生前整理と老全整理、どう違う? それぞれの特徴とやり方について!


生前整理という言葉を良く聞きますが、似たような言葉に老前整理というものもあります。どのように違うのか分からず、困惑している方も多いのではないでしょうか。

そこで、今回は生前整理と老前整理の特徴や、それぞれのやり方についてご紹介します。ぜひ、最後までお付き合いくださいね!

目次

  1. 生前整理と老前整理
  2. 生前整理ですべきこ
  3. 老前整理ですべきこと
  4. 処分すべきものの判断基準
  5. それでも捨てるべきか迷ったときに解決するコツ

1.生前整理と老前整理

1-1.生前整理とは?

生前整理とは、その名のとおり、生前に自分の周囲を整理しておくことです。単なる片づけという意味合いもありますが、どちらかというと自分の死後に残された家族が苦労しないように、財産や持ちものを整理しておくという意味があります。基本的には老後に行う整理です。

1-2.老前整理とは?

老前整理とは、老後の気力や体力の低下に備え、体力のあるうちに不用なものを捨てて整理することです。第1の目的は『老後の生活をより良くするため』で、同じような言葉でも死後にそなえる意味合いの強い生前整理とは意味合いが微妙に異なります。簡単にいえば、自分が快適に生きていくための整理といえるでしょう。主に初老の人がする整理です。

2.生前整理ですべきこと

2-1.遺言書の作成

生前整理においてまずしなければいけないことは、遺言書の作成。遺言書がないと、最悪の場合遺産相続などで親族が争うことになってしまいます。そのため、争いを防ぐ意味で非常に重要です。

遺言書に書く内容は決められていませんが、家族へのメッセージなどは最小限に抑え、なるべく遺産に関する記述をするのが基本となります。家族へのメッセージは後述するエンディングノートを利用しましょう。

2-2.エンディングノートの作成

エンディングノートとは、人生のエンディングに備えて、家族へのメッセージや自身の願いを書き留めておくノートのことです。具体的にどのようなことを書くかというと、以下のようなものが挙げられます。

  • 家族へのメッセージ
  • 自身が病気によって判断力や意思疎通能力を喪失した場合の判断
  • 病気になった際、延命処置をするかどうか
  • 死亡したときにどのような葬儀をするか
  • 死亡した際、死去の知らせを伝えて欲しい相手の名前・住所
  • 不用品の処分方法
  • 家系図に関する記述

エンディングノートは遺言書のような法的効力はありませんが、遺言書はなるべく簡潔に作りたいという考えが広まり、活用する方が増えています。

3.老前整理ですべきこと

3-1.バリアフリー化

老前整理で最も重要なことの1つが、家のバリアフリー化です。老人になると簡単な段差でも足を取られますし、階段なども非常に辛くなってきます。

老いたときに苦労しないためにも、家のバリアフリー化は非常に重要なのです。バリアフリーは単に段差をなくすだけではなく、階段のほかにエレベーターを設置するといったことも含まれます。

3-2.財産の整理

財産の整理も重要なことの1つです。どのようなことを行うかというと、たとえば家の売却が挙げられます。老人になると子どもは独立し、夫婦2人の生活になることが多いでしょう。夫婦2人で広い家を管理するのは大変ですし、使わない部屋は無駄ですよね。

そこで、土地を売却し、子供夫婦の購入する家のお金に充てて一緒に住んだり、売却したお金で新しくマンションを購入することが考えられます。

3-3.不用品の処分

最後に挙げられるのが不用なものの処分です。

老人といわれる年齢になると、子どもはすでに独立しているため、子どものために必要だったものが不用となります。たとえば、食器や家具。おもちゃや勉強道具などです。

思い出のあるものも多く、処分をせずにタンスにしまっておいたり、そのまま放置していることも少なくありません。しかし、歳をとってから後で処分しようとすると非常に面倒です。体力が衰えないうちに、家の整理をしておきましょう。

4.処分すべきものの判断基準

さて、老前整理において不用品を処分しようと考えたあなた。しかし、そうなると困るのが捨てるべきものと残すべきものの判断基準です。そこで、この項では捨てるものの判断基準についてご紹介します。

4-1.『いつか使うかも知れない』は処分すべき

ときどきやっているゴミ屋敷の特番などで、ゴミ屋敷家主が『いつか役に立つから』などいう理由でゴミを拾ってきますよね。しかし、実際にそれを使っているところは見たことがありません。

つまり、『いつか』というのはいつまでたってもやってこないのです。ですから、いつか使うだろう、というものは捨ててしまった方が賢明でしょう。残しておいても邪魔なだけです。

4-2.役に立っていないものは処分すべき

現在役に立っているものか、もしくは将来的に必要かどうかというのも判別基準の1つです。

たとえば、一軒家。老人になって子どもが独立したのに、広い一軒家は果たして必要でしょうか。子どもに財産を残すという意味で住み続けるのも良いとは思いますが、子どもが自分で家を建てているようなら、残しておいてもあまり意味はありませんよね。それなら土地を売却して子ども夫婦と一緒に暮らし、売却したお金を子供の家のお金に充てた方が有意義です。

4-3.代用できるものは処分すべき

たとえば、大型バイクなどが挙げられます。若い頃はツーリングなどで乗り回していた大型バイクも、年老いて体力が減ると乗る機会は減ってくるはずです。また、大型バイクは重量があるため、転倒したときのリスクも高いため、周りから言われて渋々乗らなくなるというケースもあるでしょう。

そのまま車庫でホコリを被らせておいてはもったいないですから、便利で危険性の低いスクーターに買い替えた方が有意義ですよね。

あくまでバイクは一例ですが、このように代用できるものがあるなら、きっぱりと処分すべきでしょう。

5.それでも捨てるべきか迷ったときに解決するコツ

どうしても捨てるべきか迷ったら、『5W1H』という6つの問いかけを自分にして判断するのがコツです。

  1. これは何なの?
  2. なぜあるの?
  3. いつ必要なの?
  4. どこで使うの?
  5. 誰が使うの?
  6. どのように使うの?

これら全てを自分に問いかけ、身近な老人を頭に思い浮かべ、本当に必要かどうかを改めて考えましょう。特に、『どのように使うの?』という問いかけには、よく考えてください。

まとめ

いかがでしたか?

今回は生前整理と老前整理のやり方についてご紹介しました。

  1. 生前整理と老前整理
  2. 生前整理ですべきこ
  3. 老前整理ですべきこと
  4. 処分すべきものの判断基準
  5. それでも捨てるべきか迷ったときに解決するコツ

まとめると以下のようになります。

生前整理とは、その名のとおり、生前に自信の周囲を整理しておくことです。どちらかというと自分の死後に残された家族が苦労しないように、財産や持ちものを整理しておくという意味があります。

老前整理とは、老後の気力や体力の低下に備え、体力のあるうちに不用なものを捨てて整理すること。第1の目的は『老後の生活をより良くするため』。

生前整理では『遺言書の作成』『エンディングノートの作成』を行い、老前整理では『バリアフリー化』『財産の整理』『不用品の処分』を行うのが普通です。

不用品の処分は『いつか使うかどうか』『役に立っているかどうか』『代用できるかどうか』を基準にして行います。それでも迷った場合には『5W1H』を利用して判断するのがコツです。

生前整理も老前整理も必ずしも行う必要があるものではありません。権利であって義務ではないのです。ですが、して後のことを考えれば、やっておいて損はありません。ぜひ、検討してみてくださいね。