スプレー缶を安全に処分する方法! 中身の処理と正しい捨て方

634490c8-0df5-40c2-965b-1af3d9aab83d我々が日々捨てるゴミには、可燃ゴミ・不燃ゴミ・粗大ゴミ・資源ゴミなどがあります。さまざまな種類のゴミがありますが、中でも処分に困るのはスプレー缶です。
処分前にすべき処理を適正に行わず、自治体にルールを無視した捨て方をされやすい傾向があります。可燃ゴミに混ぜて捨ててしまい、中身が残ったスプレー缶に引火し、ゴミ収集車の中やゴミ処理場で爆発する事故も多発しているのです。従事していた清掃員が偶然事故に巻き込まれて死亡するケースもあるほど、大変深刻な問題となっています。
スプレー缶の中身が可燃性ガスで充満していることをご存じでしたか?燃えやすいガスであるため、捨てる前にきちんと中身を使いきって処分することが大切です。この記事では、処分に悩むスプレー缶をどのように処理してから捨てればいいかをご紹介します。1人1人が意識を高く持つようにし、少しでも事故が発生しないようにしていきましょう。

  1. スプレー缶の捨て方
  2. ガスの抜き方と注意点
  3. まとめ

1.スプレー缶の捨て方

整髪料・制汗スプレー・殺虫剤・消臭剤など、日常生活にはいろいろなスプレーが存在します。基本的には使いきったら新しいものを購入するパターンが多いのですが、問題はゴミとして処分する場合の扱い方です。

1-1.安全に配慮する

捨て方がわからなくて、いつまでも古いものを残しておいているという方も少なくありません。スプレー缶は慎重に処理してから捨てないと、事故が起きる可能性も高いのです。
なぜ可燃ゴミにそのまま混ぜてしまってはいけないのでしょうか?理由は、ゴミ収集車がゴミを圧縮しながら回収していることに関連しています。スプレー缶が圧縮されて破裂し、引火して爆発するきっかけになるからです。中身が多く残っているほど、危険性は高くなります。
また、スプレー缶は金属製であるため、可燃ゴミに混ぜてしまうとゴミ処理がうまくできずに不具合が生じてしまうのです。
自分だけなら大丈夫だろうという考えはやめて、環境にも清掃員の安全にも配慮した捨て方が望まれます。

1-2.中身をしっかり使いきる

何より大事なことは、スプレー缶の中身をすべて使いきるということ。噴射音がしなくなるまで、しっかり残っているものを出しきってください。
最近販売されているスプレー缶の中には、キャップを使ってガス抜きできるものもあります。商品説明にある注意事項をきちんと確認し、表示に沿って処理してください。メーカー推奨の方法がおすすめです。

1-3.穴開けをする

古くから広く受け継がれているスプレー缶の処理方法は、穴開けです。中身をしっかり使いきってから、スプレー缶本体に穴を開けてガス抜きを行うもの。使いきったと思い込んでいても、可燃性ガスがわずかに残っていて危険な場合もあります。しっかり中身を出しきってから穴開けを行ってください。
中身が残っている状態で穴開けを行うと、可燃性ガスが一気に噴出します。近くに火気があれば引火して爆発し、吸い込むと体調不良を起こす恐れもあるでしょう。
ただし、近年では穴開けはすべきではないという意見も増えてきています。穴を開けた瞬間に火花が発生することでケガなどの事故が起きているからです。自治体によって穴開けの必要性は異なります。わからない場合は、事前に確認しておくと安心です。

1-4.未使用のものも使いきること

いつ購入したかわからない未使用のスプレー缶が出て、処分に困っていることはありませんか?数年前のものだと、中身の可燃性ガスの劣化や変質も考えられます。
しかし、未使用であっても必ず処分前には使いきることが大前提。一気に使いきることは難しいので、少しずつ処理していくようにしましょう。
自分でできない場合や処理に困っているときは、自治体のゴミ処理担当へ連絡して判断を仰ぐようにしてください。

2.ガスの抜き方と注意点

ガス抜きは、必ず換気の良い場所を選んで行ってください。吸い込んでしまうと体調不良を起こしやすいため、マスクをつけて風上で作業します。手にスプレー缶の中身が付着してかぶれることもあり、手袋の着用も忘れずに。

2-1.新聞紙を使った処理方法

用意するものは、ゴミ袋と新聞紙です。新聞紙がないようなら、吸収の良いトイレットペーパーやボロ布を代用しても構いません。
ポイントは、ふわっと新聞紙を丸めてゴミ袋の中に広げること。換気の良い場所で新聞紙に向かって、少しずつスプレー缶の中身を噴射していきます。遠くから噴射するとゴミ袋の外に漏(も)れやすく、近くから噴射すると飛び散って目や鼻を刺激しやすくなってしまい、噴射距離にも注意すべきです。
スプレー缶の中身をすべて噴射したら、数時間はゴミ袋の口は閉じずに可燃性ガスを抜きましょう。終わったら、可燃ゴミとして処分可能です。スプレー缶は穴開け処理が必要な自治体は行い、不燃ゴミとして処分してください。

2-2.噴射口が詰まっているスプレー缶について

長期間使用していなかったスプレー缶や未使用のまま放置していたスプレー缶は、噴射口が詰まっていることがあります。
噴射口からガス抜きができなければ、安全に捨てることができません。しかし、そのまま捨ててしまうのは危険です。
噴射口の詰まりが原因で自己処理できない場合は、必ずメーカーまたは自治体のゴミ処理担当と相談してください。自己判断はやめましょう。

2-3.穴開けは専用器具を使うと楽

穴開けを行う場合、釘(くぎ)を打ち込む方もいます。しかし、釘(くぎ)でケガをする恐れもあり、怖くて自分では処理できないこともあるでしょう。
穴開けを楽に行いたいというニーズが広まり、専用器具が販売されるようになりました。100円ショップでもプッシュ式の簡易器具がありますが、ホームセンターでは力要らずのハサミ状専用器具も販売されています。ハサミ状の専用器具は、分厚いスプレー缶でも穴を開けやすいメリットがあるので、釘(くぎ)ではやりにくいスプレー缶の処理も楽です。

3.まとめ

スプレー缶を安全に処理する方法をご紹介しました。

  • スプレー缶の捨て方
  • ガスの抜き方と注意点

可燃性ガスが詰まったスプレー缶は、可燃ゴミに混ぜて捨ててしまうと爆発する恐れがあります。中身をきちんと使いきって、ガス抜きを行いましょう。
穴開けが必要な自治体は、専用器具を使って処理してから捨ててください。未使用のもの・噴射口が詰まって中身を取り出せないものは、メーカーや自治体のゴミ処理担当に相談し、自己判断せずに指示に従いましょう。

不用品・粗大ごみをどこよりも格安回収 無料見積り・相談は今すぐこちらから