クローゼットで使える人気収納アイテムとは? これで収納がスムーズに!

押し入れに代わって、最近はクローゼットが備えつけられている家が多くなってきました。
しかし、大きさが大体決まっている押し入れに比べて、クローゼットは大きさがさまざまです。
ですから、収納に苦労している方もいるでしょう。
そこで、今回はクローゼットで使える人気の収納アイテムについてご紹介します。
この記事を読むことで、自分のニーズに合ったアイテムを見つける方法がわかるはずです。

目次

  1. クローゼットとそのほかの収納スペースの違いとは?
  2. クローゼットに使う収納アイテムの選び方
  3. 人気のクローゼット用収納アイテムとは?

1.クローゼットとそのほかの収納スペースの違いとは?

クローゼットとは、元々は洋服を収納するためのスペースです。
押し入れが布団の収納に適しているのに対して、クローゼットは洋服の収納に適しています。
ですから、押し入れのように上下で区切られているものは少なく、押し入れよりも奥行きが浅いものが多いでしょう。
また、押し入れはふすまで仕切られていますが、クローゼットはドアが取りつけられています。
ベッドを使う人が増えたことと、家屋の欧米化にともなってクローゼットが備えつけられる家が多くなりました。
さらに、クローゼットは押し入れに比べてサイズが豊富。
また、一昔前は「納戸」や「物置」と呼ばれていたスペースが「ウォークインクローゼット」になっている家も多いです。
ウォークインクローゼットとは、人が歩いては入れる広さのあるクローゼットのこと。
大きさはいろいろありますが、3畳以上の広さがあることが一般的です。
こちらは「クローゼット」と名前がついていますが、物置や納戸のような使い方をしている人も多いでしょう。

2.クローゼットに使う収納アイテムの選び方

クローゼットは、長方形の大きな箱です。
洋服をつって収納できるようにパイプが通されていることが多いですが、それだけでは不十分でしょう。
ですから、収納アイテムでよりクローゼットを使いやすくする必要があります。
この項では、たくさんある収納アイテムから自分の使いやすいアイテムの選ぶコツをご説明しましょう。

2-1.何を入れるか決める

クローゼットは、服だけを入れる場所ではありません。
人によってはおもちゃや本などを入れることもあるでしょう。
また、使う季節が限られている家電などのしまい場所になっている家もあると思います。
ですから、まず何を入れるか決めてから、それを取りだしやすい収納アイテムを探しましょう。

2-2.クローゼットの大きさを測ってから決める

クローゼットは家によって大きさが違います。
部屋として使えそうな広さのクローゼットもありますし、ロッカーと大差ないようなものまであるでしょう。
ですから、まずはクローゼットの大きさを測って収納アイテムを決めてください。
大きさによって使えるアイテムも限られてきます。

2-3.クローゼットの状態を見てから決める

押し入れと同じように、クローゼットも湿気がたまりやすい場所です。
住宅の立地条件によっては、除湿剤を置かなければカビがはえる危険があるところもあります。
ですから、湿気が多いクローゼットには、通気性が悪い収納アイテムは使えません。
収納アイテムを買う前に、よくクローゼットの状態を観察しましょう。
壁に結露が発生するような場合は、除湿剤が不可欠です。

3.人気のクローゼット用収納アイテムとは?

この項では、特に人気の高い収納アイテムをご紹介しましょう。
どれもインターネットの大手通販サイトで買えるものばかりです。
ぜひ参考にしてくださいね。

3-1.衣類収納ケース

プラスチックや布製の衣類収納ケースは、収納アイテムの中でも最も人気があります。
いろいろなサイズがあるので、たいていのクローゼットに置けるでしょう。
また、引きだし口が透明なものもありますので、どんな衣類が入っているかも分かりやすいです。
布製の衣装ケースはプラスチック製のものより強度が弱いので、高く積み上げられません。
しかし、その反面使わないときはたたんでしまっておけるので、場所を取らないのです。
また、布団などは布製の収納ケースに入れておくと、ほこりよけにもなります。
服だけでなく、おもちゃなどを入れる人もいるでしょう。
ただし、プラスチック製のものでもあまり重いものを入れると、上手く出し入れができなくなります。
ぎっしり文庫本などを詰めてはいけません。

3-2.キャスター付き棚

重いものをクローゼットに入れた場合、取りだすのが大変です。
そこで、キャスター付きの棚に収納することで出し入れをスムーズにしましょう。
主に本の収納に使われることが多いですが、CDなどを収納する人もいます。
重いものをぎっしりと載せても動きやすいように、サイズが小さめなものがほとんどです。
クローゼットのほかに、押し入れの下段などにも使えるでしょう。

3-3.カラーボックスや組み立て式の棚

ウォークインクローゼットに使われることの多い収納家具。
ウォークインクローゼットは言いかえれば納戸や物置なので、ダンボールを無造作に置いておいては、取りだすときが大変です。ですから、組み立て式の棚やカラーボックスを置けば荷物が整理しやすいでしょう。
ウォークインクローゼットを作る際に、棚を作りつけることもできます。
しかし、家族構成が大きく変化する可能性が高い場合は、組み立て式のもののほうが間取りを自由に変えられて使いやすいでしょう。

3-4.ミニサイズのハンガーラック

スーツなどつるして保管する衣類がたくさんあるという方は、クローゼットに備えつけられてあるパイプだけでは足らないこともあります。
そんな方にお勧めなのが、丈の低いハンガーラックです。
ワンピースなど丈の長いものはかけられませんが、ジャケットや折りたたんでかけられるパンツなどをかけるのに重宝します。
これがあれば、つるせる洋服の量が倍くらいになるでしょう。
家族が多いけれど、ウォークインクローゼットがないというご家庭でも重宝します。
また、押し入れの下段にも入れられるでしょう。
この場合は、キャスター付きのものを使うと取りだしやすいです。
子供服をかけるのにも便利でしょう。

おわりに

いかがでしたか?
今回はクローゼットで使う収納アイテムについてご紹介しました。
まとめると

  • プラスチックの収納ケースなどが収納アイテムとしては人気である。
  • クローゼットの大きさや入れるものを考えて収納アイテムを選ぼう。
  • インターネット通販を使えば、家まで届けてくれるので便利。

ということです。
クローゼットは使い方によって、驚くほどたくさんのものが入ります。
また、古い家屋の場合は押し入れをクローゼットにリフォームした物件もあるでしょう。
そのようなものの場合は、布団だって入ります。
しかし、いくら収納アイテムを使っても、手当たりしだいに放りこんではいけません。
たっぷりとものが収納できるウォークインクローゼットほど、無造作にものを詰めこめば中に入っているものが分からなくなります。
クローゼットはいつも約3割、ウォークインクローゼットの場合は4割程度の空を作っておきましょう。
また、ウォークインクローゼットの場合は、必ず人が通る場所を空けておいてください。
でないと、奥のものが出せなくなります。

不用品・粗大ごみをどこよりも格安回収 無料見積り・相談は今すぐこちらから