捨てられずに物が散乱する悪循環を断つ!部屋を整理整頓するコツ

物が散乱した部屋に暮らす人は、頭の中も整理されていない状態にあるケースが目立ちます。何がどこにあるかわからない・使いたいときに物が見つからない・片付けようと思っているけれどやる気が起きないなど。散らかった部屋で過ごすことに慣れてしまうと、何が問題なのかわからず感覚が麻痺(まひ)してしまうようになります。
部屋は突然の来客にも対応できるよう、常にきれいな状態を維持しておきたいですよね。家の設備に問題があっても、物が散乱した部屋に業者を招き入れることにも抵抗を感じることもあります。
複数の部屋がある場合、1つ1つをどうやって片付けていくかも課題。片付けが苦手な人は、整理整頓のコツがわからず戸惑うことも多いでしょう。
1度にすべてを片付けようとすると、かえって散らかる原因にもなりかねません。子供部屋・クローゼット・押し入れなど、使用頻度が高い順に使いやすく分別していくことが望ましいでしょう。
どこから手をつけていいかわからない場合、片付け上手な友人や専門業者に依頼し、アドバイスを仰ぐのもおすすめです。

  1. 部屋を整理整頓するコツ
  2. 部屋が散らかってしまう原因
  3. きれいになった部屋を維持していく方法
  4. まとめ

1.部屋を整理整頓するコツ

家は、リラックスするための大切な空間です。くつろぎたいけれど物が散乱していて、何だか落ち着かない。郵便物や雑誌も溜(た)まっていて、憂鬱な気分になってしまう方も少なくありません。
部屋の整理整頓は一気にやろうとせず、優先順位をつけて始めといいでしょう。部屋を整理整頓するコツをご紹介します。

1-1.目につきやすい場所から始める

目につきやすい場所から片付けを始めるといいでしょう。なるべく大きなスペースを先に終えれば、達成感を抱くことができます。片付けられたという達成感は、片付ける意欲向上のきっかけ作りにぴったりです。

1-2.思いきって捨てる

普段は使わないけれど、いつか使うかもしれないから保管している物はありませんか?物であふれた部屋に暮らす方のほとんどは、物を捨てられないケースが多いのです。整理整頓するコツは、断捨離の精神を心がけて臨むこと。
思いきって物を処分すれば、すっきりとした部屋に戻すことができるでしょう。

1-3.スケジュールを立てて取り組む

部屋の片付けは面倒で、挫折することもあるでしょう。やらなければと思っていても、自分に言い訳をつけてサボる人もいます。
効率よく片付けるためには、スケジュールを立てて取り組むようにしましょう。一気にやらず、1日目はリビング・2日目は寝室・3日目は押し入れなど、無理なくこなすことができるスケジュールを立ててください。

1-4.理想の部屋をイメージする

人は、目標を持つとやる気になります。インテリア雑誌やインターネットなどで憧れの部屋を探してみましょう。
自分が住みたい部屋を具体的にイメージすると、部屋の模様替えを兼ねてリフレッシュした空間を作ることが可能です。はっきりした考えを持たないまま進めるより、自分の中でも明確な目標を掲げて整理整頓することができます。

1-5.子供が片付けたくなる部屋作り

子供部屋は散らかりやすいポイントです。おもちゃが散乱して足の踏み場もない。誰もが経験することでしょう。
子供は何でも遊びに変えてしまう天才です。楽しく片付けができるように工夫してみてください。子供目線で収納を見直し、出し入れしやすい環境を作ってあげましょう。
片付けることが楽しいと感じるようになれば、自然に片付けることが身につきます。おもちゃで遊んだら、仕舞(しま)うまでが遊びであることを教えてあげてください。

2.部屋が散らかってしまう原因

物が散乱して片付けられない部屋を「汚部屋」と呼ぶほど、他人からは敬遠されてしまう傾向があります。特に片付けが苦手な女性は、大きなイメージダウンにもつながるマイナス要因です。
自分の服装や容姿にはこだわりを持っていても、部屋は片付いていないのは人格すら疑われてしまうこともあるでしょう。
部屋が散らかってしまう原因をご紹介します。あてはまる物があれば、環境を見直すきっかけにしてみてください。

2-1.物を捨てられない

部屋が散らかる原因は、やはり物を捨てられずにいることです。読み終えた雑誌・1年以上着ていない服・コレクションした品など、不用な物まで残しておく傾向があります。
思い出が詰まっている・もったないという理由を述べる人がほとんどです。しかし、物を捨てられない人に多いのは、持っていることを忘れてしまって、同じような物を買い足してしまうこと。
捨てずに次の物を買い足しては、どんどん物があふれてしまい、悪循環を繰り返します。断捨離を行い、心も部屋もリフレッシュしてみるとすっきりできるでしょう。

2-2.収納を上手に使えていない

多くの方は、クローゼットや押し入れがあるにもかかわらず、上手に活用できていないのが現実です。衣類を詰め込んでいる・分別せずに押し込んでいる・不用な物を置くスペースに変化しているなど、本来の使い方がなされていないケースが目立ちます。
クローゼットや押し入れは分類し、取り出しやすい収納に見直しましょう。取り出しやすく仕舞(しま)いやすいことは、使いやすさアップにつながります。

2-3.部屋が散らかることを気にしない

汚い部屋に慣れてしまうと、感覚がどんどん麻痺(まひ)していく傾向が強いはず。片付けられない人の中には、掃除すらしないという人も多くいるほど、環境整備に関心が少ない問題があります。
使った物は元に戻さず放置し、こまめに片付けようとしません。こまめな掃除という小さな行為を積み重ねるだけで、部屋をきれいに保(たも)つことができるはずです。

3.きれいになった部屋を維持していく方法

すっきり片付くと、達成感でいっぱいになりますよね。時間と手間をかけて整理整頓した環境は、普段の何気ない行動で維持していくことが可能です。
毎日就寝前に部屋をリセットする時間を作ってみてください。出しっぱなしの物・脱ぎ捨てた服・遊び終わったおもちゃなど、1日の終わりに元の場所に戻すように意識してみましょう。
日々の小さな積み重ねが部屋をきれいに維持していく方法です。きれいな部屋を再び汚部屋に戻すことがないよう、毎日努力を続けることが大切でしょう。

4.まとめ

部屋を整理整頓するコツをご紹介しました。

  • 部屋を整理整頓するコツ
  • 部屋が散らかってしまう原因
  • きれいになった部屋を維持していく方法

物が散らかる原因は、使わない物まで溜(た)め込んで捨てられないことにあります。思いきって捨てることも大切です。
部屋の整理整頓は一気にやるより、スケジュールを立てて取り組むといいでしょう。 1部屋終えるごとに達成感が増していき、やる気アップにもつながります。
片付いた部屋をきれいな状態で保(たも)つためには、毎日就寝前に出しっぱなしの物を元に戻す習慣をつける方法がおすすめです。

不用品・粗大ごみをどこよりも格安回収 無料見積り・相談は今すぐこちらから