電子レンジの寿命と賢い買い替えかたを知っておこう

電子レンジを賢く使うなら時間の節約とお金の節約にもなります。しかし、便利で手放せない家電だからこそ、電子レンジの寿命が何年か、いつが最もよい買い替え時期なのか迷うこともあるでしょう。すでに寿命なのにずっと使うなら、電気代が多くかかるのではと不安に思うかたもいるようです。それでは、電子レンジの寿命と賢い買い替え時期を確認しましょう。

  1. 電子レンジの寿命は何年くらい?
  2. 電子レンジの寿命がわかる故障内容
  3. 電子レンジの賢い処分方法

1.電子レンジの寿命は何年くらい?

1-1.一般的な電子レンジの寿命を知っておこう

通常、電子レンジの寿命は10年ほどと覚えておきましょう。しかし、電子レンジを使う回数によって寿命は大きく異なります。時間でいうならば、1000時間から2000時間の使用が電子レンジの寿命の目安です。ですから、週末にごはんをあたためる程度にしか使わない場合と電子レンジでしっかりと料理をする場合は寿命も異なります。また、一般の家電は交換用の部品を7年しか保管していないのが通常です。そのため、7年以上使った電子レンジは、修理がむずかしいと思っておきましょう。

1-2.仕組みから知っておく電子レンジの寿命

電子レンジの最も重要な部分は、マグネトロンというマイクロ波を出す部品です。このマイクロ波が水分に働きかけて、ものがあたたまるというのが電子レンジの仕組みとなります。マグネトロンの寿命は10年といわれており、この点が電子レンジの寿命が10年であるという理由です。電子レンジはなにも入れずにスタートしてはいけないといわれます。なぜなら、そのような状態でスタートするとマグネトロンからでたマイクロ波が行き場を失い、マグネトロンの寿命が短くなるからです。

1-3.最近の電子レンジは寿命が短い?

最近の電子レンジはマグネトロンの寿命はまだ十分あるのに、その他の部分がこわれてしまうケースが多く観察されています。確かに、最近の電子レンジは仕組みが複雑になっており、各種ボタンや設定はコンピューターによって制御されていることがほとんどです。そのような機能が故障するならば、マグネトロンに問題がなくとも電子レンジは使えなくなります。

2.電子レンジの寿命がわかる故障内容

2-1.加熱時間が遅いなら寿命が近い?

マグネトロンが劣化すると、加熱のためにかかる時間が増えます。以前よりも加熱の時間が遅いと感じるなら、寿命が近いことを疑ってください。とはいえ、そこで電子レンジを買い替えることは必ずしも損であるとはかぎりません。古い電子レンジを使うと電気代が高い場合もあるのです。古い電子レンジで6分かかっていた調理が、新しい電子レンジでは3分ほどで完了することもあります。長い目で見れば、まだ使える電子レンジも買い替えたほうが賢い選択となることもあるのです。

2-2.火花がでるのは電子レンジの故障?

電子レンジを使用中に突然火花がでたとしても、必ずしも電子レンジが故障しているわけでありません。アルミホイルや器の装飾(そうしょく)に金属を用いている場合、金属部分がマイクロ波をはねつけて火花が生じることがあります。もちろん、アルミホイルや金属を電子レンジで使うことがないように気をつけてください。しかし、火花がでるのは電子レンジが故障しているからではないので驚く必要はありません。とはいえ、電子レンジから煙がでた場合は、致命的な故障の可能性があります。また、電子レンジの内部のマイカ版が損傷した場合は、交換しないかぎり使うことはできません。不具合の理由がはっきりしない場合には、すぐに使用を中止して専門家に見てもらいましょう。

2-3.音や変形などの不具合には気をつけよう

電子レンジから変な音がしたなら、使用はすぐに中止してください。音の理由はいくつか考えられますが、専門家に見てもらうか買い替えを考えましょう。また、開閉部分に変形がある場合も使用してはいけません。マイクロ波が外部にもれると健康を害する危険があります。電子レンジは身近な家電ですが、正しく使用しなければ思わぬ事故にもつながりかねません。「おかしいな」と感じたなら、決して使い続けないでください。

3.電子レンジの賢い処分方法

3-1.自治体を利用しよう

電子レンジは家電リサイクル法の対象外ですが、自治体が管理する小型家電リサイクル法は適用されます。そのため、電子レンジの処分には自治体の方針を確認してください。地域によっては自治体が無料で引き取ってくれるでしょう。自治体の引き取りが有料であっても、電子レンジを自分でこわして小さいゴミとして捨てるのはやめましょう。そのような方法ではゴミを分別するのはむずかしく、適切なリサイクルにはなりません。手間と時間がかかる無駄な作業になるでしょう。

3-2.不用品回収業者に引き取ってもらおう

不要になった電子レンジを賢く処分する方法のひとつは、買い取りサービスを行っている不用品回収業者への依頼です。もちろん、買い取ってもらえるかどうかは電子レンジの状況しだいでしょう。しかし、家まで取りに来てくれる不用品回収業者に依頼するなら、重い電子レンジを処分するために運ぶ手間も省(はぶ)けます。忙しくても、24時間引き取りサービスを行っている業者もあるので便利です。また、一人暮らしの女性であれば、電子レンジを自治体に引き取ってもらうために運ぶのは大変でしょう。同時に、業者が1人住まいの家に来ることも抵抗があるようです。そのようなかたには、不用品回収業者が提供している「レディースパック」をおすすめします。このサービスは、不用品回収業者の女性スタッフだけが自宅を訪問するというおすすめのサービスです。

3-3.電子レンジを上手に買い替えよう

電子レンジは必ずしも使えなくなったときが買い替えどきではありません。タイミングよく買い替えを決めるならば、古い電子レンジを業者に買い取ってもらえるからです。いわば、古い電子レンジは買い取ってもらい、差額を払って買い替えると考えることができます。そのため、電子レンジは普段からきれいに使うようにしてください。箱や説明書もきちんと保管しておくなら、買い取ってもらうときに有利です。引き取りにきてもらう前にはしっかり電子レンジを掃除しましょう。きれいな製品であれば、買い取りの評価が高くなる期待がもてます。新しい電子レンジになれば電気代が安くなる可能性もあるので、タイミングを見計らうのは大切です。

まとめ

電子レンジの寿命は最高でも10年と思ってください。しかし、使いかたによってはより短い寿命になることもあります。

電子レンジが寿命であるかどうかの目安は、

  • あたたまるのが遅くなったとき
  • 音や見た目に異常があったとき
  • コンピューター制御の機能に不具合があったとき

などがあるでしょう。

電子レンジを買い替えると電気代が安くなる可能性もあります。上手にタイミングを見計らって電子レンジを買い替えると、古い電子レンジも高値で買い取ってもらうことも期待できるでしょう。毎日使うからこそ、ストレスなく快適に使えるものをもっておきたいものです。

不用品・粗大ごみをどこよりも格安回収 無料見積り・相談は今すぐこちらから