ガスコンロの買い替え時期はいつ? 平均寿命や選び方、処分方法について

調理に必要不可欠な「ガスコンロ」が壊れると、困ってしまいますよね。
急いで新しいガスコンロを用意しなければなりません。
慌てることのないよう、事前に買い替え時期を把握しておきましょう。
買い替え時期さえ把握しておけば、壊れる前に買い替えができます。
ガスコンロの平均寿命や寿命が近くなると起きる不具合、ガスコンロ選びのポイント、処分方法について説明しましょう。
ガスコンロの買い替えを考えている人は、ぜひチェックしてくださいね。

目次

  1. ガスコンロの平均寿命と起きる不具合
  2. ガスコンロ選びのポイント
  3. ガスコンロの処分方法
  4. まとめ

1.ガスコンロの平均寿命と起きる不具合

料理に必要なガスコンロの平均寿命について説明します。
平均寿命を把握しておけば、故障する前に買い替えができるでしょう。
また、ガスコンロの寿命が近くなると起こる不具合も紹介します。
ぜひチェックしてくださいね。

1-1.ガスコンロの平均寿命は「10年~15年」

ガスコンロの種類によって異なりますが、平均寿命は「10年~15年」と言われています。
ガスコンロは使うたびに汚れてしまうものです。
汚れがつくたびにきちんとお手入れをしているなら、ガスコンロは10年以上使えるでしょう。
しかし、お手入れをしていなければ寿命が短くなってしまいます。
きちんとお手入れをして、15年以上も使い続けた人もたくさんいるのです。
平均寿命は10年~15年でも、お手入れ・使い方によっては寿命が異なるでしょう。
今まできちんとお手入れをしていなかった人は、きちんとお手入れをしてくださいね。

1-2.スムーズに点火しない

ガスコンロの寿命が近くなると、さまざまな不具合が発生します。
ほとんどのガスコンロで起こる不具合が、「点火しにくい」ことです。
スイッチを押しているのに、なかなか点火しなくなるでしょう。
何度かやってみて、やっと点火したケースが多いです。
すぐに点火しないガスコンロは、寿命が近づいている証拠になります。いずれ、点火さえしなくなるでしょう。
使えなくなってしまう前に、ガスコンロの買い替えをしてくださいね。
また、点火しなくなると同時に、火力の調節ができなくなることも1つの不具合です。
火力の調整をすると火が消えてしまう、なかなか火力が小さくならないと言った症状は危険になります。
できるだけ早めに買い替えましょう。

1-3.ガスの炎や鍋底の状態

ガスコンロを利用したとき、ガスの炎がおかしくなっていませんか?
ガスの炎がオレンジ色、または、黄色になっている場合、不完全燃焼を起こしている可能性があります。
不完全燃焼が起こると、一酸化炭素が発生するので注意しなければなりません。
また、ガスコンロを使った後、鍋底を確認してみてください。
鍋底に黒いすすがついている場合も、一酸化炭素が発生しています。
一酸化炭素の発生は、大事故につながる危険もあるので要注意です。
ほかにも、電池交換しても火がつかない、魚焼きグリルの故障など、さまざまな不具合が発生します。
使いづらさを感じたら、すぐに買い替えを検討しましょう。

2.ガスコンロ選びのポイント

2-1.3つの種類がある設置方法

ガスコンロにはさまざまな種類が登場しています。
大まかにわけるなら、3種類の設置方法になるでしょう。
ガスコンロの設置方法は、「据え置き」「ビルトイン」「カセットコンロ」と3種類です。
カセットコンロは、キャンプなどで使う簡易ガスコンロなので今回は省きます。
家庭で使うガスコンロは、ほとんどが「据え置き」か「ビルトイン」になるでしょう。
据え置きは、テーブルコンロやガスコンロとも呼ばれており、ガス台に載せる設置タイプです。
基本的なガスコンロは、据え置きタイプになりますね。キッチンにあるガスホースをつなぎ使うガスコンロです。
そして、ビルトインはシステムキッチン様式になります。
違和感なくキッチンに取り込めるので、スマートなデザインが多いです。
最近は、ビルトインタイプのガスコンロを選ぶ人が増えてきています。

2-2.ガスの種類と機能で選ぶ

設置方法の次に確認しておきたいのが、「ガスの種類」と「機能」です。
ガスの種類は、「都市ガス」「LPガス」「カセットボンベ」の3種類になります。
据え置きタイプとビルトインタイプは、都市ガス・LPガスのどちからになるでしょう。
都市ガスは、各家庭や事業所にガス管をとおしてガスを送ります。
LPガスは、ガスが入っているボンベを家庭に運ぶ方法です。液化石油ガスやプロパンガスとも呼ばれていますね。
自分の家庭は、どちらの方法になるのか確認してください。
ガスの種類によって、適切なガスコンロが選べます。
また、もう1つ注目してほしいのが「機能」です。
ガスコンロには種類によって、さまざまな機能がついています。
火事を未然に防ぐ「消し忘れ消火機能」や、魚焼きグリルの受け皿に入れる水が不要な「無水グリル」などさまざまです。
機能面にも目を向けてくださいね。

3.ガスコンロの処分方法

3-1.不用品回収業者を利用する

買い替え時に困ってしまうのが、ガスコンロの処分です。
処分したいけれど、方法がわからない人も多いのではないでしょうか。
効率的な処分方法は、「不用品回収業者を利用する」ことです。
不用品回収業者は、どのようなガスコンロでも回収してくれます。
すでに故障している、壊れているガスコンロでも大丈夫ですよ。
さらに、電話1本ですぐにかけつけてくれるでしょう。
処分したいときに処分できる効率的な方法です。
不用品回収業者を利用する場合は、必ず「見積書」をチェックしてくださいね。
業者の中には、高い料金を請求する悪徳業者もいます。
最近は、消費者センター・国民生活センターへトラブルの相談がたくさんきているのです。悪徳業者に引っかからないよう、信頼できる業者を選んでくださいね。

3-2.購入するお店で処分してもらう

買い替えで不要になったガスコンロは、購入したお店で回収してもらえます。
ただし、お店で新しいガスコンロを購入する人だけです。
購入しない人に対しては回収をしていません。
また、お店によっては回収さえ受け付けていないところもあります。
事前に購入するお店へ確認しておきましょう。
もし、回収してくれるのなら、買い替え時に処分できるので効率的です。
自治体によっては、粗大ゴミとして処分ができるでしょう。
家電リサイクル対象品目に入っていないので、ぜひ自治体のホームページをチェックしてください。
粗大ゴミシールを購入して、貼り付けなければなりません。

4.まとめ

ガスコンロの平均寿命と起きる不具合、選び方のポイント、処分方法について説明しましたが、いかがでしたでしょうか。
ガスコンロの買い替えを考えている人にとっては、大切な内容ばかりです。
何も知らないまま買い替えをするより、基礎知識を身につけた方がスムーズに買い替えができます。
満足できる買い替えをするためにも、ぜひ確認してくださいね。

  • ガスコンロの平均寿命は「10年~15年」
  • スムーズに点火しなくなる
  • ガスの炎がオレンジ色・黄色になる
  • 使用した鍋底が真っ黒になる
  • 設置方法は「据え置き」「ビルトイン」「カセットコンロ」の3つ
  • ガスの種類と機能で選ぶ
  • 不用品回収業者を利用する
  • 新しいガスコンロを購入するお店で回収してもらう
  • 自治体の「粗大ゴミ」として処分する

以上のポイントは、押さえておいてくださいね。
基礎知識を身につけ、スムーズに買い替えましょう。

不用品・粗大ごみをどこよりも格安回収 無料見積り・相談は今すぐこちらから