洗濯機の正しい処分方法がわかる!リサイクル家電の捨て方をご紹介!

要らなくなった洗濯機をどう処分すればいいのかわからない…と多くの人が悩みがちです。間違った捨て方で洗濯機を処分すると、後でトラブルになってしまいます。トラブルにあわないためにも、洗濯機の正しい処分方法を把握しておきましょう。これから、洗濯機を捨てるにはどうすればいいのか、リサイクル料金や家電回収業者に依頼する方法など詳しく説明します。

  1. 洗濯機を捨てる前に知るべきこと
  2. 洗濯機のリサイクル料について
  3. 洗濯機販売店・メーカーでの処分
  4. 洗濯機をリサイクルショップへ売る方法
  5. 洗濯機の処分を回収業者に依頼する方法
  6. 洗濯機の処分についてよくある質問

この記事を読むことで洗濯機の正しい処分・回収、リサイクル方法がわかります。

1.洗濯機を捨てる前に知るべきこと

洗濯機の処分をする前に知っておかなければならないことがあります。スムーズに洗濯機を処分するためにも、ある程度基礎知識を身につけておきましょう。知識を把握しておけば安心です。

1-1.粗大ごみでは出せない?

洗濯機や冷蔵庫、テレビ、エアコンなどの大型家電類は処分に困りがちです。自治体で処分する際、粗大ごみとして出せると思う人は多いでしょう。確かに、ほとんどの自治体では家電・家具など粗大ごみを回収しています。しかし、洗濯機は廃棄処分に含まれていません。なぜなら、洗濯機は家電リサイクル法という法律で処分方法が決まっているからです。きちんと法律の内容に沿った方法で処分しなければ、法律違反になってしまいます。自治体の粗大ごみでは処分できません。

1-2.洗濯機は家電リサイクルに入っている?

洗濯機は家電リサイクル法の対象に入っています。リサイクル法に入っているからこそ、洗濯機は正しい方法で処分しなければなりません。たとえば、新しい洗濯機に買い替えをする場合、小売店や家電量販店で洗濯機の引き取りをしてもらいます。また、リサイクルショップで洗濯機を買い取ってもらう、メーカーに回収依頼をする、不用品回収業者に依頼するのも1つの方法です。

1-3.リサイクル家電とは?

家電リサイクル法に入っている家電は、洗濯機・テレビ・エアコン・冷蔵庫(冷凍庫)の4品目です。リサイクル家電はきちんと定められている方法で処分しなければなりません。ただし、家電リサイクル法に入っている家電の処分にはお金がかかります。家電リサイクル法の料金はメーカーや業者によって異なるでしょう。処分前にきちんと調べておかなければなりませんね。

2.洗濯機のリサイクル料金について

洗濯機の処分に必要なのが「処分費用」です。洗濯機の廃棄には料金が設定されています。後で金銭トラブルにならないためにも、きちんと家電リサイクル料金とは何なのかチェックしておきましょう。

2-1.洗濯機のリサイクル処分にかかる料金

決して、洗濯機の回収は無料ではありません。家電リサイクル法の対象品目はお金がかかります。家電の種類によって料金は異なりますが、洗濯機はおおよそ3,000円~5,000円です。洗濯機の大きさや重量、搬出に必要な人員など、場所と洗濯機本体の種類で変わるでしょう。よって、洗濯機を捨てるときは料金をしっかり確認してくださいね。壊れていない、使える洗濯機を処分する際は、捨てるのではなくリサイクルするか、買取に出したほうがお得です。

2-2.その他必要な書類

洗濯機のリサイクル回収をおこなう際、家電リサイクル券を用意しなければなりません。購入したお店、または買い替えをおこなうお店でリサイクル手続きをしてください。場合によっては自治体や地元の商店でも手続き可能です。手続きをする際に、リサイクル料金と引き換えに家電リサイクル券がもらえます。自治体によってやり方が異なるので、事前に確認しておきましょう。ちなみに、一般財団法人・家電製品協会家電リサイクル券センターのホームページでは家電リサイクル券の入手について詳しく記載していますよ。

家電製品協会家電リサイクル券センター:http://www.rkc.aeha.or.jp/text/p_index.html

3.洗濯機販売店・メーカーでの回収

販売店・メーカーで洗濯機を処分する方法について説明します。新しい洗濯機への買い替えを考えている人やメーカーに依頼しようと思っている人はチェックしてください。

3-1.販売店による下取り・引き取り

洗濯機を購入した販売店には収集義務があります。洗濯機の処分だけなら、販売店に引き取りを依頼してください。ただし、販売店によって洗濯機の引き取り価格が決まっています。販売店に依頼する前、どのくらいかかるのかきちんと聞いてください。また、新しい洗濯機に買い替えをする場合は、下取りを依頼しましょう。下取りなら処分費用が節約できます。

3-2.メーカーによる下取り・引き取り

販売店以外にも、メーカーによる下取り・引き取りが可能です。メーカーによって洗濯機のリサイクル回収費用は異なります。平均費用は2,520円です。2,520円+運搬費用がかかると思っておいてください。また、メーカーによる洗濯機のリサイクルは引き取り場所まで運ばなければなりません。運搬料は収集場所によって異なるでしょう。

3-3.メリット・デメリット

販売店やメーカーでの処分は、下取りができるというメリットがあります。新しい洗濯機の料金から古い洗濯機の下取り価格が引かれるでしょう。よって、販売価格よりも安い値段で購入できます。また、市外・県外に引っ越す場合は販売店に依頼したほうがスムーズです。しかし、自分たちで手続きをしなければならない、収集場所まで運ばなければならないデメリットがあります。時間と手間がかかる処分方法ですね。

4.洗濯機をリサイクルショップへ売る方法

壊れていない洗濯機はリサイクルショップで売ることができます。洗濯機をリサイクルするため、買取を選択してください。まだ、使える洗濯機を処分するのは非常にもったいないです。上手に処分するコツとして、リサイクルショップへ売る方法を紹介します。

4-1.洗濯機を買取してくれるところ

ほとんどのリサイクルショップが洗濯機を買取してくれるでしょう。洗濯機をリサイクルショップへ持ち込み、査定をしてもらってください。リサイクルショップによっては、洗濯機を自宅まで引き取りにきてくれます。洗濯機などの家電を取り扱っているところであれば、買取可能でしょう。しかし、壊れている、使えない洗濯機は買取不可なので気をつけてくださいね。

4-2.リセールのメリット・デメリット

再販売することを「リセール」といいます。できるだけ、粗大ごみを増やさないためにも使えるものは積極的にリセールしていきましょう。リセールのメリットはたくさんあります。最も大きいメリットとしては、環境への負担を減らすことです。粗大ごみが多くなればなるほど、環境が悪影響を受けてしまいます。使えるものは次の人へ再利用してもらえるリセールは、環境にやさしい取り組みです。また、安い値段で購入できるなど購入するがわにもメリットがあります。一方、デメリットとしては、リサイクルショップとのトラブルです。リサイクルするため洗濯機の引き取りを依頼したのに不法投棄されていた…などトラブルが起きています。トラブルにあわないためにも、安心できるリサイクルショップを選ばなければなりません。

5.洗濯機の処分を回収業者に依頼する方法

リサイクルショップのほかにも回収業者に依頼する方法があります。回収業者選びのポイントや依頼するメリット、洗濯機の回収方法など詳しく説明していきましょう。

5-1.回収業者選びのポイント

洗濯機のリサイクルを回収業者に依頼する際、安心できる業者を選ばなければなりません。回収業者の中には優良業者と悪徳業者があります。見極めるためにも回収業者選びのポイントを3つ紹介しましょう。まず1つ目は「スタッフの対応」です。優良業者であればあるほど、迅速で丁寧な対応をしてくれます。実績がある業者は的確な対応をしてくれるでしょう。そして、2つ目は「適正な価格」です。低価格を売りにしている業者でもきちんとしているところは、安くなる「理由」を提示しています。ただ、「安いから利用してください!」と主張しているのではなく、「○○だから安いんです!」と理由を提示しているので安心して利用できるでしょう。最後の3つ目は、「実績・経験豊富」です。回収・買取件数が多いほど、実績・経験豊富なスタッフがそろっています。ほかにも、見積書や請求書など確認すべき点はあるでしょう。最低でも以上の3項目に注目して選んでください。

5-2.回収業者に依頼するメリット

洗濯機の処分を回収業者に依頼する主なメリットは、時間・労力が短縮できることです。引っ越しまで時間がない、洗濯機を1人で運べない…と悩んでいる人は回収業者を利用してください。即日対応可能な業者ならすぐに処分でき、自宅まで回収しにきてくれます。わざわざ自分たちで収集場所に運ぶ必要はありません。また、洗濯機以外にも処分したい不用品もあるでしょう。自治体では仕わけが必要な不用品でも、回収業者なら一気に処分できます。時間と手間がはぶけるのは、とてもうれしいメリットですね。

5-3.洗濯機の回収方法

不用品業者における洗濯機の回収方法はさまざまです。主に、回収業者が依頼主の自宅まで回収しにきてくれます。回収までの流れはとても簡単なので安心してください。まず、ホームページ・電話から申し込みをしましょう。依頼するかどうか迷っている場合でも相談可能です。回収してもらいたい品物と指定日・指定時間などを伝えれば、すぐに見積もりへと入ります。見積もりに不満がなければ、都合のいい日に業者がやってきてくれるのです。作業が完了した後、最終チェックが終わりしだい、回収料金を支払います。

5-4.洗濯機の無料回収業者について

洗濯機の回収をしている業者の中には、リサイクルを無料でおこなっているところがあります。基本、家電リサイクルには洗濯機の回収金額が決まっているものです。「無料だから」とすぐに申し込みはしないでください。洗濯機の買取がOKなら、処分費用はかかりません。しかし、買取ではなく無料回収の場合は「理由」がきちんと提示されているかどうか確認が必要です。悪徳業者は「無料」という文句でお客を呼び寄せる傾向があります。そして、追加料金を請求してくるのです。無料といっている業者はなぜ無料なのかをきちんと確認してから見極めましょう。

6.洗濯機の処分についてよくある質問

リサイクルに困りがちな洗濯機の買い取りや処分について、よくある質問を5つピックアップしていきます。疑問に思っていることを解決してから、洗濯機を上手に処分していきましょう。

6-1.買取できる洗濯機とは?

買取できる洗濯機は、壊れていない、稼働できるものです。詳しい条件は業者によって異なるため、ホームページや電話で確認したほうがいいでしょう。たとえば、家庭電化製品は製造日から3年以内のものと決まっています。上手に買い替えするためにも、壊れる前に買取へ出したほうがいいでしょう。洗濯機の寿命はおよそ7年~8年です。寿命を目安に買い替えを検討してください。

6-2.無料見積もりについて

洗濯機の処分を業者に依頼する前に「無料見積もり」を利用してください。無料見積もりは業者のホームページから利用できます。電話で見積もりを問い合わせすれば、事前に見積もりが把握できるでしょう。最低でも3社~4社の見積もりを比較して、業者を選んでくださいね。比較することで優良業者と悪徳業者を見極めることができます。

6-3.洗濯機を処分する際の注意点とは?

回収料金や処分方法の確認はもちろんですが、最も大切なのは時間に余裕を持って処分することです。時間に余裕がなければ、悪徳業者のいいなりになってしまいます。業者の比較ができないので悪徳業者に引っかかりやすいのです。処分したいときにすぐ行動しましょう。

6-4.洗濯機の買取価格はいくら?

洗濯機を買取に出す際、買取価格は気になりますよね。洗濯機の製造年やメーカー、業者によって買取価格は異なるでしょう。発売されてから新しいタイプなら高価買取が期待できます。また、事前に洗濯機をキレイに掃除する、ネジやホースなどの付属品を一緒に出すなど買取価格がアップするでしょう。

6-5.業者とのトラブルを防ぐポイント

不法投棄されていた、追加料金を請求されたなど、業者とのトラブルは増え続けています。トラブルを未然に防ぐためには、見積書や業者の対応をしっかり確認しなければなりません。もし、見積書に不備な点、疑問点があるのならすぐ業者に問い合わせてください。丁寧に答えてくれる業者なら安心して依頼できます。

まとめ

いかがでしたか?処分方法に困りがちな洗濯機ですが、きちんと知識を身につけておけばスムーズに処分できるでしょう。近年、回収業者やリサイクルショップとのトラブルが増えています。トラブルに巻き込まれてしまえば、洗濯機の処分がややこしくなるだけです。トラブルを回避するためにも、正しい処分方法、業者の選び方について知識を身につけてくださいね。そして、自分に合った方法で処分しましょう。

不用品・粗大ごみをどこよりも格安回収 無料見積り・相談は今すぐこちらから