子供用自転車はいつ買い替えるべき? 自転車選びのポイントと処分方法

子供に買ってあげることが多い「自転車」は、いつ買い替えると良いのでしょうか。
買い替え時期に困ってしまう人も多いと思います。
子供は成長が早いので、新しい自転車が必要になる時期がすぐにやってくるでしょう。
そこで、子供用自転車の買い替え時期や長く乗れるための自転車選びのポイント、不要になった自転車の処分方法について説明します。
気になっている人は、ぜひチェックしてくださいね。

目次

  1. 子供用自転車の買い替え時期
  2. 長く乗れるための自転車選びのポイント
  3. 不要になった自転車の処分方法
  4. まとめ

1.子供用自転車の買い替え時期

ほかの親たちは、いつ子供用自転車を買い替えているのでしょうか。
子供用自転車の買い替え時期を3つ紹介します。
買い替えで悩んでいる人は、ぜひ参考にしてくださいね。

1-1.子供の体に合わなくなったとき

ほとんどの親が、子供の体に合わなくなったときに自転車を買い替えています。
低学年の子供は、本当に成長が早いです。
あっという間に体が大きくなり、身長も伸びます。
今まで使っていた自転車が小さくなった場合、自転車を買い替える必要があるでしょう。
そのまま乗ってしまうと、自転車がパンクする可能性もあります。
乗るたびにパンクしていると修理代やタイヤ代でお金が飛んでいってしまうものです。
修理をするよりも、思いきって買い替えた方がお得になります。
また、子供も自転車に乗りにくくなってしまうので、早めに買い替えてあげましょう。

1-2.お下がりの自転車で古くなったとき

お兄ちゃんやお姉ちゃんからのお下がりで使っている自転車は、とても古くなっています。
サビがついている、自転車のデザインが古いなど、子供は乗りたくありません。
やはり、新しい自転車に乗っていろいろなところに出かけたい気持ちがあります。
そのため、お下がりの自転車で古くなったときに新しい自転車へ買い替えている親も多いのです。
テストで良い点を取ったごほうびとして、誕生日のプレゼントにと、何かの機会で買い替えてみてはいかがでしょうか。
新しい自転車を手に入れた子供は、とても良い思い出になりますよ。

1-3.自転車の安全性がなくなったとき

子供用自転車は、何よりも「安全性」が大切です。
安全性を確保していなければ、安心して自転車で遊ぶこともできません。
自転車のブレーキがきかなくなる、サドルが壊れる、タイヤがすり減るなど、何かしら異常があれば買い替え時期でしょう。
「もったいないから…」とそのままにしておけば、子供が大ケガをする可能性もあります。
ブレーキがきかなくなると、命を失う事故が起きる可能性もあるのです。
安全性を確保するためにも、自転車を買い替えてください。
子供が「自転車使いづらい…」と言ってきたら、自転車を見てあげましょう。
修理できるなら良いですが、できない場合はすぐに買い替えてくださいね。
大人がしっかり見てあげなければ、子供はそのまま自転車を使ってしまいます。
きちんと子供の話に耳を傾けることが大切ですよ。

2.長く乗れるための自転車選びのポイント

2-1.今の子供に合ったサイズの自転車を選ぶ

自転車を選ぶとき、できるだけ長く乗れるために大きめのサイズを選んでしまいますよね。
しかし、今の子供に合っていないサイズの自転車は非常に危険です。
サイズが合っていないと、ふらふらで走ってしまいます。
ふらふら状態のまま自転車をこぐのは、大事故につながる恐れがあるでしょう。
子供の安全を守るためにも、「今の子供に合ったサイズの自転車」を選んでくださいね。
サイズが合っているかどうか、試し乗りをしましょう。
自転車にまたがったとき、1番下までサドルを下げてみてください。
下げたときに足のつま先が地面につくのであれば、サイズが合っている証拠です。
サドルの高さは、自由に調節できるので安心してください。
子供の成長に合わせてサドルの高さを合わせていきましょう。

2-2.子供の年齢に合った自転車を選ぶ

子供の自転車には、3種類あることを知っていますか?
「トレーニングバイク」「キッズサイクル」「ジュニアサイクル」の3種類があるのです。
低学年の子供にぴったりなのは、5歳~11歳に最適の「ジュニアサイクル」になるでしょう。
補助輪を必要としない自転車になっています。
ジュニアサイクルにも、20型~24型までサイズがそろっているのです。
20型は身長110cm~135cm、22型は116cm~146cm、24型は121cm~154cmが最適になっています。
自分の子供は身長がどのくらいあるのか、きちんと調べておくと良いでしょう。
身長を考えて、ぴったり合う自転車を選んでくださいね。
ちなみに、「トレーニングバイク」は2歳~5歳向け、ペダル・ギアがついていないタイプになります。自分の足で地面をけり、前へ進む自転車です。
「キッズサイクル」は、2歳~8歳向け、補助輪がついていますよ。

3.不要になった自転車の処分方法

3-1.不用品回収業者を利用する

買い替えで古い自転車がいらなくなってしまいます。
不要になった自転車の処分方法について説明しましょう。
効率的な処分方法は、「不用品回収業者」を利用することです。
不用品回収業者は、電話1本ですぐにかけつけてくれます。わざわざ運ぶ必要もありません。
また、不用品回収業者によっては、「24時間対応」しているところもあるのです。
「今すぐ回収してもらいたい!」と思ったときに、いつでも回収できるのは本当に助かりますよね。
いつまでも古い自転車を放置しておくと、邪魔になってしまうでしょう。
処分したいときにすぐ不用品回収業者へ連絡をしてください。
業者に依頼するときは、必ず「見積書」を確認することが大切です。
回収費用を必ず確認したうえで、安心できる業者に依頼してくださいね。

3-2.リサイクルショップやネットオークションで売る

壊れていない自転車は、リサイクルショップやオークションで売ることもできます。
ただ処分するよりも売った方が、お金を得るので一石二鳥です。
リサイクルショップでは、目立つ傷や壊れていない限り買い取ってくれるでしょう。
買い取り価格はお店によって異なるので注意してくださいね。
できるだけ高く売りたい人は、いろいろなお店を比較してみましょう。
リサイクルショップで売れなかった自転車でも、ネットオークションで売れる可能性があります。ネットオークションで売る場合は、登録や準備が大変になるでしょう。
しかし、どうしても売りたい人は、ネットオークションの利用も検討してみてくださいね。

4.まとめ

子供用自転車の買い替え時期や長く乗れるための自転車選びのポイント、不要になった自転車の処分方法について説明しましたが、いかがでしたでしょうか。
子供用自転車の買い替え時期を知り、子供のサイズに合った自転車を選んでくださいね。
大人目線ではなく、子供目線で考えることが大切ですよ。

  • 子供の体に合わなくなったとき
  • お下がりの自転車で古くなったとき
  • 自転車の安全性がなくなったとき
  • 今の子供に合ったサイズの自転車を選ぶ
  • 子供の年齢に合った自転車を選ぶ
  • 不用品回収業者を利用する
  • リサイクルショップやネットオークションを利用する

以上のポイントは、ぜひ押さえておいてください。
子供用自転車の買い替えは、「安全性」を重要視すると良いですよ。
何より、子供が乗りやすい、安心して遊べる自転車かどうかが大切になります。

不用品・粗大ごみをどこよりも格安回収 無料見積り・相談は今すぐこちらから