ガスボンベの正しい処分方法とは?缶に穴を開けてはいけないの?

冬の料理といえば、鍋料理。
食卓にカセットコンロを出して、鍋を楽しむおたくも多いでしょう。
ところで皆様、カセットコンロの燃料のガスボンベはどのように処分されていますか?
そこで、今回はガスボンベの処分方法をご紹介しましょう。
ガスボンベをそのまま捨ててはいけない、と理解している方は多いと思います。
しかし、ガスが余っているボンベに不用意に穴を開けると、かえって危険なのです。
では、どうすればよいのでしょうか?
答えはこの記事を読めばわかりますよ。

  1. ガスボンベは穴を開けてはダメって本当?
  2. 中身が残ったガスボンベの正しい処分方法とは?
  3. ガスボンベの寿命はどのくらい?
  4. ガスコンロは使い方に気をつける
  5. おわりに

1.ガスボンベは穴を開けてはダメって本当?

ガスボンベは、液状になったガスが詰まった製品です。
これをカセットコンロにセットすれば、どこでも煮炊きができます。
ガスボンベはコンロの火を全開にして、約1時間燃焼するだけのガスが詰められているのです。
一般家庭で鍋物を使用する際に使う程度ならば、ひと冬に2~3本あれば十分でしょう。
使いかけのガスボンベは、そのまま保存しておくこともできます。
しかし、缶が腐食していたり口が目詰まりしていたりするものは、そのまま使うのは危険です。
処分したほうがよいでしょう。
少し前まで、中身の入っているガスボンベは、穴を開けてから出すというのが常識でした。
ホームセンターでは、缶に穴を開ける専用の道具も売っていたのです。
しかし、ガスボンベに入っているガスは、引火性があります。
不用意に穴を開ければ火災や爆発事故の原因になるでしょう。
今は、ガスボンベを製造している会社は、ほとんどが製品に穴を開けることをやめるようにホームページなどで呼びかけています。
では、中身が残っているガスボンベを処分するにはどうすればよいのでしょうか?
それを次の項でご紹介します。

不用品・粗大ごみをどこよりも格安回収 無料見積り・相談は今すぐこちらから