家電を安く買いたい人は必読!家電を安く買うコツ決定版!

家電は、日常生活を豊かで便利に送るための必需品ですが、できるだけ安く買いたいと思うのは当然です。
そこで今回は、家電をできるだけ安く買うコツをご紹介しましょう。

  1. 知っている人だけが得をする!家電を安く買う方法とコツ!
  2. 実店舗購入とネット購入ではどっちがお得?
  3. 不要になった家電の処分方法はこうする!
  4. まとめ

家電をできるだけ安く買いたい人は、この記事をぜひ読んでくださいね。

1.知っている人だけが得をする!家電を安く買う方法とコツ!

家電を安く買う方法は、知っている人だけが得をするものです。
それでは、少しでも家電を安く買う方法とコツについてご紹介しましょう。

1-1.雨の日を狙って出かける

家電を安く買うのなら、雨の日を狙って出かけると良いでしょう。
雨の日は、客足がどうしても鈍り、売上金額が落ちてしまうもの。
そのため、家電販売店では数少ない来店客を逃すまいと必死になるために、値下げ交渉が成功しやすいのです。
梅雨の時期など、雨の多い時期も狙い目でしょう。

1-2.いきなり値下げ交渉をしない

お目当ての家電を見るとすぐに、「いくらまで安くなるのか」といきなり交渉に入る人がいます。
ですが、安く買いたいのなら、いきなりの値下げ交渉は賢明ではありません。
店員側としても、客から値下げ交渉をされるのは慣れていても、心情的にあまり良くないからです。
まずは、店員の話やおすすめ内容などを聞き、タイミングを計りましょう。

1-3.価格交渉は社員かつ上の立場の人と行う

アルバイトや派遣社員など、値引き決定権を持たない店員に交渉しても、あまり成果が合が上がらないでしょう。
なぜならば、彼らは家電を販売することが主な仕事であり、値下げ決定権は与えられていないことが多いからです。
アルバイトや派遣社員である店員に聞いても、多くの場合で「上の者に聞いてきます」と言われて手間がかかるだけ。
始めから社員かつ上の立場にある店員と直接交渉を行う方が、割引率も高いでしょう。

1-4.ほかの客が周りにいない状況で交渉する

値下げ交渉をするには、ほかの客が周りにいない状況で行うのがベストです。
もしも、皆さんに値下げを了承したときに周りに客がいれば、その客にも同じように値下げする必要があるでしょう。
店側としては、値下げは利益の減少になるのですから、できるだけ行いたくないのです。
家電を安く買うためにも、周りの客が引いたところで、静かに交渉に入りましょう。

1-5.他店で提示された価格を見せる

特定の店で購入すると決めていても、できるだけ多くの店を回って交渉しましょう。
他店で提示された価格が切り札となって、より安く買える可能性を高めるからですね。
実際に他店で提示された価格ほど、店員への強い切り札はありません。
家電を少しでも安く買いたいのなら、手間を惜しまないことです。

1-6.クレジットカードではなく現金で購入する

クレジットカードを使用することは、店側の利益を減らすことになります。
客側としては便利なクレジットカード利用も、店側からすれば一定の手数料をクレジットカード発行会社に支払わなくてはなりません。
つまり、店側としてはクレジットカードを使用されるよりも現金での購入を望むのです。
より大きな値引きを期待するのなら、現金で購入する方が確実ですし、現金で買う予定であることを伝えた上で交渉しましょう。

2. 実店舗購入とネット購入ではどっちがお得?

家電を購入する際に、実店舗で購入する場合とネットで購入する場合とでは、どちらがお得なのでしょう。
価格の安さについては、トータルのサービス内容を見てから比較する方が良さそうです。

2-1. 価格を重視ならネット購入の方が安い場合が多い

単に価格の安さだけを見ると、ネット購入の方が安い場合が多く見られます。
ネットでの家電販売は、人件費などのコストダウンがしやすく、その分価格を抑えることがしやすいからでしょう。
予算がシビアで価格の安さを最重視している場合は、ネットでの情報収集も欠かさないことです。

2-2.保証内容やアフターサービスが充実したところを選ぼう

ただし、価格を比べる場合は、保証内容やアフターサービスも含んで考えなくてはいけません。
保証内容やアフターサービスが充実している上で、価格も安いところを探しましょう。
良心的なネット家電販売業者ならば、トータルで考えてもかなり安く購入できますよ。

3.不要になった家電の処分方法はこうする!

新しい家電を購入すると、不要になった家電の処分方法を考えなくてはなりません。
ここでは、古い家電の処分方法をいくつかご紹介しましょう。

3-1.不燃ごみや粗大ごみとして処分する

最もシンプルな処分方法は、古くなった家電を不燃ごみや粗大ごみとして出すことです。
家電の大きさや種類によって、不燃ごみで良い場合と、粗大ごみ扱いになる場合とに分けられますから、自治体の指導に従ってください。
壊れていたり、再利用できなかったりする場合は、この方法が現実的でしょう。

3-2.知り合いに譲る・フリーマーケットで売る

もしも、まだ十分に使える状態ならば、知り合いで欲しがっている人に譲ると良いでしょう。
他にも、フリーマーケットで売ったりする方法もあります。
ただし、自分で運ぶ手間などもありますから、現実的には電子レンジ程度までの、小さい家電の処分に限られそうですね。

3-3.新しい家電を購入時に引き取りを依頼する

実は、新しい家電を購入したタイミングが、古い家電を処分するチャンスです。
冷蔵庫・洗濯機・エアコンなどの大型家電の場合は、購入特典として店側が引き取りサービスを行っていれば検討してみてください。

3-4.不用品回収業者に回収を依頼する

最もおすすめの方法は、不用品回収業者に不用品の回収を依頼することです。
不用品回収業者を利用すれば、自分たちで不用品を処分する手間がかかりません。
それに、不用品を運び出すための時間も大幅に短縮できるでしょう。
また、リサイクルする価値のある物については、買い取ってもらうことも可能。
つまり、不用品を処分する手間や時間を短縮できる上に、リサイクル可能な物があれば買い取ってもらえるというメリットがあるのです。
事務所の移転は、ただでさえやることが多くて時間も足りなくなりがち。
不用品回収業者に回収を依頼することを、積極的に検討しましょう。

4.まとめ

今回は、家電を安く購入する方法についてご紹介してきました。
それでは、ここでもう一度、ご紹介したコツについてまとめておきますね。

  • 家電を安く買う方法やコツを覚えて実行する
  • 実店舗購入とネット購入では価格の安さ以外も比較する
  • 不要になった家電の処分方法を検討しておく

この記事に書いてあることを頭に入れて、お目当ての家電を安く購入してください。

不用品・粗大ごみをどこよりも格安回収 無料見積り・相談は今すぐこちらから