炊飯器の寿命は何年?寿命が近くなると起こる故障内容や処分方法

日本人にとって主食となるお米は「炊飯器」がなければ食べることができません。
炊飯器は家庭に1台必ずあると言っても良い家電です。
炊飯器が急に故障したら困ってしまいますよね。
そこで、炊飯器の寿命は何年か、寿命が近くなると起こる故障内容、古い炊飯器の処分方法について説明しましょう。
効率的に炊飯器を買い替えるためにも寿命を知ることは大切です。

目次

  1. 炊飯器の寿命は何年?
  2. 炊飯器の寿命が近いと起こる故障内容
  3. 炊飯器の処分方法
  4. まとめ

1.炊飯器の寿命は何年?

家電にはそれぞれ寿命があります。
しかし、○年に必ず壊れるとハッキリしているわけではありません。
メーカーも寿命はハッキリ表示していませんが、平均寿命について把握しておきましょう。
故障する前に買い替えるためにも必要な知識です。

1‐1.炊飯器の平均寿命はおよそ6年

ご飯を食べるために必要不可欠な炊飯器の寿命はいったい何年になるのでしょうか。
炊飯器の平均寿命はおよそ「6年」です。
しかし、必ずしも6年以内に壊れるわけではありません。早く壊れる人もいれば、6年以上ずっと使い続けている人もいます。
買い替えの参考にしてほしい目安は「6年」だと思ってくださいね。
なぜ6年かと言うと、炊飯器の製造完了後に関係しています。
家電には部品の保有期間が決まっているのを知っているでしょうか。
炊飯器の部品保有期間が6年になっているのです。
製造完了後6年以内は部品が手に入りますが、6年以降は手に入りません。修理したくてもできない状態になってしまいます。

1‐2.使用頻度や使い方によって変わる

炊飯器の平均寿命はおよそ6年になっていますが、使用頻度や使い方によって変わります。
間違った使い方をすればするほど寿命は短くなるものです。
また、定期的な手入れも必要不可欠になります。
同じ炊飯器を長く使い続けたいなら定期的なお手入れが大切なポイントですよ。
手入れをしている人は6年以上炊飯器を使い続けています。
正しい使い方をしているかどうか、取り扱い説明書を読んで確認してください。
新しい炊飯器に買い替えた際は、正しく使っていきましょう。
寿命はあくまで人の使用頻度・使い方によって変わることを頭に入れておいてくださいね。

1‐3.使用年数が短くても壊れるケース

炊飯器の中には買ったばかりでもすぐに壊れるケースがあります。
買い替えるべきか、それとも修理かで悩む人は多いでしょう。
購入してから6年以内の場合は部品を取り寄せて修理に出したほうがお得です。
しかし、6年以上経過している炊飯器の場合は買い替えたほうが効率的でしょう。
たとえ、修理に出したとしても修理している間は代用の炊飯器でご飯を炊かなければなりません。
家庭環境や自分の状況を踏まえつつどちらにするのか選択してくださいね。
買い替えか、修理かで悩んでいる人は「使用年数」を参考にしましょう。
また、何が原因で故障したのかメーカーに問い合わせるのも1つの方法です。

2.炊飯器の寿命が近いと起こる故障内容

2‐1.きちんとご飯が炊けなくなる

炊飯器の寿命が近くなるとどのような症状が起こるのでしょうか。
現在、炊飯器の調子が悪い人は当てはまる症状があるかどうか確認してください。
寿命が近いと起こる症状は主に「ご飯が炊けなくなること」です。
いつもはキレイにご飯が炊けていたのに、いつの間にか炊き方がおかしくなっていませんか?
炊き方がおかしくなるのは炊飯器に異常が起こっている証拠です。
正常に機能が働いていないことになるため、ご飯が硬い、やわらかいなどバラバラになってしまいます。
おいしいご飯が炊けなくなるのは嫌ですよね。毎日の食事が楽しくなくなるでしょう。おいしいご飯を食べたいからこそ、ご飯の炊き方がおかしくなったら買い替えを検討してください。

2‐2.変なニオイや音が発生する

炊き方がおかしくなるだけでなく、変なニオイや音が発生するのも故障内容の1つです。ご飯を炊いている最中、変な音が聞こえていませんか?
いつもとは違う異音が発生している場合、異常が起きている可能性は高いです。
部品の故障、または劣化が原因になっているでしょう。
また、異音だけでなく変な“ニオイ”も発生します。
炊いているときはとても良いお米の香りがするものです。
しかし、良い香りではなく変なニオイが出ていると炊飯器に異常が起こっているあかしになります。
変なニオイがご飯につく可能性もあるのでおいしくないです。
「変なニオイ・音がしているな…」と思っている人は、メーカーに1度問い合わせてください。

3.炊飯器の処分方法

3‐1.不用品回収業者を利用する

炊飯器を新しいものに買い替えたとき、悩んでしまうのが古い炊飯器の「処分方法」です。
自治体で処分しても良いかどうか、何ごみになるのか悩みの種は尽きません。
ほとんどの自治体では「粗大ごみ」として炊飯器を捨てることができます。
自治体によってルールが異なるため、必ず確認しなければなりません。
しかし、粗大ごみで処分する際は「回収指定場所」まで運ぶ必要があります。
わざわざ自分たちで運ぶのが面倒…と感じている人は「不用品回収業者」に依頼してください。
不用品回収業者は自宅まで不用品を回収しにきてくれるのです。わざわざ運ぶ必要はありません。捨てたいときにすぐ捨てることができるでしょう。
「不用品回収業者に依頼すると高い…」と思う人は多いです。しかし、業者の中には低価格で回収しているところもあります。
低価格で回収してもらえるかどうか、最低でも3社~4社の業者を比較してください。
比較することで優良業者と悪徳業者を見極めることができますよ。
自分にとって信頼できる業者を選びましょう。

3‐2.「無料見積もり」を利用する

不用品回収業者のホームページから「無料見積もり」サービスが利用できます。
無料見積もりは回収費用がどのくらいになるのかいち早くわかるシステムです。
いきなり依頼するのはちょっと…と思っている人は無料見積もりを利用してください。事前に見積もりが把握できれば安心して依頼できるでしょう。
また、まだ使える炊飯器であれば回収しないで買い取りをしてくれる業者もあります。買い取りをしてくれるなら処分費用もかかりません。
処分と同時にお金を得ることができるので一石二鳥ですね。
買い取りしてもらえるかどうか業者に問い合わせてみてはいかがでしょうか。

4.まとめ

炊飯器の寿命は何年か、炊飯器の寿命が近いと起こる故障内容、炊飯器の処分方法について説明しましたが、いかがでしたでしょうか。
炊飯器が仕えなくなってしまうと生活に困りますよね。
できるなら故障する前に買い替えをしておきたいものです。
効率的に買い替えをするには寿命や故障内容について把握しておきましょう。
基本的に、6年以上使い続けている炊飯器は買い替えのタイミングだと思ってくださいね。

  • 炊飯器の平均寿命はおよそ6年
  • 使用頻度や使い方によって寿命が変わる
  • 使用年数が短くても壊れるケースがある
  • きちんとご飯が炊けなくなる
  • 変なニオイや音が発生する
  • 不用品回収業者を利用する
  • 「無料見積もり」を利用する

以上のポイントはとても大切です。
古い炊飯器は不用品回収業者に回収してもらいましょう。
ほかにも不用品があれば一気に処分したほうがお得です。
お得に処分するためにもまとめて不用品の回収を依頼してくださいね。
効率的に炊飯器を処分しましょう。

不用品・粗大ごみをどこよりも格安回収 無料見積り・相談は今すぐこちらから