買い替え時期に悩むビデオカメラ。寿命が近いと起こる故障内容

ビデオカメラは、子どもを持つ家庭では大活躍するもの。家族の思い出と旅行の記憶を残しておくのに最適ですよね。イベントには必ず持参する方も多いことでしょう。
ビデオカメラは、いつか寿命を迎える家電製品の1つ。突然壊れて動かなくなったら、誰もが慌ててしまうはずです。特に大切なイベントを控えているときに、ビデオカメラが寿命を迎えてしまうのは困りもの。
ビデオカメラは、壊れる前に買い替える方が理想的。寿命が近くなると起こりやすい症状や買い替えのタイミングについて考えていきましょう。

  1. ビデオカメラの寿命
  2. ビデオカメラの寿命が近いと起こる故障内容
  3. ビデオカメラの処分方法
  4. まとめ

1.ビデオカメラの寿命

家電製品は、丁寧な使い方をしてメンテナンスをきちんと行うと、寿命は長くなるといわれています。しかし、使っているうちにさまざまな不具合が発生し、寿命を迎えるはずです。

1-1.5〜6年が目安

機種やメーカーにより異なりますが、ビデオカメラの寿命は一般的に5〜6年が目安だとされています。長く使えるケースもありますが、5年を経過すると不具合が発生しやすくなるのです。
起動しなくなる・画像が乱れる・突然電源が切れてしまうなどの異常が起こりやすくなります。

1-2.寿命を縮める原因

使用環境や使用頻度により、ビデオカメラの寿命の長短は変わってきます。使用しない期間が長いと、バッテリーの寿命が短くなる傾向があるのです。定期的に使うようにすれば、バッテリー消耗を回避することができます。予備で持っているバッテリーも、定期的に使うように心がけましょう。
通気性のいい状態を保(たも)ち、乾燥剤を入れて保管するのがおすすめです。

1-3.買い替えのタイミング

ビデオカメラの買い替えは、寿命が来てからでは遅すぎます。多くのメーカーがビデオカメラの機能を2年おきに変えているため、寿命だとされている5年前のビデオカメラだと性能や画質などに大きな差が出てくるのです。
より美しい画質を求めて、新機種発表のタイミングを考える方も増えています。最近のビデオカメラは小型化・軽量化され、より撮影しやすいものに買い替えたいと考えるのです。
また、ビデオカメラの部品の保有期間は短く、5〜6年前のものは残っていないことも多くあります。修理したくてもできず、買い替えを検討するきっかけになるでしょう。

2.ビデオカメラの寿命が近いと起こる故障内容

ビデオカメラを長く使っていると、さまざまな不具合が起こり始めます。寿命が近いサインを出している故障内容もあるので、ぜひ参考にしてみてください。

2-1.バッテリーの接触不良

バッテリーは劣化しやすい部品であり、ビデオカメラの命ともいえます。バッテリーの電極部分の接触が悪くなり、電源が入らない不具合が発生する故障が増えるでしょう。
バッテリーが故障しやすい原因は、出し入れする回数が多いため。バッテリー本体がぐらぐらして、安定しない状態になることも珍しくありません。
充電に時間がかかる・消費が激しいという症状で気づくこともあります。
接触部分に問題がある場合、バッテリーの買い替えをするべきです。しかし、バッテリーは2年以上経過してから故障するケースが多く、ビデオカメラの性能が飛躍的に向上していることがほとんど。ビデオカメラごと買い替える方がいいでしょう。

2-2.画像の荒さ

録画は問題なくできても、実際に視聴すると画像が乱れているケースも多いのです。ひどくなると、画像が流れなくなってしまいます。大切な思い出を残すことができないのは、とても残念ですよね。
画像の荒さを放置しておくと、どんどん故障が悪化し、ほかの不具合に発展することもあります。まれに、レンズの汚れが原因で画像が荒れることもありますが、レンズをきれいに掃除しても変わらないようなら、買い替えのタイミングだと捉(とら)えるべきでしょう。

2-3.電源が落ちる

近年流通しているビデオカメラの多くは、高温にならないよう自動的にシャットダウンする機能を備えています。真夏・炎天下などの高温状態になると、ビデオカメラを保護するために自動的に電源を切るのです。
しかし、シャットダウン機能を備えていないのにもかかわらず、撮影中に電源が落ちるようになれば、寿命が近いと起こる故障でしょう。

2-4.タッチパネルの異常

液晶画面のトラブルも増えています。液晶画面がタッチパネルで操作できるようになりました。タッチパネルは便利な機能です。しかし、タッチパネルが動かないのは、ビデオカメラの使用には支障が出てきますよね。使用期間が長くなると、反応が悪くなってしまうはずです。
タッチパネルを修理すると2〜3万円の修理代が必要。高額な修理代金を支払うより、性能がアップしたビデオカメラに買い替えた方が安心でしょう。

3.ビデオカメラの処分方法

新しく買い替えを検討している方は、今まで使っていたビデオカメラの処分をどうすべきか悩むこともあるでしょう。
古くなったビデオカメラはまだ使えるうちに売却して買い替える方がおすすめ。価値が少しでも残っていれば、買い取りしてもらえることもあります。

3-1.家電量販店の下取り

家電量販店では、下取りサービスを行っています。新しいビデオカメラの代金から差し引く形で下取りしてもらえるため、手軽に処分できて、購入費用を補えるメリットもあるでしょう。
しかし、家電量販店の下取りサービスには注意してください。ほとんどの場合、予想していた下取り価格に届きません。新規購入にばかり気持ちが向いてしまいがちですが、下取り価格があまりにも低いようなら、別の方法で売却する方がいいでしょう。

3-2.メーカーに引き取りを依頼

ビデオカメラのメーカーでも、引き取りを行っています。処分できるか問い合わせてみるといいでしょう。
ただし、送料や処分費用を負担しなければならないため、費用負担が大きくなるデメリットもあります。

3-3.不用品回収業者に依頼

不用品回収業者では、ビデオカメラの処分および買い取りを行っています。年式が新しいほど価値が高くなり、下取りより高額で買い取りしてもらえることも少なくありません。無料で見積書を出してもらえ、自宅まで引き取りに来てもらえます。
買い取りには、箱・取り扱い説明書・付属ケーブルをセットしておくようにしましょう。

4.まとめ

ビデオカメラの寿命についてご紹介しました。

  • ビデオカメラの寿命
  • ビデオカメラの寿命が近いと起こる故障内容
  • ビデオカメラの処分方法

ビデオカメラの寿命は、5〜6年が一般的。5年を経過すると、さまざまな不具合が増えてきます。
バッテリーの接触不良・画像の荒さや乱れ・ 電源が落ちる・タッチパネルの異常がある場合、寿命が近い故障だと捉(とら)えておきましょう。
買い替えを検討している方は、ぜひ参考にしてみてください。

不用品・粗大ごみをどこよりも格安回収 無料見積り・相談は今すぐこちらから