電気ポットの寿命は何年?寿命が近くなると起こる症状や処分方法

水をお湯にしてくれる「電気ポット」は寒い時期に必要不可欠な家電アイテムです。カップ麺など食べるときに使う人も多いでしょう。最近電気ポットのち調子が悪く買い替えを検討している人は注目です。

電気ポットの寿命や寿命が近いと起こる故障内容、古い電気ポットの処分方法について説明します。電気ポットの寿命はいったい何年になるのかチェックしていきましょう。

  1. 電気ポットの寿命
  2. 電気ポットの寿命が近くなると起こる故障内容
  3. 古い電気ポットの処分方法

1.電気ポットの寿命

電気ポットを効率的に買い替えるためには「寿命」を把握しておかなければなりません。寿命はいったい何年になるのか詳しく説明します。電気ポットの不調で悩んでいる人は要チェックです。

1-1.電気ポットの平均寿命はおよそ「2年」

人それぞれ電気ポットを利用している頻度は異なりますが、電気ポットの平均寿命はおよそ「2年」です。毎日使い続けている人は2年を経過すると故障しやすくなるでしょう。一般的な家電製品よりも寿命は短くなっています。

なぜ2年と言う短い寿命なのでしょうか。主な理由は「電気関係の耐熱」に関係しているのです。基本的に電気関係の耐熱は「48時間」が限界だと言われています。よって、毎日使い続けるほど電気関係に大きな負担がかかるのです。

1-2.製造中止になった後の「5年間」

電気ポットの寿命はおよそ「2年」と説明しましたが、使い手によっては長く使い続けることもできます。あなたは定期的に電気ポットを掃除しているでしょうか。お手入れは寿命に関係するので、必要不可欠です。また、買い替え時期の目安としては、電気ポットの補修用部品保管に注目してください。

部品を保管してくれる時期は「5年」です。製造中止後の5年間は補修用部品を保管してくれます。しかし、5年以上経過すると部品が手に入らなくなるでしょう。修理をしたいときは製造中止後の5年間を目安にしてくださいね。

1-3.使用頻度や使い方によって寿命は変わる

電気ポットの寿命は何年になるのか気になる人も多いでしょう。正しい使い方をしている人の中には5年~8年以上も使い続けている人もいるのです。使用頻度や使い方によって寿命は変わるため注意しなければなりません。電気ポットの不調を感じている人は、今までどのような使い方をしていたのか改めて見直してみてください。

荒っぽい使い方や定期的に掃除をしていなかった人は注意しなければなりません。修理しても再び故障する可能性は高いです。買い替えか、それとも修理をするのか、電気ポットの調子を踏まえつつ自分に合った選択をしてくださいね。買い替えをした場合は正しい使い方をすることが大切ですよ。

2.電気ポットの寿命が近くなると起こる故障内容

2-1.修理できる電気ポットの不具合

電気ポットの寿命が近くなると起こる症状はさまざまです。たとえば、電気ポットのそとがわによる破損は修理しても再び使用できます。中身がダメージを受けていない限り、そとがわが破損していても使えるのです。しかし、破損した部分からお湯があふれ出す可能性もあります。お湯を出してみても異常がないかどうかしっかり確認してくださいね。

また、電気ポットのメーカーによっては部品の取り寄せができないものもあります。フィルターやパッキン、ふたなどは取り寄せが可能でしょう。使用している電気ポットのメーカーに問い合わせて確認してくださいね。

2-2.買い替えたほうが良い故障内容

電気ポットの寿命が近づいてくると中に入っている水や蒸気がたくさん外に出てしまいます。いつも以上に水・蒸気が出る場合は注意が必要です。部品の寿命が近くなっている証拠なのでできるだけ早めに買い替えを検討してください。電気部分に関係している部品を取り替えても直らない場合は買い替えたほうが良いでしょう。電気系統が故障している場合は、自分で修理できません。無理に修理しようとすれば感電する危険性もあるのです。

非常に危険なので自分で修理をしないですぐメーカーに問い合わせてください。電気ポットのメーカーホームページを開くとお客様サポートセンターの電話番号が記載しています。電気ポットを購入したときも取り扱い説明書がついてきたはずです。取り扱い説明書にも記載しているのでぜひチェックしてください。

電気ポットからお湯が出ない、沸騰し続ける不具合も起きます。以上のような故障内容は買い替えたほうが良いケースです。

3.古い電気ポットの処分方法

3-1.使える電気ポットは買取サービスを利用する

電気ポットを買い替える場合、まだ使えるポットをそのまま処分するのはもったいないことです。なぜなら、買い取ってもらえる可能性があるからです。買い取ってもらえれば、処分と同時にお金を得ることができます。一石二鳥の処分方法なのでぜひ買取サービスを利用してください。

リサイクルショップはもちろんのこと、不用品回収業者も買取サービスを受けつけています。より高い値段で買い取ってもらえるよう、数社の業者に見積もりを依頼してください。数社のサービス・見積書を比較することでより適切な業者に依頼できます。

3-2.壊れている電気ポットの処分方法

買い取りサービスを利用したくても壊れている電気ポットは買い取ってもらえません。また、目立つような傷や汚れがついているのも買い取ってもらえないケースが多いです。買い取ってもらえませんが、処分方法はあります。壊れている電気ポットは不用品回収業者に依頼してください。不用品回収業者は壊れている電気ポットも回収してくれますよ。

さらに、自宅まで回収しにきてくれるのでわざわざお店に行く必要もありません。電気ポット以外にも不用品があれば、1度に回収してもらってください。不用品をまとめて処分したほうがお得ですよ。

ただし、回収を依頼するときは‟見積もり”を必ず確認しなければなりません。見積書を確認したうえで安心できる業者に依頼してくださいね。業者の中には高い料金を請求するケースもあります。しっかり見積もりを確認して不備な点がないかどうかチェックしましょう。

まとめ

電気ポットの寿命が何年になるかどうか、電気ポットの寿命が近くなると起こる不具合、古い電気ポットの処分方法について説明しました。電気ポットが急に壊れると使えなくなってしまいます。困らないためにも使えなくなる前に買い替えをしてください。スムーズに買い替えるためにも電気ポットの寿命や寿命が近くなると起こる症状を把握することが大切です。

  • 電気ポットの平均寿命はおよそ「2年」
  • 製造中止になった後の「5年」間は部品を保管してくれる
  • 使用頻度や使い方によって寿命が変わる
  • 修理できる電気ポットの不具合
  • 電気系統の故障は注意が必要
  • 使える電気ポットは買い取りに出す
  • 壊れている電気ポットは不用品回収業者に依頼する

以上のポイントを踏まえつつ、電気ポットを買い替えましょう。購入してから1年も経過していない電気ポットは修理に出したほうが効率的です。使用年数や頻度によって買い替えか、それとも修理に出すか選択してくださいね。

不用品・粗大ごみをどこよりも格安回収 無料見積り・相談は今すぐこちらから