狭い部屋でも大丈夫! 広く見せるために必要なのはちょっとしたコツ

部屋部屋を広く見せるコツさえつかめば、狭い空間でも広く感じられて快適に過ごせます。そこで、部屋が広く感じられるようになるテクニックをいくつかご紹介しましょう。ほんのちょっと意識するだけで、部屋の印象が大きく変わるのです。

目次

  1. 部屋を広く見せるコツ
  2. 部屋が狭く見えるNG例
  3. 不用なものは処分することが大切
  4. 不用品を処分する方法

1.部屋を広く見せるコツ

1-1.床面を多く出す

床の面積が広く出ているほど、部屋がゆったりと広く感じられます。床面積の3分の2以上が出るように家具を配置するとよいでしょう。
リビングの場合、ソファーなどを壁側に寄せて中央に床面を多く出すのがおすすめです。できるだけ、ラグ類で床面を隠さないようにしてください。どうしても敷くなら、あまり大きくないものを選びましょう。
また、床を明るい色にすると部屋を広く見せることができます。床やカーペットの色は明るめにしましょう。アイボリーや明るいグレー、パステルカラーをおすすめします。

1-2.背の低い家具を選ぶ

家具がたくさんあって床面をあまり出すことができなくても、背の低い家具を使えば大丈夫です。部屋の上のほうが広々としていると、錯覚により広く感じられます。
反対に背の高い家具がそろっていると圧迫感を与えてしまい、部屋の狭さが強調されてしまうので気をつけてください。さらに、家具の高さをできるだけ統一しておくと、落ち着いた印象になります。

1-3.鏡を利用する

部屋を広く見せるときに利用できるのが、鏡です。部屋の中に大きめの鏡を置いておくと、対面が移り込むため空間に奥行きが感じられます。ポイントは、鏡を置く位置です。鏡に映ったときに一番美しいと思う場所に置くとよいでしょう。窓の外の景色が映るように鏡を配置すると、開放感のある部屋になります。
同様に、間接照明で壁面を照らしても奥行きを感じられるのでおすすめです。

2.部屋が狭く見えるNG例

2-1.家具の色が暗い

黒やダークブラウンなど暗い色の家具を置くと、部屋が狭く見えてしまいます。壁や床、天井と同じように、家具も白っぽく明るい色でそろえると部屋全体が明るくなり、広く感じられるのです。床や壁の色が変えられない場合には、家具だけでも明るい色にしましょう。

2-2.圧迫感のあるカーテンの柄(がら)

大きな柄(がら)が描かれているカーテンを使っていませんか?また、存在感のある色のカーテンも注意が必要です。このようなカーテンを閉めたときに、圧迫感が出てしまいます。
部屋が広く見えるようなカーテンは、茶色やベージュなどのナチュラルな色のものです。そして、カーテンは無地をおすすめします。しかし、柄(がら)ものを選ぶのであれば小さな柄(がら)にしてください。

2-3.部屋の角にものが置かれている

部屋に入ったときに目に入ってくる部屋の角には、なにも置いていないのが理想です。この角にものが置かれていると、窮屈(きゅうくつ)な印象を与えてしまいます。
可能であれば、家具はひとつの角にまとめておいてください。4つすべての角がもので埋めつくされている部屋よりも、なにも置いていない角がある部屋のほうがだいぶ広く感じられるものです。

3.不用なものがないすっきりとした部屋に

3-1.部屋を広く見せるために必要な「断捨離(だんしゃり)」

ものがたくさんあふれている部屋は、当然狭く感じます。実際のスペースも狭くなりますし、見た目にも統一感がなくなるでしょう。
広く見える部屋を手に入れたければ、断捨離(だんしゃり)が有効です。断捨離とは、「いらないものを断つ」「いらないものを捨てる」「いらないものから離れる」という意味の言葉。不用なものは思いきって処分してみてはいかがでしょうか。

3-2.ものを置きっぱなしにしない

家具の配置や床の色を工夫しても、部屋の中が雑然としていれば広さを感じることはできません。特に注意してほしいのが、テーブルやソファーの上です。「とりあえず」と思ってさまざまなものを置きっぱなしにしていませんか?床の上も同じです。
ものは置きっぱなしにしないで、その都度片付けてください。すぐに片付けることができなければ、一時的に片付けるためのカゴを用意しておくとよいでしょう。そこにまとめておいて、後で元の場所に戻す習慣をつける方法もあります。

3-3.隠す収納ですっきり

かわいい雑貨などは見せるために飾りたくなりますが、このような見せる収納は部屋が狭く感じる要因のひとつです。広く見える部屋を目指すなら、隠す収納を心がけましょう。少しでもごちゃごちゃした印象をなくすことが大切です。

4.不用品を処分する方法

部屋を広く見せるためには、余計なものを置かないことがポイントとなります。不用なものは処分してしまいましょう。そこで、不用品を処分する方法をいくつかご紹介します。

4-1.ゴミとして処分する

自治体の回収日に合わせて、ゴミとして処分する方法が一般的です。ただし、分別はきちんとしてください。特に、今回のように部屋の中を整理すると出てくるのは不燃ゴミや粗大ゴミが多いでしょう。このようなゴミの回収日は限られているので、スケジュールをしっかりとチェックしなければなりません。特に粗大ゴミは、回収してもらえるまでに日数がかかる場合がほとんどです。
また、不燃ゴミや粗大ゴミとして捨てられないものもあるので、お住まいの自治体のルールを確認しなければなりません。

4-2.不用品回収サービスを利用する

自治体の回収日まで待たずに処分したい人も多いでしょう。そのような場合に便利なのが、不用品回収サービスです。処分したいものがたくさんあるときにも、一度にまとめて引き取ってもらえるので役立ちます。仕事で忙しくても、土日や夜間も対応してくれる業者を利用すれば問題ありません。
サービスを利用するのは有料ですが、無料で見積もりをしてくれるところもあるので一度問い合わせてみてはいかがでしょうか。
ただし、業者の選び方には注意が必要です。不用品回収業者の中には、悪質なところもあります。そのような業者は不法投棄を行っている可能性があるので、気をつけてください。「一般廃棄物収集運搬」の許可をもっている業者を必ず選びましょう。

4-3.不用品買い取りサービスもある

部屋を広く見せるために模様替えをしていると、色や大きさなどの問題で新品同様だけど使えないものが出てくることがあります。このように十分使えるものを捨ててしまうのは、もったいないことです。そこで、買い取りサービスをおすすめします。
不用品回収業者の中には、買い取りサービスも行っているところがあるのです。そのような業者を利用すれば、状態のよい不用品を買い取ってくれるだけでなく、買い取りの対象外となったものもそのまま引き取ってもらえます。あちこちに足を運ぶ必要がないので、大変便利です。手間をかけずに不用品を処分したい人は、買い取りサービスを行っている不用品回収業者に依頼してみてはいかがでしょうか。

まとめ

部屋を広く見せるためのポイントをいくつかご紹介しました。

  • 床面積の3分の2以上が出るように家具を配置する
  • ラグ類で床面を隠さない
  • 床を明るい色にする
  • 背の低い家具を選ぶ
  • 鏡や間接照明を利用する
  • 家具も白っぽく明るい色でそろえる
  • カーテンは、茶色やベージュなどのナチュラルな色で無地がおすすめ
  • 部屋の角すべてにものを置かない
  • 断捨離(だんしゃり)が有効
  • ものを置きっぱなしにしない
  • 隠す収納ですっきり

このような点を意識して部屋の模様替えや片付けをしましょう。狭い部屋でも工夫次第で、広く見せることは可能なのです。

不用品・粗大ごみをどこよりも格安回収 無料見積り・相談は今すぐこちらから