車の安全はタイヤから!タイヤの寿命と交換時期とは?

自動車の安全運行のためにもタイヤの寿命を知ることは大切です。

タイヤの寿命を知ることは、安全運転にとって欠かすことのできない大切な情報になります。

タイヤの寿命は運転スタイルや自動車の使用状況によって大きくことなるため、適切は寿命を知ることは非常に難しいのです。

自動車を安全に運転するために定期的にタイヤの摩耗を点検して、適切なタイミングで交換するようにしましょう。

寿命を知る方法から処分方法まで、自動車の安全に大切なタイヤについて詳しくご紹介します。

目次

  1. タイヤの寿命の目安とは
  2. タイヤを点検しよう!
  3. 車のタイヤはどうやって処分する?
  4. まとめ

1.タイヤの寿命の目安とは

1-1.タイヤの寿命を知ろう!

自動車のタイヤは消耗品であることから、寿命を知り適切に交換することが大切です。

タイヤの寿命を知るための方法についてご紹介しましょう。

【走行距離は目安にならない】

タイヤの使用頻度は走行距離によって知ることができるのですが、実は走行距離ではタイヤの寿命を知ることができません。

タイヤの走行距離に関しては3~4万kmの目安があるのですが、運転の状態によって寿命は大きくことなるため走行距離だけで寿命を判断するのは非常に危険です。

走行距離から分かる寿命の目安はタイヤの点検の目安と考えるようにしましょう。

【スリップサインを確認しよう】

タイヤには明確に寿命を知ることができる“スリップサイン”という機能が備わっています。

スリップサインはタイヤの摩耗を知るための大切な目安です。

タイヤ側面の「△」の印がある場所がスリップサインの表示箇所になります。

△印の上部に溝がない場合にはタイヤの寿命なので、交換を検討しましょう。

1-2.タイヤの種類による寿命の違い

タイヤはノーマルタイヤ、スタッドレスタイヤなど種類によっても寿命が大きくことなります。

【ノーマルタイヤの寿命】

ノーマルタイヤの寿命はスリップサインによって知ることができます。

スタッドレスタイヤに比べて機能面での寿命は長いのが特徴です。

タイヤの寿命に関しては安全性にかかわる問題であることから、定期的な点検を受けて適切な時期に交換しましょう。

【スタッドレスタイヤの寿命】

凍結路面や積雪路面での安全な走行性能が重要になるスタッドレスタイヤには“プラットホーム”で性能寿命を知ることができます。

プラットホームはタイヤの溝が50%摩耗することで現れる目印です。

溝が50%摩耗するとスタッドレスタイヤの性能は大きく低下するため交換の目安になります。

1-3.ゴムの経年劣化

タイヤは使用しない状態でも劣化して性能が低下してしまいます。

タイヤはオゾンや紫外線によって、使用しなくても劣化してしまうのです。

ゴムの劣化によるタイヤの寿命についてご紹介しましょう。

【使用開始後5年が寿命】

タイヤは経年劣化が起こるため、スリップサインやプラットホームが現れなくても5年後には機能的な寿命になります。

ゴムの劣化は、見た目で判断するのが難しいので注意が必要です。

使用開始から5年経過したタイヤは、安全運転のためにも交換を心がけましょう。

【製造後10年経過したタイヤは交換】

使用していないタイヤでも、製造後10年が経過すると劣化によって機能低下してしまいます。

製造後10年経過したタイヤを購入するような機会はあまりないとは思いますが、タイヤは使用しなくても劣化することを覚えておきましょう。

【タイヤの適切な保管場所】

タイヤは熱や紫外線によって劣化します。

タイヤを保管する場所は温度の上がらない暗所で保管しましょう。

2.タイヤを点検しよう!

2-1.定期点検をしよう

タイヤの定期点検といっても自分でできる範囲でも十分に効果があります。

タイヤの寿命を知るための点検についてご紹介しましょう。

【スリップサインをチェック】

スリップサインはタイヤの寿命を簡単に知ることのできる指標になります。

スリップサインは6カ所あり1カ所でもスリップサインが現れた場合にはタイヤの寿命です。

スリップサインはタイヤの寿命の最終ラインなので、スリップサインが現れる前にタイヤは交換しましょう。

【ひび割れをチェック】

タイヤは劣化することで柔軟性を失いひび割れになって現れます。

ひび割れはタイヤの劣化による寿命の目安です。

2-2.劣化が現れたら交換しよう

タイヤは安全運転に影響のある消耗品です。

タイヤに劣化の兆候が現れた場合には、早めにタイヤ交換を心がけましょう。

【タイヤの劣化の原因】

  • 低い空気圧

空気圧が低い状態で走行することはタイヤに大きな負担がかかります。

特に高速運転で大きな負担になるので、空気圧はこまめに確認するようにしましょう。

  • 日光によるゴムの劣化

ゴムは日光と熱によって劣化します。

露天駐車場を利用している場合にはタイヤの劣化も早くなるので注意が必要です。

  • 頻繁なタイヤ洗浄

タイヤには表面の劣化を防ぐための薬品を含んでいます。

一見、汚れのように見えるのですが、実はタイヤの表面を保護するための成分なのです。

タイヤの洗浄を頻繁に行うことで、大切な保護成分を落としてしまうことになります。

劣化の原因となるような使用方法は避けることを心がけるだけでもタイヤは長持ちするのです。

3.車のタイヤはどうやって処分する?

3-1.廃タイヤの処分方法

大切に使っていてもタイヤは必ず交換しなければなりません。

タイヤは廃棄物であり、適切に処分をする必要があります。

タイヤの処分方法についてご紹介しましょう。

【タイヤ販売店で処分を依頼する】

新しいタイヤを購入する場合、購入店で処分を依頼するのが一般的なタイヤの処分方法になります。

タイヤの処分は持ち込みで1本400~500円で処分可能です。

新しいタイヤを購入すれば廃棄費用は無料などの販売店もあります。

廃棄費用無料であっても、実質は新タイヤの料金に処分費用を含んでいると考えて良いでしょう。

【販売店での処分は持ち込みが基本】

タイヤ販売店でのタイヤの引き取りは持ち込みによる処分が基本です。

販売店までは自分で運搬しなければなりません。

3-2.タイヤの処分を不用品回収業者に依頼しよう

タイヤを販売店などに運ぶことができない場合には、不用品回収業者に依頼するのも良いでしょう。

タイヤやホイールの処分は運搬などの負担が大きいため、業者に依頼することで運搬の負担を減らすことができます。

不用品回収業者では大量の不用品を一度に処分することでお得に利用できるのが特徴です。

不用品をまとめて処分したい場合には、詰め放題パックを利用してお得に不用品を処分しましょう!

まとめ

タイヤの寿命を知ることは、安全運転には欠かすことのできない知識です。

タイヤの劣化や処分方法といった知識を身につけることは、トライバーの最低限の知識といえるでしょう。

【タイヤの寿命を知るための方法】

  • 年数や走行距離は寿命の目安にならない
  • スリップサインを確認しよう!

タイヤの寿命を年数や走行距離で目安に寿命を知ることは非常に難しいものです。

タイヤには寿命の目安となるスリップサインがあるので、定期的に確認するようにしましょう。

【タイヤの交換時期】

  • 使用開始から5年が目安
  • 製造から10年のタイヤは交換する
  • ひび割れなどの異常があれば交換する

スリップサインが現れないタイヤであっても、上記のようなタイヤであれば交換が望ましいといえるでしょう。

タイヤの素材であるゴムは経年劣化するものであることを理解して、定期点検することが大切です。

【タイヤの処分】

タイヤの交換は自動車を利用する上で、必ず行わなければなりません。

タイヤの処分方法を知ることは、ドライバーにとって最低限の知識といえるでしょう。

  • タイヤ販売店に処分を依頼する
  • 不用品回収業者に処分を依頼する

タイヤの処分は上記のような方法があります。

自分で対阿野運搬が難しい場合には、不用品回収業者に処分を依頼するのも一つの方法です。

複数の不用品をまとめて処分することで回収サービスはお得に利用できます。

多くの不用品がある場合には、不用品回収サービスの無料見積もりで相談してみましょう!

不用品・粗大ごみをどこよりも格安回収 無料見積り・相談は今すぐこちらから