エアコンを買い替える前にチェック! 後悔しない選び方とは

エアコンを買い替えるときに重要となる選び方には、いくつかポイントがあります。この選び方を正しく理解しておかないと、購入後に後悔する可能性もあるのです。ここでは、エアコンを選ぶポイントについて詳しく説明していきます。

目次

  1. 最適なエアコンを選ぶポイントは「容量」
  2. エアコンの最新機能
  3. 省エネ性能の節約効果
  4. 不用になったエアコンの処分方法

1.最適なエアコンを選ぶポイントは「容量」

部屋を冷やす能力を左右するのは、エアコンの容量です。エアコンがよく効いて冷えている部屋でも、エアコンを切ると熱負荷により温度は上昇していきます。熱負荷とは、部屋のすき間や窓、壁から侵入してくる熱のことです。ほかにも、部屋に置いてある電化製品やわたしたち人間の体から発生している熱も熱負荷になっています。
この熱負荷に比べて、エアコンの能力(容量)が大きくなければ部屋を冷やすことができません。適切な容量のエアコンを選ばないとエアコンは常にフルパワーで冷やしていく必要があります。そのため、故障しやすくなり、寿命も短くなってしまうのです。
それでは、適切な容量の選び方をお伝えしましょう。

1-1.畳数

最も簡単に容量を調べる方法は、畳数です。エアコンのカタログなどには、畳数の目安が書かれています。たとえば、「冷房時の目安は8~12畳」のように書かれているでしょう。この場合、最小値となっている8畳というのが木造住宅のケースを示しています。そして、最大値である12畳というのは、鉄筋住宅の場合です。このように、設置する部屋の広さに適した容量のエアコンを選びましょう。

1-2.部屋の条件

部屋の広さだけでなく、場所も重要なポイントです。部屋はどのような場所にあるかによって、室温が大きく変わってきます。たとえば、直射日光が当たりやすい南向きの部屋は室温が上昇しやすいのが特徴です。反対に、直射日光がほとんど当たらない北向きの部屋では、室温の上昇はゆるやかになります。さらに、火を使うキッチンも室温が上昇しやすいということを忘れないでください。
このように室温が上昇しやすい南向きの部屋やキッチンには、先ほどお伝えした畳数よりも1つ上の容量のエアコンを設置するとよいでしょう。

1-3.km最大値と幅

エアコンのカタログには、km最大値も記載されています。この能力が大きいほど、冷房も暖房もパワーが強くなるというわけです。そして、この能力の幅もカッコ書きなどで書かれています。この幅というのは、どれくらい変更可能かということをあらわしているのです。最小値が小さいほど、きめ細かな運転ができるエアコンということになります。

2.エアコンの最新機能

エアコンを選ぶときには、最新の機能についても知っておきましょう。特に注目したいのが、次の3つの機能です。

2-1.感知センサー

通常のエアコンには、温度や湿度を感知するためのセンサーがついています。このセンサーによって、自動運転が可能となっているのです。最新のエアコンには、さらに「人のいる位置」や「人の運動量」を感知するセンサーがついています。
このセンサーがあることで、人のいるところだけ冷暖房することが可能です。また、人が動いているか寝ているかまで判断して適切な温度に変更することもできます。このように自動でコントロールできるので、より快適になるだけでなく省エネにも役立つのです。

2-2.気流

エアコンの性能を左右するのは、センサーだけではありません。エアコンから出される冷暖房の風を効率よく部屋全体に行き渡るようにするためには、気流の設計が重要となります。ワイドやロングなど、メーカーはそれぞれ工夫を凝らしているのです。フラップを自由に動かして人に直接風をあてないようにするなど、快適さにも大きく影響します。

2-3.除湿

湿度を下げる「冷房除湿」がついているエアコンは多くなってきました。しかし、「再熱除湿」という機能をご存じでしょうか。この機能では、室温を下げることなく除湿できます。たとえば、まだ少し肌寒さを感じる梅雨の時期に活躍するでしょう。
温度を下げた空気をヒーターであたためるというタイプは以前にもありましたが、最新のものでは廃熱を利用するなどして消費電力の削減にも貢献しています。
ほかにも、除湿の機能は多彩です。「衣類乾燥モード」があれば洗濯物を室内干しをしても快適でいられます。また、結露が気になる時期には「結露抑制モード」がおすすめです。このような除湿モードを必要に応じて選べるタイプを選ぶとよいでしょう。

3.省エネ性能の節約効果

エアコンはエネルギー消費量が大きい家電です。しかし、製品によって省エネ性能の違いも大きいという特徴があります。そこで、省エネ性能を簡単に見比べられるように「省エネレベル」が表示されているのです。「省エネレベル」の意味をしっかりと理解して、節約効果にすぐれたエアコンを選びましょう。

3-1.省エネ性能を星の数でチェック

省エネ性能は、星の数を使ってわかりやすく表示されています。5つの星を使って5段階で評価されているのです。一定の基準を達成していて性能が高い製品ほど星の数が多くなります。

3-2.目安電気料金

省エネ達成率のほかに、年間の目安電気料金も表示されているので確認してください。電気料金の目安をチェックすると年間の消費電力量などもわかりやすいでしょう。このように、エネルギー消費効率を見比べることができます。

3-3.家庭の節電はエアコンから

エアコンの消費電力は、家庭全体で消費している電力の約4分の1を占めていると考えても構いません。夏の日中にはさらに増えて、全体の半分以上もエアコンによって電力を消費しているケースもあります。
このように、家庭の電力消費に大きな影響を与えているのがエアコンです。家庭で節電を考えるときには、エアコンの消費電力を減らすことが重要となります。新しくエアコンを購入するときには、ぜひ省エネタイプを選んでください。

4.不用になったエアコンの処分方法

4-1.エアコンは家電リサイクル法の対象

エアコンは、平成13年から施行されている家電リサイクル法の対象品目です。そのため、各自治体では集積場からの回収はしていません。法律で定められたリサイクル料金を支払って、指定された引き取り場所まで運ぶ必要があります。自分で運ぶか、業者に運んでもらうかは自由です。

4-2.販売店に回収してもらう

新しいエアコンを購入すると、古いエアコンを回収してくれる販売店があります。エアコンを購入するときに、販売店に確認してみてください。新しいエアコンを取り付けるときに、古いエアコンを取り外してくれて、そのまま引き取ってくれるでしょう。
ただし、この場合はリサイクル料金以外に収集運搬料金が必要となります。料金についても事前に問い合わせておきましょう。

4-3.不用品買い取り・回収サービス

不用品買い取り業者に依頼することもできます。まだ使えるエアコンの場合は、買い取ってもらったほうがお得です。買い取りの対象とならない場合でも、そのまま回収してくれるでしょう。自宅に来てくれるので、手間をかけずに処分できるのがうれしいところです。費用は業者によって異なりますから、事前に見積もりを比較しておくとよいでしょう。

まとめ

エアコンを選ぶポイントは、次のとおりです。

  • 設置する部屋の広さに適した容量のエアコンを選ぶ
  • 南向きの部屋やキッチンは1つ上の容量のエアコンを設置する
  • Km最大値と幅をチェック
  • 感知センサーは快適さと省エネに効果的
  • 冷暖房の風を効率よく部屋全体に行き渡るようにするためには、気流の設計が重要
  • 除湿モードを必要に応じて選べるタイプを選ぶとよい
  • 「省エネレベル」を確認

せっかくエアコンを買い替えるなら、省エネ性能にすぐれたタイプを選びましょう。

不用品・粗大ごみをどこよりも格安回収 無料見積り・相談は今すぐこちらから