大切な革ブーツをカビから守る!冬物ブーツの正しい保管方法とは?

皆さんは、冬のブーツをどのように保管していますか?
お気に入りのブーツを履こうとして、シミやカビにがっかりしたことはないでしょうか?
見た目にはきれいなブーツでも、見えない汚れは拭いただけでは取れません。そのまま保管すれば、カビやシミ、ニオイの原因になってしまいます。そこで、大切なブーツを来年も楽しむためのお手入れと正しい保管方法をご紹介!特に、高価な革ブーツは傷みやすいので、きちんとお手入れをして次のシーズンにすぐ履けるようにしておきましょう。

  1. 革ブーツのお手入れ
  2. ブーツの保管方法
  3. それでもカビてしまったら……

1.革ブーツのお手入れ

ブーツを保管するときは、さっと拭いてそのまま靴箱に眠らせる方が多いのですが、それではブーツのトラブルを防ぐことはできません。保管する前の上手なお手入れ方法をご紹介します。

1-1.汚れを落とす

ブーツは排気ガスや雨、土ぼこりなどでかなり汚れています。歩き方のクセでついたシワには特に汚れが付着。保管する前にはこのような汚れを丁寧に落としていきましょう。デリケートな革ブーツに使うおススメの道具は馬の毛ブラシ。シューキーパーを入れ、靴全体の汚れを落としていきます。シューキーパーがなければ新聞紙でも構いません。頑固な汚れは、固く絞った布で水ぶきして落とします。靴底までしっかり処理しましょう。
靴用の汚れ落としを使うとより効果的ですが、使用の際には素材に注意して選んでください。

1-2.除菌消臭対策

履いている時期に行う方も多い除菌と消臭対策。保管する前にもしっかり行います。市販の除菌スプレーを使用するのもいいのですが、素材により優しくするためには、ミョウバンがおススメ。ミョウバンは、お漬物などにも使われる食品添加物です。体に安心、安全なミョウバンを水に溶かしてスプレーすれば、高い殺菌作用で除菌・消臭対策に効果的。スーパーや薬局で購入できます。

1-3.湿気を避け・陰干し

足の裏は1日コップ3杯分の汗をかくといいます。通気性の悪い革ブーツの中は、湿気がこもりやすくニオイの原因に。そこで、ブーツの中に乾燥剤と新聞紙を入れ通気性のいいところで陰干ししましょう。乾燥剤はシリカゲルと呼ばれるもので、製菓材料を販売しているところで購入できます。中が湿ったままだと、雑菌の繁殖でカビの原因にもなりますのでしっかり行いましょう。

1-4.クリームや防水スプレーを使う

革製品の美しいツヤ出しを保護するため、クリームやオイルを塗ります。布で乾(から)拭き、使い細かいところまで磨き上げましょう。量が多いとカビの原因や靴の素材に負担となりますので注意してください

2.ブーツの保管方法

お手入れが終わったら、ブーツを保管します。
革ブーツ、特に女性のロングブーツは型崩れしやすいので、ブーツキーパーを必ず利用しましょう。購入したときに入っていたものを捨てずに利用してもいいです。ない場合は、新聞紙を丸めて使いましょう。新聞紙は、靴下に入れて使うとインク移りを防げます。

2-1.通気性を考えて保管する

お手入れのときにも使用した湿気取りの乾燥剤を、保管するときにも使います。ブーツの中だけではなく、保管する箱や袋にも乾燥剤を入れましょう。購入したときの箱を使うより、通気性のいい薄い不織布に包んで保管してください。箱で保管する場合は、保管している期間に数回箱を開けて湿気対策を行います。雑誌を丸めて入れる人もいますが、雑誌の表紙は通気性が悪いので、おススメできません。保管する場所も大切で湿気の少ないところに置くようにしましょう。市販のブーツ専用ハンガーを使うのもおススメです。風通しを良くするために、紐(ひも)ははずして保管してください。

3.それでもカビてしまったら……

十分なお手入れをしてもカビてしまった場合、ほかの靴にカビが移らないようにカビの除去を試しましょう。
スムース素材のブーツなら低刺激のアルコールで拭いて取れることもあります。頑固なカビやスエード素材のブーツは専用のクリーニングが必要になるでしょう。クリーニング費用は靴の種類にもよりますが、3000円~1万円と幅が広く状態によっても変わってきます。クリーニング期間に数週間を要することもありますので、あまりにひどい汚れの場合、処分することも検討しましょう。履かなくなった靴やブーツは、自治体のゴミに捨てるか、家の不用品とまとめて不用品回収業者へ依頼するのがおススメです。

4.まとめ

いかがでしたでしょうか?今日は、ブーツのお手入れの仕方と正しい収納方法をご紹介しました。上手なお手入れと正しい保管方法を実践すれば、お気に入りのブーツを長く楽しむことができます。プレゼントでもらったブーツ、奮発して購入したブーツをできるだけ状態よくキープするには、保管時だけではなく、日頃からお手入れすることが大切です。特に雨の日に履いた場合は、ご紹介したお手入れ方法で必ずケアしてください。濡(ぬ)れた状態はカビやシミの原因になります。大事なブーツを長く履き続けられるよう丁寧にお手入れしてあげましょう。

不用品・粗大ごみをどこよりも格安回収 無料見積り・相談は今すぐこちらから