ペットボトルをリサイクルに出すと何なるの?リサイクルの用途について

地球温暖化や森林破壊、ゴミ問題など、私たちはさまざまな環境問題を抱えています。
だからこそ、1人1人が環境保全の取り組みをしていかなければなりません。
リサイクルしやすいペットボトルについて説明します。
ペットボトルは何になるのか、エコキャップやリサイクルの課題についてチェックしましょう。
ペットボトルのリサイクル用途について知りたい人は、ぜひチェックしてくださいね。

目次

  1. ペットボトルは何になる?
  2. エコキャップについて
  3. ペットボトルのリサイクルの課題
  4. まとめ

1.ペットボトルは何になる?

各自治体でも、積極的にペットボトルのリサイクルをしています。
リサイクルをすると、ペットボトルは何になるのでしょうか。
ペットボトルのリサイクル用途について説明します。
ペットボトルの行く末について、詳しく把握しておきましょう。

1-1.ペットボトルは“衣料関連商品”になる

普段使うことが多いペットボトルは、リサイクルをすると何になるのでしょうか。
ペットボトルは、さまざまな商品にリサイクルすることができます。
中でも、帽子・ボタン・手ぶくろ・ジャージ・シャツやスーツなどの衣料関連商品になるのです。
使用済みのペットボトルが衣料関連商品になるとは、想像できません。
衣料関連商品になるまで、流れを説明します。
まず、使用済みのペットボトルを“質の良いベール”にしなければなりません。
ベールとは、1mほどのかたまりを指しています。キレイなベールを細かい粉状にするのです。
粉状のことは原材料である“フレーク”と呼びます。
フレークを溶かすと粘り気のある液体になり、押し出していくのです。
押し出すことで糸をつくることができます。そして、衣料関連商品になるのです。

1-2.学生には必要不可欠な“文房具”

ペットボトルは、衣料関連商品になるだけではありません。
リサイクルすることで、学生には必要不可欠な“文房具”や“事務用品”にもなるのです。
普段使っている文房具がペットボトルでできていますよ。
プラスチック製品であるペットボトルは、同じプラスチックを利用している文房具に再利用できるのです。
消費者によって分別してもらったペットボトルをリサイクル施設に運びます。
そして、リサイクル施設内で、原材料である“フレーク”にするのです。
フレークにすれば、さまざまな文房具をつくることができます。
使い捨てである文房具がリサイクルできるのは、環境保全に最適ですね。

1-3.ペットボトルは“日用品”にも生まれ変わる

使用済みのペットボトルは、“日用品”にも生まれ変わります。
日用品では何になるのか、気になっている人も多いでしょう。
主に挙がっているのは、“たまごパック”です。
たまごパックは、たまごを入れる容器になります。スーパーマーケットでは、おなじみですよね。たまごパックはやわらかいプラスチックでできていますが、プラスチックはペットボトルのフレークから生まれています。
このように、ペットボトルはさまざまなものに生まれ変わるのです。
衣料関連商品から文房具、日用品になることを知っておいてくださいね。

2.エコキャップについて

2-1.エコキャップ運動の取り組み

ペットボトルには、必ず“キャップ”がついています。
エコキャップとは、ペットボトルのキャップを言うのです。
今では、さまざまな企業や会社がエコキャップ運動の取り組みをしています。
たとえば、某大型スーパーマーケットでは、レジの近くに“エコキャップ収集箱”を設置しているのです。
消費者たちが集めたエコキャップを入れるだけで、リサイクルできます。
エコキャップを利用して、さまざまな商品をつくっているのです。
また、リサイクルするだけでなく、世界中の貧しい国への募金もできます。
ペットボトルをリサイクルに出すとき、基本的にエコキャップを取り外すでしょう。
そのため、エコキャップはどうすれば良いのか悩んでしまうのです。
そこで、エコキャップ運動に参加してみてはいかがでしょうか。
エコキャップでもリサイクルできることを、覚えておいてくださいね。

2-2.エコキャップは子どもたちへのワクチン

エコキャップは、新しい商品へ生まれ変わるだけではありません。
貧しい国にいる子供たちのワクチン代にもなるのです。
私たちが住んでいる日本は、医療設備がきちんと整っています。
しかし、貧しい国では十分な施設が整っていないのです。
また、居住環境も整っていないところが多いので、感染症にかかる子どもたちが増えてきています。
収集したエコキャップをリサイクル業者に買い取ってもらい、得たお金をワクチン代にしているのです。
環境保全だけでなく、社会貢献の役割も果たしています。
燃えるゴミにしかならなかったエコキャップは、あなた次第で価値あるものに変わるでしょう。
今まで捨てていた人は、ぜひ取り組みに参加してみてください。

3.ペットボトルのリサイクルの課題

3-1.リサイクルするためには“コスト”がかかる

ペットボトルのリサイクルは、年々広がりつつあります。
リサイクルしているペットボトルの量も増えてきているのです。
順調に、“循環型社会”をつくりあげているイメージはありますが、まだまだたくさんの課題を抱えています。
ペットボトルのリサイクルの課題にある1つが、リサイクルするための“コスト”がかかる点です。リサイクルするためにかかる費用が、ある程度必要になります。
実際、リサイクルした結果よりも、リサイクルするまでの過程にお金をかけているのです。
リサイクルするためのコストがかかってしまうことから、効率的にリサイクルできる方法を探しています。
できるだけお金を使わずにリサイクルできる方法を、さまざまな企業・会社が検索しているのです。
リサイクルにかかるコストが削減できれば、もっとたくさんのペットボトルがリサイクルできるでしょう。

3-2.ペットボトルの安全性

アメリカでは、使用済みのペットボトルを再利用する取り組みが行われています。
ほかの人が利用したペットボトルを再び販売するのです。
お店に持っていくと、払い戻しができるようになっています。
しかし、実際日本で導入できるのは難しいと言われているのです。
日本人は、海外の人よりキレイ好きで、安全性に対して敏感になっています。
「人が使ったペットボトルをまた使えば、感染病にかかる」「人が飲んだペットボトルは汚い」など、さまざまな課題があがっているのです。
そのため、日本におけるペットボトルリサイクルの課題は、“安全性”になるでしょう。
安全性をもっと高めていかなければ、消費者の意識は向上しません。
消費者が積極的に取り組むことで、環境保全は成り立ちます。
多くの人が活動するためにも、ペットボトルの安全性は必要になるでしょう。

4.まとめ

ペットボトルは何になるのか、エコキャップやペットボトルのリサイクルの課題について説明しましたが、いかがでしたでしょうか。
ペットボトルのリサイクルは、1人1人の取り組みが大切です。
できるだけ水筒を持ち歩く、ペットボトルを使わないなど、ゴミを出さない行動も大切になるでしょう。
ペットボトルのリサイクルができるよう、リサイクルについて詳しく知っておいてくださいね。

  • 衣料関連商品になる
  • じょうぎやペンなどの文房具になる
  • たまごパックなどの日用品になる
  • エコキャップ運動は、ペットボトルのキャップをリサイクルする
  • エコキャップは子どもたちへのワクチンになる
  • リサイクルするためにはコストが高い
  • ペットボトルの安全性が必要

以上は、ぜひ押さえてほしいポイントです。

不用品・粗大ごみをどこよりも格安回収 無料見積り・相談は今すぐこちらから