(171リットル以上のサイズ) 税込み4,644円
  • 小(170リットル以下のサイズ) 税込み3,672円

リサイクル料金とは別に、収集運搬費用が発生します。リサイクル回収を依頼する先により変動があり、1,000〜1,500円がかかると予想しておきましょう。家電販売店を経由してリサイクルすることもあると思います。手数料が発生するかどうかも事前に確認をしてください。

2-3.家電リサイクルをする場合に必要となる書類など

ご自身で家電リサイクルの手続きをされるなら、必要となる書類ややり方を覚えておきましょう。

2-3-1.家電リサイクル券の購入

家電リサイクル受付センターに規定料金を支払い、家電リサイクル券の購入をしてください。家電リサイクル券の購入は、冷蔵庫1つ分ずつ支払います。複数を処分する場合は、支払い方に注意しましょう。 

2-3-2.収集運搬費用の支払い

収集運搬費用も、ごみの排出者負担となります。家電販売店に依頼する場合は、店舗ごとに定めた料金を支払ってください。指定引き取り所に依頼する場合、事前にいくら必要なのかを確認しておくといいでしょう。

3.冷蔵庫のリサイクル方法

冷蔵庫の処分で悩むのは、リサイクル方法だと思います。リサイクルについてご説明していきましょう。

3-1.冷蔵庫のリサイクルはどうやる?

大きくわけて3つの方法があります。家電販売店に依頼する、自分で持ち込む、リユースするというものです。
どの方法を選んでも、資源としてきちんとリサイクルされるため、利用しやすい手段を選んでください。

3-2.冷蔵庫のどの部品がリサイクルされる?

冷蔵庫は金属資源で構成されています。主にリサイクル対象となる部品は、鉄・銅・アルミニウムなどです。金属資源は大変貴重で、採掘するためには人件費がかかるだけではなく、自然環境が壊れてしまう恐れがあり、リサイクル回収して再び商品化することが求められています。

3-3.冷蔵庫をリサイクルするメリット

金属資源が希少なものであることは、ご理解いただけたかと思います。資源を大切に使うことが、冷蔵庫をリサイクルする最大のメリットでしょう。ごみの排出者にとっても、捨ててごみになってしまうより有益に再利用されることは価値あることだと思います。処分と同時に有効活用されるのですから、一石二鳥ですよね。

4.冷蔵庫をリサイクルする流れ

リサイクルの流れをご説明します。費用なども参考にしてください。

4-1.リサイクルを依頼できるのはどこ?

4-1-1.家電販売店によるリサイクル回収

買い替えるタイミングで、冷蔵庫の処分を行う方はとても多いです。家電販売店で購入する際に、今使っている冷蔵庫のリサイクルを依頼しましょう。年式が新しく、購入したものと同一メーカーであるなどの条件を満たしている場合、下取りしてもらえる可能性もあります。リサイクルと判断された場合、だいだい費用は5,000円(収集運搬費用を含む)ほどかかると想定してください。収集運搬費用は、家電販売店ごとの規定がありますから、事前に確認しておくといいでしょう。

4-1-2.自分で手続きする場合は郵便局から支払い

自分で冷蔵庫の廃棄をするという方は、郵便局から振り込みを行ってください。先にも述べたとおり、冷蔵庫1つずつの振り込みが必要ですから、複数を処分する場合はわけて振り込まなければなりません。
郵便局には、家電リサイクル処理券の購入に必要な書類が備えつけてあります。ATMを利用して振り込む場合の手数料は1件80円、窓口だと1件130円です。

  • 家電リサイクル受付センター(料金郵便局振り込み方式) http://www.rkc.aeha.or.jp/text/p_procedure_p.html

自治体が指定する指定廃棄場所への運搬が必要で、持ち込む場合は搬入可能な日時を確認しておきましょう。持ち込みが難しいときは、指定運搬業者に連絡してください。

4-1-3.冷蔵庫は回収ボックスを利用できない

自治体ごとに家電製品の回収ボックスを設置しています。しかし、小型家電製品を回収する目的としており、サイズの大きな冷蔵庫は利用できません。そもそも、家電リサイクル法に従ってリサイクル処分が求められ、家電販売店または郵便局を利用してリサイクルを正しく行うことが必要です。

4-1-4.不用品回収サービスにリサイクルを依頼

不用品回収サービスでは、家電製品の引き取りを強化しています。家電リサイクル法に基づく4製品の取り扱いも可能で、使えるものは買い取ってもらえることもあり、処分までのスピードもほかの手段より早いです。
リサイクル回収か買い取りかも、査定ですぐに判断してもらえ、即日対応もできます。処分には、基本料金3,000円前後と家電リサイクル料金が必要です。

4-2.リサイクルした冷蔵庫は追跡できる

ごみの排出者は、家電リサイクル券に記載された13桁の番号で追跡が可能です。処分時に管理票を受け取りますから、3年間は保管してください。
メーカーまできちんと引き渡しがなされているか、ホームページか電話で確認ができます。確認する際は、管理票を手元に用意し、13桁の番号で追跡してください。

  • 家電リサイクル受付センター(電話0120-319-640、https://rkc-bu-in3.rkc.aeha.or.jp/plsql/rkc_web/p_kt330080)

5.冷蔵庫のリユースについて

冷蔵庫のリユースができる場合があります。不用だと思っていたものが、リユースで再販できるのは嬉(うれ)しいことですよね。リユースの仕方などに触れていきます。

5-1.冷蔵庫の買い取りについて

リユースするというのは、いわゆるリサイクル家電製品です。

5-1-1.買い取り可能な冷蔵庫

買い取りできるのは、製造より5年以内の比較的新しい年式のものになります。動作不良や故障がないなら、買い取り可能なものかを確認してください。リサイクルショップなどで買い取りを行っています。

5-1-2.買い取りできる冷蔵庫の特徴

中古でのニーズがある冷蔵庫の特徴を覚えておきましょう。買い取り依頼をするときの参考になります。

  • コンパクト冷蔵庫(1人用)
  • ファミリータイプ(3〜4人用、ツードアは人気です)
  • ​業務用冷蔵庫(厨房(ちゅうぼう)用品)

5-2.どこで買い取りしてもらえる?

冷蔵庫の買い取りは、お住まいの近くにあるリサイクルショップや家電製品を専門にするリサイクルショップです。 リセールという意味では、インターネットオークションでの売却も可能でしょう。家電製品リサイクルショップでは、ほかよりも買い取りしてもらいやすいです。しかし、冷蔵庫のメーカーや年式によって査定額が変動し、汚れやキズなどもしっかりチェックされますから、なるべくきれいにしておくといいでしょう。

5-3.冷蔵庫のリセールをしたい

インターネットオークションを利用し、さまざまな家具・家電製品の売却をしている方がいます。人気製品を安値で入手したいと思い、冷蔵庫を探す場合がほとんどです。ニーズが合致したなら、希望価格で落札されるでしょう。
インターネットオークションは処分までに時間が必要なことと、落札された後の配送手配が面倒です。配送にかかる費用負担もあらかじめ決めておく必要があります。

6.冷蔵庫の処分やリサイクルについてよくある質問

冷蔵庫を処分する方、リサイクルを希望される方は、よくある質問をご一読ください。

6-1.買い取りできない冷蔵庫はどのようなもの?

冷蔵庫の寿命は、10年が目安です。10年を経過したものは修理も難しく、いろいろなトラブルも出やすいため、買い取り対象とはなりません。

6-2.なるべく高く買い取ってもらいたい

高額買い取りのポイントは、製造から5年以内であることと、付属品や取り扱い説明書が添えてあることです。査定では細かな部分までチェックしますから、丁寧に清掃しておくことをおすすめします。

6-3.家電製品の無料回収は怪しい?

無料回収と名乗る業者にはご注意ください。実態がはっきりしない業者が多く、回収後のリサイクルも不明です。正しくリサイクルするためには、きちんと事業所を定めて営業している業者を選びましょう。

6-4.メーカー別の家電リサイクル料金はどう調べる?

まず、冷蔵庫の扉を開き、内側の表示を確認してください。品番などが記載されていますから、家電リサイクル券センターのホームページで探してみましょう。

6-5.買い取り依頼に出すのに適したタイミングは?

夏は故障やトラブルが頻発し、買い替えを検討する方が多い時期です。加えて、新生活を始める春先も、家電製品を購入するため、リサイクルショップで探すこともあるでしょう。ゆえに、夏と春先は需要が拡大するため、ショップでも買い取り強化している場合があります。

7.まとめ

いかがでしたか? 冷蔵庫をはじめとする家電製品は、リサイクルが求められることをご理解いただけたかと思います。都市鉱山には、想像以上の金属資源がありますから、1人1人がリサイクル意識を持つことで、無駄なく正しいリサイクルが実現できるのです。この記事を参考にし、ぜひリサイクル意識を高めてください。リサイクルショップ売却のポイント・自分で処理する場合など、わからないことはこの記事で解消しておきましょう。地球環境保護は、1人1人の力で成り立っています。今ある冷蔵庫の処分で迷っている方は、リサイクルの重要性を知るきっかけにしてください。

不用品・粗大ごみをどこよりも格安回収 無料見積り・相談は今すぐこちらから