生前整理と老全整理、どう違う? それぞれの特徴とやり方について!

生前整理という言葉を良く聞きますが、似たような言葉に老前整理というものもあります。どのように違うのか分からず、困惑している方も多いのではないでしょうか。

そこで、今回は生前整理と老前整理の特徴や、それぞれのやり方についてご紹介します。ぜひ、最後までお付き合いくださいね!

目次

  1. 生前整理と老前整理
  2. 生前整理ですべきこ
  3. 老前整理ですべきこと
  4. 処分すべきものの判断基準
  5. それでも捨てるべきか迷ったときに解決するコツ

1.生前整理と老前整理

1-1.生前整理とは?

生前整理とは、その名のとおり、生前に自分の周囲を整理しておくことです。単なる片づけという意味合いもありますが、どちらかというと自分の死後に残された家族が苦労しないように、財産や持ちものを整理しておくという意味があります。基本的には老後に行う整理です。

1-2.老前整理とは?

老前整理とは、老後の気力や体力の低下に備え、体力のあるうちに不用なものを捨てて整理することです。第1の目的は『老後の生活をより良くするため』で、同じような言葉でも死後にそなえる意味合いの強い生前整理とは意味合いが微妙に異なります。簡単にいえば、自分が快適に生きていくための整理といえるでしょう。主に初老の人がする整理です。

不用品・粗大ごみをどこよりも格安回収 無料見積り・相談は今すぐこちらから