生前整理の必要性やうまく行うためのポイントとは?

今、親が亡くなった後、遺品の処分方法に悩む子どもが増えているそうです。
その一方で、元気なうちに自分の持ちものを整理する「生前整理」にチャレンジする人も増えています。
そこで、今回は生前整理のポイントや必要性をご紹介しましょう。
「生前整理をしたいけれど、どこから手をつけてよいか分からない」と悩んでいる方もいると思います。
そのような方は、この記事を読めば生前整理のやり方が分かるでしょう。
また、ただ整理するだけでなく、子どもや孫がスムーズに形見分けができるポイントもご説明します。

目次

  1. 生前整理とは?
  2. 生前整理のやり方とは?
  3. こんな人は、ぜひ生前整理を行っておこう
  4. おわりに

1.生前整理とは?

まず始めに、生前整理とは何かということやその必要性をご紹介します。
いったいなぜ、生前整理をする人が増えてきたのでしょうか?

1-1.ものを残されても困る人が増えている

昭和の中ごろまで、生活用品や服は財産でした。
着物や生活用品は親から子へ、子から孫へと受け継がれていくものだったのです。
また、生活用品や服の寿命も長く、壊れたり破れたりしたら修理して使い続けました。
しかし、現代では親から子へ受け継げるものはわずかです。
生活用品や洋服は寿命も短くなり、着物も着る人も少なくなりました。
さらに、家の構造も変化していますから、大型家具の需要も減っています。
ですから、「ものを残されても困る」という方が増えているのです。

1-2.ものを捨てるのにもお金がかかる

今は、ものを捨てるのにもお金がかかります。
特に、大型家電や大型家具をたくさん処分すれば、それだけで万単位のお金がかかるでしょう。
また、ごみ出しのルールも厳しくなっていますから、残されたものが不要な場合はごみの分別も大変です。
さらに、賃貸住宅の場合は借り主が亡くなれば早急に家を明け渡さなければなりません。
遺品がたくさんあるほど、遺族は片づけに苦労するのです。

1-3.生前整理とは何をするのか?

「生前整理なんて、まるで死ぬ間際のようで縁起でもない」と思っている人もいます。
しかし、生前整理は死を意識した人が行う身辺整理ではありません。
年を取ると誰でも体が動きにくくなり、気力も低下していきます。
今まで管理できていた持ちものも、もてあますようになるでしょう。
ですから、生前整理は気力と体力がまだ充実しているうちに、持ちものから本当に自分が必要なものだけを選び出す作業なのです。
生前整理をしておけば、たとえ自分ひとりで生活できなくなったときもスムーズに生活環境を変えられるでしょう。
もちろん、亡くなった後の遺品整理や財産分与も簡単です。

不用品・粗大ごみをどこよりも格安回収 無料見積り・相談は今すぐこちらから