遺品整理で家族が困ることのないために知っておきたい3つのこと

遺品整理を考えるのは決してネガティブな考えではありません。残された家族がつらい思いをしないように、今からできる親切な準備です。そのためにも、遺族が遺品整理で困る物は何かを知っておきましょう。また、今から上手に生前整理をするための方法もご説明します。

  1. 遺品で残ると困る物ワースト3
  2. 今すぐ始める生前整理と片付け方
  3. 生前整理の賢い処分方法

1.遺品で残ると困る物ワースト3

1-1.写真や思い出の品は処分しにくい

遺品で残ると困る物のひとつは写真です。確かに写真のアルバムは重くかさばりますが、遺族として困るのはその点ではありません。遺族としては亡くなった家族が写っている写真を処分するのがつらいのです。また、古い写真であればデジタルカメラのデータが残っていないので処分しにくいということもあるでしょう。写真のアルバムは保存しておくにも大きく場所をとります。また、亡くなった人が持っていた思い出の品も処分しにくい物のひとつでしょう。故人の思い入れがあるので、簡単には処分できないのです。

1-2.衣類は処分しにくい

衣類はつい量が多くなってしまうものです。そのため、遺品として衣類が多く残ってしまうのは確かに仕方のないことでしょう。とはいえ、遺族としては衣類は最も処分しにくい物のひとつとなります。衣類は亡くなった人のイメージが強く残るからです。衣類の処分は、思い出を処分するような気になり、遺族としては難しく感じます。ですから、遺品として衣類の量が多いと遺族はとても困るわけです。

1-3.趣味の品や書籍

亡くなった人が趣味として楽しんでいた物も、遺族が処分に困る物のひとつでしょう。その趣味が遺族と共に楽しんだものであれば、なおさら思い出も深く残るため、簡単に処分はできません。また、もし故人の趣味の物を処分したなら、近所の人やそのほかの親族から「処分したことをとがめられるのでは」と不安を感じることもあるでしょう。同時に、遺品としての本も場所をとるので処分に困るものです。趣味の物と同じく、亡くなった人が集めた本は簡単に処分しにくいでしょう。

不用品・粗大ごみをどこよりも格安回収 無料見積り・相談は今すぐこちらから