ミニマリストのなり方とは? まずは不用品の処分から始めましょう。

最近、「生活するために必要最低限のものしか持たない人」が注目を集めています。
そのような方を、「ミニマリスト」と言い、テレビなどで紹介される人もいるのです。
そこで、今回はミニマリストのメリットやデメリットなどをご紹介しましょう。
今は好意的に受け止められることの多いミニマリストですが、よく考えて実践しないと後悔するかもしれません。
また、ミニマリストのなり方もご紹介しましょう。
興味がある方やものを減らしてすっきりと生活したいという方は、ぜひこの記事を読んでみてください。

目次

  1. ミニマリストってどんな人?
  2. 日本人は昔からミニマリストだった?
  3. ミニマリストのメリット・デメリットとは?
  4. 無理のないミニマリストになるためには?
  5. おわりに

1.ミニマリストってどんな人?

ミニマリストとは、「極限までものを持たずに生活する人」のことを指します。
2000年ころに、漫画家の中崎タツヤ氏が「あまりにものを持たない漫画家」として注目を集めました。
また、最近ではミニマリストがテレビで取り上げられる機会も多いです。
まるで、引っ越ししたてのような部屋で暮らす人々を見たことがあるという方もいると思います。
不要なものはどんどん捨てる「断捨離」を極(きわ)めた人々、ともいえるでしょう。
長い間、「ものをたくさん持っていることが、豊かさの証し」と思われてきました。
しかし、ミニマリストの方々を見ていると「ものをたくさん持っていなくても、十分生活できるのだ」と思えるのです。

2.日本人は昔からミニマリストだった?

かぐや姫のヒット曲「神田川」には、「三畳一間の小さな下宿」という一節があります。
現在の学生向けワンルームの平均的な広さは6畳~8畳ですから、半分以下ですね。
お風呂やトイレは共同で、持ちものが少なかったからこそ3畳でも暮らせたのでしょう。
40年くらい前は、そんな生活が当たり前だったのです。
また、江戸時代の庶民は着替えと食器、布団くらいしか個人のものを持たず、そのほかに必要なものは貸し借りをしあって生活していました。
つまり、もともと日本人はミニマリストだったのです。
今は、パソコンやスマートホンの進化で本や音楽もデータ化して持ち歩けます。
また、服をワンシーズンで買い替える人も珍しくありません。
さらに、都市部では必要なものがすぐに買えるコンビニもたくさんあります。
ですから、「持たない暮らし」を実践しやすい世の中になってもいるのです。

3.ミニマリストのメリット・デメリットとは?

では、ミニマリストの生活は本当に幸せなのでしょうか?
この項では、ミニマリストのメリット・デメリットをご説明します。
ミニマリストになりたいという方は、この項をよく読んでみてください。

3-1.ミニマリストのメリット

ミニマリストの生活はとても身軽です。
持ちものが少ないですから、迷うこともありません。
外出の準備はすぐに整いますし、引っ越しも半日あれば荷造りや荷ほどきができるそうです。
掃除もすぐに終わりますから、自分のために使える時間も多いでしょう。
また、気に入ったものを選び抜いて購入するため、衝動買いや無駄遣いもありません。
ですから、お金も貯まりやすいでしょう。

3-2.ミニマリストのデメリット

ミニマリストの多くがひとり暮らしをしています。
ミニマリストになると「家族のものとはいえ、自分にとって不要なものが家にあるのが耐えられない」という方も少なくないのです。
ですから、ものの処分を巡って家族とトラブルになるケースも少なくありません。
また、住んでいる場所によっては「急に必要になったものがあっても、すぐに買いに行けない」ということもあるでしょう。
さらに、ミニマリストの生活は「本人が元気で、いつでもすぐに動ける」ことが前提になっています。
ですから、病気やけがで動けなくなった場合、近くに頼れる人がいないと生活が成り立たなくなる可能性があるのです。
また、災害などで食料や生活用品が不足した場合も苦労します。

4.無理のないミニマリストになるためには?

持たない暮らしにあこがれている方は、年々増えているそうです。
しかし、前述したようにミニマリストの生活にはデメリットもあります。
では、無理をしないミニマリストになるにはどうしたらよいのでしょうか?
この項では、なり方の一例をご紹介します。

4-1.ものは段階的に減らしていく

テレビや本を出しているミニマリストの中には、服を数着と布団、後は必要最低限の家電とパソコン(スマホ)という生活をしている方もいます。
家で調理をしないと決めて、冷蔵庫なども持たない人もいるでしょう。
しかし、ものを減らしすぎると病気になったりしたときに不便です。
ですから、最初は不用品の処分から始めてみましょう。
ものを少しずつ減らしながらその生活に慣れていくと、無理なく「持たない生活」に移行できます。
時間をかけてミニマリストになりましょう。

4-2.家族がいる場合は、まず理解を得る

エッセイ漫画、「私の家には何もない」の著者ゆるりまい氏は、家族がいるミニマリストです。
エッセイによると、「共用スペースと自分の部屋」には必要最低限のものしかありませんが、家族の私室は普通だということ。
人によって必要なものは違います。
家族と暮らしていてミニマリストを目指す方は、自分の私物を減らすことから始めましょう。
そして、家族の理解を得てから共有スペースのものを減らしてください。
家族の私物を勝手に捨ててはいけません。

4-3・ミニマリストになりやすい時期がある

たとえば、子育て中は必要なものが次々に出てきます。
仕事をしているときも、職種によってはものが増えやすいでしょう。
こんな時期にミニマリストになろうと思っても、うまくいきません。
育児や仕事が一段落して、仕事も自分のために使える時間が増えたときこそ、ミニマリストになるには絶好の時期です。
「ミニマリストになりたいのに、必要なものが多すぎる」と思っている方は、もう少し時期を待ちましょう。

4-4.引っ越しはミニマリストになれる絶好のチャンス

引っ越しは、不用品をまとめて処分できる絶好のチャンスです。
しかし、「住んでいる自治体はゴミの分別が厳しく、ゴミ捨てが進まない」という方もいるでしょう。
そのような方は、不用品回収業者を利用してみましょう。
不用品回収業者とは、家庭から出る不用品を有料で回収してくれる業者です。
家具や家電を一度に回収してくれますので、時間も手間もかかりません。
また、家まで回収に来てくれますから、不用品が重すぎてゴミ捨て場まで持っていけないという方にもお勧めです。
不用品の回収料は不用品の量や状態によって異なります。
業者に依頼する際はまず見積書を作成してもらいましょう。

5.おわりに

いかがでしたか?
今回はミニマリストのなり方やメリット・デメリットなどをご紹介しました。
まとめると

  • ミニマリストとは極限までものを持たない人々のこと。
  • 日本人はもともとミニマリストだった。
  • ミニマリストは身軽な暮らしができる一方で、不測の事態が起こると対応できないこともある。
  • ミニマリストになるためには少しずつ不用品を減らしていこう。
  • 一気に不用品を処分したい場合は、不用品回収業者を利用しましょう。

とのことです。
ミニマリストの究極の目標は「トランクひとつに収まる量の持ちもので生活をする」ことといわれています。
しかし、生活はがまん大会ではありません。
あれもいらないこれもいらない、とすべてのものを処分してから「生活が大変になった」と思っても遅いのです。
ですから、ミニマリストを目指す方は無理せずコツコツと不用品を減らしていきましょう。

不用品・粗大ごみをどこよりも格安回収 無料見積り・相談は今すぐこちらから