お守り・お札の捨て方について~処分するタイミングや注意点~

神社やお寺でもらうお守り・お札は私たちを守ってくれる大切なものです。
ずっと大切に持っている人はいますが、お守りの効果はおよそ“1年間”と言われています。
1年以上経過しているお守りは正しい方法で処分しなければなりません。
そこで、お札・お守りの捨て方や処分する時期、処分する際の注意点について説明します。
大切なお守り・お札だからこそ、ゴミ箱に捨ててはいけません。
正しい方法で処分していきましょう。

  1. お札・お守りの捨て方
  2. お札・お守りを処分する時期
  3. 処分する際の注意点
  4. まとめ

1.お札・お守りの捨て方

神社や寺でもらうお札・お守りの処分方法は困るものです。
ゴミ箱に捨てても良いのかどうか、神聖なものだから特別な処分方法になるのでは…といろいろと考えるでしょう。
そまつに扱えないものなので、正しい捨て方を知ることが大切です。
では、これからお札・お守りの捨て方をご紹介します。

1‐1.神社の「返納所」に持ちこむ

お守りの効果が切れる期間はおよそ「1年」です。
1年以上持っていても意味がないので、1年ごとに処分していきましょう。
お守りは、基本的に神社の「返納所」へ持ちこみます。ほとんどの神社には「返納所」という場所があるでしょう。
お守りを販売している神社であれば、必ずあるものです。返納所は古いお守りを返す場所になります。
神社の返納所は、期限がすでに過ぎているお守りでも持ちこむことができるので安心です。
また、お守りを扱っている神社なら信頼して処分できるでしょう。
地元の神社や寺に返納所があるかどうか確認してください。
基本的にお守りの期限は1年になりますが、中には無期限のお守りもあるようです。
特に、七五三でもらうお札やお守りは期限がありません。「子どもの成長」を願うものなので、一生手元に置いても良いでしょう。

1‐2.どんど焼きで処分する

主な捨て方は「神社」や「寺」に持ちこむ方法ですが、「どんと焼き」で焼く方法もあります。
どんと焼きは1月15日、小正月に実施する火祭り行事です。
多くの人が正月に使ったしめ縄や松飾り、書ぞめなどを持ち寄り、ひとまとめにして燃やします。
日本全国の神社や寺で実施しているので、住まいの近くでやっている可能性はあるでしょう。
基本的に、お守りは神社に返す形で処分します。
火で焼く方法は厳禁になっているのです。
しかし、どんと焼きの火は使用したものを神さまに返すための行事なので、お守り・お札を焼いても良いことになっています。
神社・寺によってはNGになっているケースもあるので注意してください。

1‐3.自分で処分する場合は“塩”をかける

お炊きあげの火であれば、お札・お守りを焼いて捨てても構いません。
しかし、近くの神社・寺でお炊きあげをしていない、どんと焼きがないとなれば自分での処分を考えるでしょう。
基本は、神社・寺関連での処分になりますが、自分で処分することも可能です。
ただし、自分で処分する場合は“塩”をかけてください。
使用する塩でも“粗塩”を使いましょう。
粗塩はおはらいやお清めするときに使う塩です。使用してきたお札やお守りに粗塩をひとつまみかけて、新聞紙などにつつんでください。
そして、ゴミ箱に捨てましょう。処分するときは“感謝の気持ち”をこめてくださいね。感謝の気持ちで処分すれば、気持ち良く捨てることができます。

不用品・粗大ごみをどこよりも格安回収 無料見積り・相談は今すぐこちらから