どうすれば高く売れるの? 家電製品を高く売る方法とは?


デザインが合わない、機能が足りない、引っ越しをする……さまざまな理由で突然不用になってしまった家電製品。単純に捨てるだけではもったいないですし、家電製品の種類によっては処分費用がかかってしまいます。できることなら、得をする形で処分したいものですよね。

そこで、今回は家電製品を高く売る方法と実際の売却方法についてご紹介します。

目次

  1. 家電を高く売るために必要なポイントとは?
  2. 家電製品の売却方法について

1.家電を高く売るために必要なポイントとは?

1-1.付属品をそろえておく

まず押さえておきたいポイントは付属品をそろえておくという点です。本体の状態が完璧なら付属品なんてあってもなくても一緒じゃないか、と思う人も多いでしょう。しかし、実は付属品があるかないかで値段は大きく変動してしまうのです。

ここでいう付属品とは説明書などの基本的なものだけでなく、説明書やコードの入っていたビニール袋や、製品が入っていた段ボール箱なども含まれます。もちろん、付属パーツのようなものがあれば当然それも付属品です。そして、これらの付属品の状態が良いと、査定の際に大きく有利になるでしょう。

ですから、これから古い家電製品を処分して新しく買い換えるという方は、後々処分することも考えて付属品は丁寧に扱いましょう。そして、押し入れなどで傷がつかないように保存しておくことをおすすめします。

1-2.掃除をしておく

査定額を上げるテクニックの1つとして、掃除をしておくことも重要。冷蔵庫や電子レンジなどのように食べ物にまつわるものや、洗濯機のようにじかに触れるものを扱うものなど、家電製品は清潔感が求められることが多いからです。

皆さんも、ぎとぎとに汚れた電子レンジやソースのこびりついた冷蔵庫は使いたいと思いませんよね? ですから、買い取った業者は販売する前に掃除を行うこととなります。しかし、事前にしっかりと掃除をされて清潔にされていれば、その手間が省けるわけです。つまり、その分だけ業者側の負担を下げることになり、人件費などの費用も減らすことになります。その分だけ、査定額に上乗せされるため、より高く買い取ってもらうことができるのです。

家電製品は熱や静電気が発生しやすいため、汚れがつきやすいといわれています。思いもよらないところが汚れていることもありますから、念入りに手入れをしましょう。

1-3.臭いを取っておく

掃除の延長線上ですが、家電製品の臭いを取っておくことも大切。特に冷蔵庫は非常に重要です。冷蔵庫は臭いがつきやすいため、何の対策もしていないときれいに掃除したつもりでも臭いがついていることがあるでしょう。臭いがついていると客に嫌がられることがあります。そのため、臭いがついたまま売却しようとすると、値段が下がってしまうことがあるのです。

脱臭用の炭などを使って事前に臭いを取っておくようにしましょう。

1-4.買い取り強化中の店を狙う

家電製品の種類によっては各お店で買い取り強化を行っていることがあります。特に液晶テレビは買い取り強化をしている場合が多く、店によっては他店と倍以上の値段差が生じることもあるようです。売却しようと考えている家電製品が比較的新しいモデルである場合は特にこの傾向が高いので、できる限り複数の店と比較するようにしましょう。

2.家電製品の売却方法について

2-1.リサイクルショップを利用する

真っ先に挙げられる家電製品の売却方法といえば、やはりリサイクルショップでしょう。近場のリサイクルショップをぜひ利用してみてください。

リサイクルショップのメリットは、なんといっても信頼性でしょう。リサイクルショップの多くは実際の店舗を持ち、地域密着型の商売を行っています。そのため、詐欺まがいの商法によるトラブルなどが比較的発生しづらいのです。また、リサイクルショップは全国至る所にありますので、思いついたときに売却しに行くことが可能なのも利点の1つでしょう。

ただし、デメリットが多いので注意が必要です。

リサイクルショップ最大のデメリットは運搬の手間でしょう。家電製品の代名詞ともいえる冷蔵庫や洗濯機はどれも大型で重量がありますので、素手で運ぶのは現実的ではありません。台車で運ぶという手もありますが、そうすると近場にない場合は長い距離を歩く必要がありますし、段差などを乗り越えるときに大変です。

となると、車で運ぶのが大前提となりますが、洗濯機や冷蔵庫を運べるようなタイプの車を持っていないという人もいるでしょう。そのような方はミニバンなどの大型車をレンタルする必要が出てきます。しかし、それでは売却益が下がってしまいますし、最悪損することにもなりかねません。

とはいえ、リサイクルショップの中には出張買い取りを行っているところもあります。運び出しが難しいようなら出張買い取りを行っているショップを利用するのも手です。しかし、出張買い取りの場合査定額が下がるので、あまり効果的ではないでしょう。

2-2.ネットオークションを利用する

ネットオークションを利用するという手もあります。ネットオークションはほかの売却法と比べて利益率が高いので、場合によっては最も高く売れる可能性があるでしょう。

ネットオークションのメリットは、なんといっても直接取り引きによる利益の高さです。通常、ものを客と取り引きする場合、売り手とユーザーの間には小売店が挟まれます。そうなると、小売店は利益を出すために仕入価格よりも高い値段で売るようになるでしょう。この値上げした分だけの利益を、直接取り引きなら自分のものにすることができるのです。そうなれば、当然利益が高くなります。

ただし、大きなデメリットもありますので注意しましょう。

ネットオークションのデメリットが何かというと、それは競り売りという特性そのもの。競り売りは時として値段を高くつり上げる効果もありますが、実はその逆もあり得るもろ刃の剣だからです。

競り売りというのは、競りに参加する人が少なければ少ないほど値段が安くなってしまいます。仮に1人しか競りに参加しなければ、その1人が提示した金額で落札されてしまうこともあり得るでしょう。

そうなると、いかに競りの参加者、つまり入札者を増やすかになります。最も簡単な方法といえば競りの開始金額を下げることです。たとえば、開始金額を1000円から1円にすれば、それだけで注目度を上げることができ、参加者が増えやすくなるでしょう。結果として、開始金額を大幅に下げたにもかかわらず1000円のときよりも値段がつり上がるということも少なくありません。

しかし、1円まで下げると、仮に人気が出なかったときが悲惨です。たとえば、大規模停電が発生する災害などと重なってオークションサイト自体に人がいなければ、値段を下げようが下げまいが入札者は増えません。開始金額を下げたのが裏目に出て、より安い値段で落札される羽目になってしまうのです。

2-3.不用品回収業者を利用する

売却方法の1つとして、不用品回収業者を利用する手もあります。不用品回収業者は基本的に不用品を有料で引き取ってくれる業者ですが、一部の需要が高い家電製品は買い取ってくれうることがあるようです。ただし、ブラウン管テレビや年式の古い家電製品は需要が低いため、買い取ってもらえたとしてもたいした値段にはならないでしょう。

利益の点だけで見ると、リサイクルショップやネットオークションに比べて落ちます。しかし、不用品回収業者にも特有の利点があるのです。

不用品回収業者最大のメリットは、なんといっても『手軽さ・楽さ』でしょう。不用品回収業者の多くは出張買い取りを採用しており、自宅までやってきて査定・買い取り(回収)・運び出しまで一挙に行ってくれます。マンション暮らしなどで自宅の外に重い家電製品を運び出すのが難しい環境にお住まいの方にはもってこいでしょう。

まとめ

いかがでしたか?

今回は家電製品を高く売る方法と実際の売却手段についてご紹介しました。

  1. 家電を高く売るために必要なポイントとは?
  2. 家電製品の売却方法について

家電製品は何も考えずに売ると大きく損をしてしまうことがあります。元値が安いものならいざ知らず、10万円以上するような高価なものを処分する際には、損をしないためにもできる限りのことをしておきましょう!