行政と業者、粗大ゴミの回収方法の違いとは?

現在は、自治体のゴミ回収ルールはどんどん厳しくなり、粗大ゴミが有料というところも珍しくありません。
そんな現状を反映したのか、家庭内で出た不用品を回収するサービスを行っている業者の需要が高まっています。
そこで、今回は行政と業者の違いについてご紹介しましょう。
行政の方が安価で回収してくれますが、時と場合によっては業者を頼んだ方がよいケースもあるのです。
粗大ゴミの処分方法に迷っているという方は、ぜひこの記事を読んで処分方法を決める参考にしてください。

目次

  1. 粗大ゴミって何?
  2. 粗大ゴミでは回収できないゴミとは?
  3. 行政と業者の回収法の違いとは?
  4. 業者に粗大ゴミの回収を依頼した方がよいケースとは?
  5. 必ず見積もりを取ろう
  6. おわりに

1.粗大ゴミって何?

粗大ゴミとは一定の大きさ以上のゴミです。
ベッドやタンス、テーブルなどの大型家具や家電などが粗大ゴミとなることが多いでしょう。
また、カーペットのように薄いけれど大きいものも粗大ゴミになる場合があります。
さらに、粗大ゴミの定義は自治体によって異なるのです。
A市では不燃物に指定されていたものだったものがB市では粗大ゴミに指定されていた、というようなことも珍しくありません。
ですから、粗大ゴミを捨てる際は必ず事前に確認をしましょう。
市役所のホームページや、担当の部署が発行しているパンフレットなどを見ればどのようなゴミが粗大ゴミになるか分かります。

2.粗大ゴミでは回収できないゴミとは?

粗大ゴミのほとんどは、大型家具や家電です。
しかし、

  • 冷蔵庫(冷凍庫)
  • エアコン
  • 洗濯機(乾燥機)
  • テレビ
  • パソコン

の5つは、家電リサイクル法とPCリサイクル法によって処分方法が決まっています。
ですから、どんなものであれ自治体では回収できません。
たとえ知らずにゴミ捨て場に捨てた場合も、不法投棄になるので気をつけましょう。

3.行政と業者の回収法の違いとは?

では、行政と業者が粗大ゴミを回収する方法には、どのような違いがあるのでしょうか?
この項では、その違いを分かりやすく紹介します。

3-1.行政による粗大ゴミ回収の方法とは?

行政では、特定の日に粗大ゴミを無料、もしくは格安で回収しています。
自治体によって回収料が異なるので、事前に確認を忘れずに。
でも、ベッドのような大型家具も数百円で回収してくれます。
回収日は自治体によって決められていますが、だいたい月1回~2回というところが多いでしょう。
出し忘れると次の回収日が1か月先、ということも珍しくありません。
また、ゴミ捨て場まで持っていかないと回収してくれないのです。
タンスや食器棚のような重いものでも例外はありません。
ですから、ひとりで持っていけないような重いものを出したい、という場合は出す方法を考えておきましょう。
また、自分でゴミ処理場に持ちこむ、という方法もあります。
こちらは、重さによって料金がかかるのです。
しかし、重い家具でも数百円程度なので、安心してください。
「事情があって至急、粗大ゴミを処分したい」という場合で、車と人手があるならば利用してみましょう。
ただし、いきなり持っていっても受けつけてもらえない自治体もあります。
必ず事前に電話で申しこみをしておいてください。

3-2.業者による粗大ゴミ回収の方法とは?

家庭から出る粗大ゴミを回収してくれる業者は、たくさんあります。
ホームページを開設している業者も多いので、「不用品回収業者」で検索すればたくさんヒットするでしょう。
電話やメールで申しこむスタイルが一般的ですが、早ければその日のうちに回収に来てくれます。
また、行政では回収してくれない家電リサイクル法の対象家電やパソコンも回収してくれるのです。
ですから、「たくさんの粗大ゴミを一度に回収してほしい」という場合は、業者に依頼した方が便利でしょう。
また、業者によっては不用品を回収するだけでなく、買い取りも行っています。
ですから、まだ新しい家電や家具が不要になったという場合も、便利でしょう。
さらに、不用品回収業者は家まで回収に来てくれます。
女性のひとり暮らしなどで、重い粗大ゴミをゴミ捨て場まで持っていけないという場合も便利です。

4.業者に粗大ゴミの回収を依頼した方がよいケースとは?

この項では、業者に回収を依頼した方がよいケースをご紹介します。
ぜひ参考にしてください。

4-1.至急、粗大ゴミを処分したい場合

事情があって今すぐに粗大ゴミを処分したいけれど、行政の回収日が当分先という場合は業者に依頼した方が便利です。
自分でゴミ処分場に持ちこむ方法もありますが、タンスやベッドなどは軽トラックでもなければ積みこめません。
また、家電リサイクル法の対象家電やパソコンはゴミ処理場に持ちこんでも引き取ってもらえないのです。
ですから、このような家電やパソコンを至急に処分したい場合も、業者を利用した方が便利でしょう。

4-2.いろいろな粗大ゴミを一度に処分したい場合

引っ越しなどでいろいろな粗大ゴミが一度に出たという場合も、業者に依頼すれば一気に片付けられます。
たとえ行政の回収日が近くても、ゴミ捨て場が小さければゴミを一度に捨てられないかもしれません。
また、業者によってはトラック一杯ゴミを積めるだけ積んで、定額料金というようなサービスを行っています。
これならば、値段を気にせずにゴミの回収を依頼できるでしょう。

4-3.粗大ゴミが重くてゴミ捨て場に持っていけない場合

粗大ゴミの中には、重くてゴミ捨て場まで持っていくのが大変というものもあるでしょう。
不用品回収業者ならば、家まで回収しにきてくれます。
ですから、タンスや食器棚を処分したいという場合は、無理をせずに業者に依頼した方が便利です。

5.必ず見積もりを取ろう

「不用品回収業者を利用したいけれど、料金が心配」という方は、多いでしょう。
不用品回収業者のホームページを見ても、回収料を明確に記してあるところは少ないです。
不用品の回収料金は業者によって異なります。
また、同じ家具や家電でも状態や大きさによって値段が変わることもあるのです。
ですから、「依頼されてみないと、料金が決められない」という業者も多いでしょう。
不用品回収業者の大部分は、適正な料金で回収を行っています。
しかし、ごく一部の業者が不当な値段をつけて顧客とトラブルになるケースがあるのです。
ですから、業者に依頼するときはます見積もりを作ってもらいましょう。
行政に回収してもらうよりは高いですが、よほど多量の粗大ゴミを回収してもらわない限り驚くほど高値、ということはないです。
回収してほしい粗大ゴミが1品だけならば、現物を見なくても、ある程度正確な見積もりを作ってくれる業者も多いでしょう。
逆に、いろいろな理由をつけて見積もりを出し渋る業者には、依頼しない方がよいですね。

6.おわりに

いかがでしたか?
今回は行政と業者の粗大ゴミを回収する方法の違いをご説明しました。
まとめると

  • 行政に回収を依頼すれば安いけれど、回収日が決まっていてゴミ捨て場まで持っていく必要がある。
  • 業者に依頼すれば、すぐに家まで回収に来てくれることも多い。
  • 業者に依頼しても、回収してもらうものが少なければそれほどお金はかからない。
  • 重くて大きい粗大ゴミを処分したいときや、今すぐ粗大ゴミを処分したいときは業者に依頼しよう。

ということです。
行政に依頼すれば、数百円でベッドやタンスなどの大型家具も処分できるでしょう。
しかし、大きくて重い家具は持ち運びが大変です。
無理をしてけがをするよりは業者に依頼しましょう。

不用品・粗大ごみをどこよりも格安回収 無料見積り・相談は今すぐこちらから