不用品回収の行方について知りたい! 回収したその後の処理法とは?

不用品を処分したい場合、すべて回収してくれる業者が「不用品回収業者」です。
処分したい不用品が多いときに、自宅までやってきてくれるので非常に助かります。
しかし、不用品回収業者の中には悪徳業者もいるのです。
実際に、悪徳業者とトラブルになった人も増えてきています。
不用品回収業者の利用を検討している人は、回収された不用品の行方を知らなければなりません。
回収したその後、どうやって処分するのでしょうか。
不用品回収のその後やトラブルを防ぐ方法、不用品を回収してもらうための注意点について説明します。

目次

  1. 不用品回収のその後
  2. トラブルを防ぐには
  3. 不用品を回収してもらうときの注意点
  4. まとめ

1.不用品回収のその後

不用品を回収した後、いったいどのように処分しているのか気になっている人も多いでしょう。「その後」について謎だらけだと思います。
不用品回収業者を利用する前に、不用品回収のその後をきちんと把握しておきましょう。

1-1.独自の販売ルートで不用品をさばいている

優良業者は、独自の販売ルートを持っています。
まだ使えそうな不用品があれば、積極的に買い取っているのです。
買い取りをした不用品は、独自の販売ルートで欲しがっている業者に売り渡しています。
リサイクルショップや中古を発売しているお店、海外にも販売ルートを持っている業者もあるのです。
独自の販売ルートがあるからこそ、利用者が満足できる値段で買い取ることができるのでしょう。
不用品回収業者で大切なのは、「独自の販売ルート」を持つことだと思います。
中古として売れない不用品でも、資源回収業者に売り渡して処分しているのです。
使える部品はすべて再利用している業者は、安心して依頼できるでしょう。

1-2.海外では不用品の需要が高い

業者の販売ルートには、海外への売り渡しも入っています。
不用品にもさまざまな種類はありますが、中でも「家電製品」は海外での需要が高くなってきているのです。
日本の家電製品は質が高く、長持ちすると評判になっているので、多くの外国が注目しています。
直接、販売店から購入するよりも、不用品として回収した家電製品の方が安く手に入れることができるのです。
故障した家電製品でも、修理をすれば再び中古品として売ることができるでしょう。
電化製品以外にも、オフィス用具や農業用の製品も人気が出ていますよ。
家電製品の修理をほかの業者に頼むとコストがかかるため、自社で修理をしている業者が多いですね。

1-3.悪徳業者は不法投棄をしている

不用品回収業者は、最後まで責任を持って不用品を処理しなければなりません。
優良業者は、きちんと販売ルートを持っていますが、悪徳業者は違います。
悪徳業者は利用者からお金を奪うことを目的としているので、不用品の処分まではまったく考えていないのです。
そのため、悪徳業者は「不法投棄」をしているところが多いのが現状問題になっています。
森や林の中、空き地に不法投棄しているのです。
不法投棄は環境破壊につながるので、絶対にやってはいけません。
不用品回収業者を利用する人は、悪徳業者に引っかからないため見分ける力を持つことが大切です。

2.トラブルを防ぐには

2-1.実際に起きたトラブル事例

不用品回収業者とのトラブルを防ぐには、実際に起きたトラブル事例を知ることが大切です。
トラブル事例を把握しておけば、悪徳業者との見分けができるでしょう。
不用品回収業者とのトラブルが年々相次いでいるので、注意してくださいね。
さまざまなトラブルの中でもとくに多いのが、「後で有料と言われた」ケースです。
「回収無料」と言いながら、後でやっぱりお金がかかると回収費用を請求する悪徳業者がいます。
本当に回収無料になっている業者は、独自のルートを持っているので費用がかかりません。
きちんと回収費用が無料になる理由があるのです。
「車に積んだ後で料金が請求された」というケースもあるので、事前に必ず確認しておきましょう。
追加料金や見積書の確認をしてから依頼することが大切になります。

2-2.回収した後の行方を確認する

悪徳業者とのトラブルには、「回収してもらった不用品が不法投棄されていた」ケースもあります。
不法投棄されている姿を見ると、本当にショックですよね。
自分が不法投棄していることになるので、トラブルを防ぐためにも、回収した後の行方を確認してください。
今では、ほとんどの業者がホームページを持っています。
ホームページでは、回収した不用品の処分方法について記載しているところもあるでしょう。
もし、載っていない場合は、メールフォームや電話で問い合わせてください。
回収した後の行方について、しっかり説明してくれるところは安心して依頼できます。
しかし、適当に答える業者は信頼できません。悪徳業者の可能性があるので、要注意ですよ。

3.不用品を回収してもらうときの注意点

3-1.複数業者の「見積書」を確認する

不用品を回収してもらうとき、注意点があります。
悪徳業者に引っかからないためにも複数業者の「見積書」を確認しましょう。
1社の見積もりだけでは判断できません。
悪徳業者か優良業者のどちらになるのか判断するためには、複数の業者に見積もりを依頼してください。
そして、比較することが大切ですよ。
買い取ってほしい場合は、どこが1番高い買い取り価格になるのか、回収になるなら、費用がいくらになるのか判断できるでしょう。
見積書に不備な点や疑問点がある場合は、すぐに問い合わせてくださいね。
業者がしっかり丁寧に説明してくれれば、安心できるでしょう。
しかし、適当に答える、もしくは答えてくれない業者は要注意です。
悪徳業者の可能性があるので、依頼しないように気をつけてくださいね。

3-2.インターネットの口コミ・評判をチェックする

不用品回収業者に依頼する前、インターネットの口コミ・評判をチェックしてください。
口コミや評判には、実際に利用した人の感想が確認できます。
「対応が悪かった」「後で不当な料金の請求がきた」「不用品を不法投棄していた」など、悪評がついている業者もあるでしょう。
悪評がついている業者は注意してください。
依頼する前に、評判はどのようになっているのか確認することが大切です。
口コミ・評判は公式ホームページではわからないことが確認できるので、ぜひチェックしてくださいね。
できるだけ評判がいい業者を選びましょう。

4.まとめ

不用品回収のその後やトラブルを防ぐ方法、不用品を回収してもらうときの注意点について説明しましたが、いかがでしたでしょうか。
不用品回収業者の利用を検討している人は、必ず知っておきたい基礎知識です。
実際に起きたトラブルや注意点を把握した方が、信用できる業者に依頼できますよ。
自分が安心できる業者を見つけてくださいね。

  • 独自の販売ルートで不用品をさばいている
  • 海外では不用品の需要が高い
  • 悪徳業者は不法投棄をしている
  • 実際に起きたトラブル事例を把握する
  • 回収した後の行方を確認する
  • 複数業者の「見積書」を確認する
  • インターネットの口コミや評判をチェックする

以上のポイントは、ぜひ押さえておいてくださいね。
基礎知識を身につけておけば、悪徳業者と優良業者の見分けができるでしょう。
トラブルを未然に防ぐことができ、スムーズに不用品の処分ができますよ。
何よりも「知識」が大きな武器になるので、ぜひチェックしておきましょう。

不用品・粗大ごみをどこよりも格安回収 無料見積り・相談は今すぐこちらから