スーツケースを処分したい人は必見! 正しい捨て方と賢い処分法

スーツケースの処分方法は、いくつかあります。大きさや種類により、捨て方も変わってくるでしょう。また、ごみとして捨てるだけではありません。ここでは、スーツケースを処分する方法について取り上げます。

目次

  1. 知っておきたい!スーツケースの正しい捨て方
  2. スーツケースを賢く処分する方法
  3. スーツケースは買い取りしてもらえる?
  4. スーツケースの処分や買い取りを依頼する際の注意点

1.知っておきたい!スーツケースの正しい捨て方

1-1.不燃ごみとして捨てる

小さなスーツケースや布製のスーツケースは、自治体によっては不燃ごみとして捨てることが認められているでしょう。このような決まりは、それぞれの自治体によって定められています。お住まいの地域の自治体で確認してください。大きなスーツケースでも、指定の大きさに分解すれば不燃ごみとして捨てられる場合もあります。

1-2.粗大ごみとして捨てる

大型のスーツケースは、粗大ごみとして捨てるのが一般的です。粗大ごみを回収は、自治体に申し込まなければなりません。そして、ほとんどの自治体では有料となっています。粗大ごみを回収してもらうための券を購入し、処分したいスーツケースに貼り付ける必要があるでしょう。それから、指定された日時に回収場所に出しておきます。
粗大ごみの回収をしてもらう日時は、こちらの希望どおりにならないことが多いのが特徴です。また、申し込んでからすぐに回収してもらえるわけでもありません。

1-3.自治体の処分場に持ち込む

自治体が指定している回収日まで待てない人は、自ら処分場に持ち込んでもよいでしょう。各自治体には、このように粗大ごみなどを持ち込める施設があるはずです。また、粗大ごみを回収しに来てもらうよりも、費用が安くなることがあります。

2.スーツケースを賢く処分する方法

2-1.リサイクルショップやネットオークションで売る

まだ使用できるスーツケースは、ごみとして捨てずに誰かに使ってもらうとよいでしょう。スーツケースを扱っているリサイクルショップを利用すれば、買い取ってもらえる可能性があります。不用になったスーツケースを処分できるだけでなくお金をもらえるなんて、一石二鳥です。
とはいえ、どのようなスーツケースでも買い取ってもらえるわけではありません。壊れているスーツケースや古いスーツケースは、買い取り対象外のところがほとんどでしょう。実際にスーツケースを見てもらうことをおすすめします。
また、自分でネットオークションに出品してもよいでしょう。リサイクルショップでは買い取ってもらえなかったスーツケースでも、ネットオークションでは落札される可能性があります。ただし、出品してから落札されるまでに時間がかかるのが難点です。さらに、傷などの状態を正しく伝えないとトラブルに発展することがあるので注意しましょう。発送時に破損しないような配慮も必要です。

2-2.発展途上国に寄付をする

不用になったスーツケースを海外支援に利用する方法もあります。日本製のスーツケースは質がとてもよいので、古くても問題なく使用できるのです。東南アジアやアフリカ諸国の発展途上国では、たくさんの荷物を運ぶために容量が大きく丈夫な日本製のスーツケースが役に立っています。
こん包や発送の手間はかかりますが、このような支援に利用するのもひとつの方法です。スーツケースの中に衣類やくつ、おもちゃなどを入れて送ると喜ばれるでしょう。

2-3.不用品回収業者を利用する

壊れてしまったスーツケースをすぐに処分したい場合に便利なのが、不用品回収業者です。スーツケースひとつでも、問題なく回収してくれます。スーツケース以外の不用品があれば、まとめて回収してもらうと一気に家の中が片付くでしょう。
それから、不用品回収業者は24時間対応しているところもあります。日中は仕事で忙しい人でも、安心して利用できるのでおすすめです。

3.スーツケースは買い取りしてもらえる?

3-1.買い取り対象となるスーツケースとは

新品同様のものはもちろん、あまり古さを感じないものでも買い取ってもらえる可能性があります。お店によって基準は異なりますが、壊れていなければ買い取ってくれるところもあるでしょう。自分では判断できないと思うので、査定に出してみることをおすすめします。無料で査定をしてくれるところを選ぶとよいでしょう。

3-2.人気の高いスーツケースがある

スーツケースにもさまざまな種類があります。人気があるタイプは、高額で買い取ってもらいやすくなるでしょう。特に人気の高いスーツケースのブランドは、サムソナイト・エース・リモア・サンコー・シフレ・トリオ・プロテカ・ヴィトンなどです。このようなブランドのスーツケースは捨てずに売ってしまいましょう。

3-3.スーツケースの中の汚れやにおいに注意

スーツケースは外側だけでなく、中の汚れもチェックされます。当然のことながら、少しでもきれいな状態のほうが買い取ってもらえる可能性が高まるでしょう。見落としがちなのが、においです。旅行で何度も使っているうちに、においが染みついていることがあります。見た目がきれいでも、においが気になると査定に影響するので気をつけましょう。

4.スーツケースの処分や買い取りを依頼する際の注意点

4-1.見積もりを申し込む

業者の中には、不正な取り引きをするところもあります。また、口頭での確認はトラブルの元となるので避けたほうが無難です。料金を確認する際には、書面に残してもらうようにしましょう。
スーツケースを回収してもらう場合にも、見積書を必ずもらってください。そして、その内容もきちんとチェックします。不明な点があったら、納得がいくまで確認してください。後になって不当に追加料金を請求してくる悪質な業者もいます。
さらに、いくつかの業者に見積もりをお願いして比較してもよいでしょう。その際には、無料で見積もりや査定をしてくれるところを選べば余計なお金がかかりません。

4-2.トラブルに巻き込まれないために

不用品の回収や買い取りを行っている業者に依頼する際には、トラブルに注意してください。きちんと料金を支払って回収してもらった後に不法投棄されていたというケースも目立っているのです。
利用者は、信頼できる業者を見極めなければなりません。そのために、インターネットで口コミや評判をチェックしてもよいでしょう。実際に利用した人の声を確認して初めて分かることもあるはずです。しかし、このような口コミや評判だけに頼ってはいけません。あくまでも参考とする程度にしておきましょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか。次の点を頭に入れて、スーツケースの処分方法を考えてください。

  • 小さなスーツケースや布製のスーツケースは不燃ごみとして捨てられる自治体がある
  • 大型のスーツケースは、粗大ごみとして捨てるのが一般的
  • リサイクルショップやネットオークションで売る
  • 古くても発展途上国に寄付をすると喜ばれる
  • すぐに処分したい場合には、不用品回収業者が便利

このように、スーツケースの処分方法は多岐にわたります。納得のいく方法を選びましょう。

不用品・粗大ごみをどこよりも格安回収 無料見積り・相談は今すぐこちらから