布団の正しい処分方法とは?捨てずに再利用することも!

布団の処分方法が分からなくてお困りではありませんか?
「不要になった布団が押し入れを占領している」という家庭は多いでしょう。
限りある押し入れのスペースを有効に使うためにも、使わなくなった布団は処分するべきです。
細かく切ることで燃えるゴミとして捨てることも可能。
しかし、捨てずに再利用する方法もあるということをご存じでしたか?
今回は、布団の捨て方や再生方法についてご紹介したいと思います。

そんな人たちは必見です。

1.布団の処分方法

まずは、不要になった布団の処分方法についてご紹介しましょう。
おすすめの方法は3つあります。

1-1.粗大ゴミとして捨てる

布団のような大きなものは、自治体が回収する粗大ゴミとして捨てることが可能です。
事前に粗大ゴミシールを購入して、回収場所と日時を確認しておく必要があります。
ただし、自治体によって回収のルールが異なるため注意が必要でしょう。
この方法のメリットは、費用が安いという点。
相手が自治体なので安心して利用できますよね。
しかし、自分で回収場所まで運ぶ必要があるため、大量の布団を捨てたい場合は難しいでしょう。
運ぶのを手伝ってくれる人がいないか探してみてください。

1-2.細かく切って可燃ゴミとして捨てる

布団は基本的に燃えるため、細かく切ってしまえば可燃ゴミとして捨てることも可能です。
自治体指定の袋に入れて捨てるだけなので費用もかかりません。
念のためこの方法で捨てることができるか自治体に確認しておきましょう。
ただし、布団を細かく切る作業は力仕事であるため、女性1人では大変です。
大量に廃棄する方法としては向いていないでしょう。

1-3.不用品回収業者に依頼する

大量の布団を処分する方法としておすすめなのが不用品回収業者に依頼するものです。
最大のメリットは、希望の日時に自宅まで回収に来てもらえること。
重たい布団を自分で運ぶ必要は一切ありません。
「引っ越しを機に大量の布団を処分したい」「遺品整理をしていたら大量の布団が出てきた」というときは、ぜひ不用品回収業者に依頼してみてください。
不用品回収業者の中には、買い取りも同時に行っているところもあります。
状態のよいものは買い取ってくれるでしょう。
ただし、布団は需要が少ないため、買い取りの可能性は低いと考えておいてください。
まずは、無料見積もりを依頼してみてはいかがでしょうか。

2.古くなった布団の再生・再利用方法

「古くなった布団は捨てるしかない」と思っている人は多いでしょう。
しかし、布団は再生したり再利用したりすることも可能なのです。
布団の再生・再利用方法についてご紹介しましょう。

2-1.綿を再利用する

「布団を処分してしまうのがもったいない」という人には、布団の中に入っている綿の再利用をおすすめします。
布団の生地を切り、綿を取り出してみてください。
汚くなったり固くなったりしている部分を取り除き、綿を使ったアレンジを考えてみましょう。
たとえば、座布団やクッション、ぬいぐるみ、ペットの寝床、ベビーベッドなどとして再利用できます。
綿は手芸店で購入すると値段が高いため、布団のものを再利用すると助かるでしょう。

2-2.物資支援として寄付する

「状態は悪くないけれど使わない」という理由で不要になった布団は、海外途上国へ寄付する方法もあります。
海外に輸出する割れ物や家具の緩衝材として布団や毛布を利用することも多いのです。
ゴミとして捨ててしまう前に、何らかの形で布団を再利用することはできないか考えてみましょう。

2-3.打ち直して再生する

品質のよい綿布団は、打ち直しによって再生することも可能です。
「布団は必要だけど状態が悪くて使えない」というときに、ぜひ検討してみてください。
打ち直しとは、弾力のなくなった木綿を元に戻す「綿のリサイクル」です。
綿布団は3~5年程度で弾力が失われてしまうため、打ち直しを行うことで再生するのがおすすめ。
打ち直しをすると綿の中にあるホコリやダニの死骸をほとんど除去できます。
新品同様の布団に生まれ変わることができるでしょう。
布団の打ち直しは、布団屋さんで受け付けてもらえます。
費用は1万円前後かかりますがぜひチェックしてみてはいかがでしょうか?

3.布団を処分する際の注意点

最後に、布団を処分する際の注意点をいくつかご紹介します。

3-1.なるべく早く処分する

「捨て方が分からない」「処分するのが面倒」という理由で、いつまでも布団を押し入れに入れっぱなしにしている人も多いでしょう。
また、一昔前まで布団は大切な財産であったため、捨てるのに抵抗を感じる人もいるのです。
しかし、布団を長い間押し入れにしまっておくと湿気を吸い込んでカビが発生しやすくなります。
そうなれば健康にも影響を及ぼすことになるでしょう。
また、古い布団は真綿を使用しているため、重たいのが特徴です。
「いつか処分しよう」と思ってそのままにしているうちに年を取ってくると処分するのがより大変になってしまうでしょう。
使わない布団は、区切りをつけて早めに処分することが大切なのです。

3-2.業者選びは慎重に行う

布団の処分を不用品回収業者に依頼する場合は、業者選びを慎重に行う必要があります。
全国にはたくさんの不用品回収業者が存在しており、その中には悪質とも言える営業をしている業者も存在しているのです。
そのような業者に依頼してしまうとさまざまなトラブルに巻き込まれる可能性があるでしょう。
たとえば、見積もりにない高額な料金を請求してくる、回収した布団を不法投棄するなど、実際に起きた例はいくらでもあります。
まずは、「廃棄物収集運搬業」の許可を持っている業者かどうかを確認してください。
この許可を持たずに営業することは違法です。
さらに、事務所の所在地を明らかにしていない業者には依頼しないようにしましょう。
こういった業者は、トラブルが発生した際に居場所が分からなくなる可能性があります。
そのほかにも、以下のようなポイントに注意して業者選びを行ってください。

  • 事前に見積もりを出してくれる
  • 見積書の内容が明確である
  • スタッフの対応が丁寧である
  • トラックや作業服に業者名のロゴが入っている
  • 電話番号が固定電話のものである

また、実際にその業者を利用したことのある人たちの口コミや評判を参考にするとよいでしょう。
インターネットで検索すればすぐに見つけることができるはずです。
いずれにしても、最初から1社に絞ることはやめた方がよいでしょう。
複数の業者に無料見積もりを依頼し、比較してから選ぶのがおすすめです。
そうすることで相場を知ることにもつながるでしょう。

4.まとめ

いかがでしたでしょうか。
「使わない布団が押し入れに眠っている」という人は多いと思います。
処分するのか再利用するのかを考え、ベストな方法を検討してみてください。
布団は重たくて大きなものであるため、処分に躊躇(ちゅうちょ)しているといつまでたってもそのままになってしまいますよ。

不用品・粗大ごみをどこよりも格安回収 無料見積り・相談は今すぐこちらから