整理整頓術を伝授!部屋をきれいに保つために欠かせないポイントとは

整理整頓術をひとたび身に付けると、部屋をきれいに保つことが苦になりません。まずは、「整理整頓」という言葉の意味を理解しておきましょう。広辞苑(こうじえん)によると、「整理」とは「乱れた状態にあるものを整え、秩序を正しくすること」あるいは、「不必要なものを取り除くこと」とされています。一方、「整頓」は「よく整った状態にすること」や「きちんと片付けること」と書かれているのです。つまり、「整理」と「整頓」は似ているようで違った意味をもっています。そして、言葉の並び順のとおり、「整理」をしてから「整頓」をすることが大切です。この意味を正しく理解したうえで、実際に整理整頓をしていくためのポイントを押さえていきましょう。

目次

  1. 部屋の整理整頓を実現するために必要な考え方
  2. 整理整頓の手順について
  3. 片付け方のポイントと効率的な整理整頓方法
  4. 整理整頓された部屋を維持するための注意点

1.部屋の整理整頓を実現するために必要な考え方

1-1.「あとで」という考えをなくす

部屋が乱れている人に共通しているのが、使ったものをすぐにしまわないという習慣です。「あとで片付けよう」などと考えてしまうと、そのまま片付ける機会がないまま時間が過ぎてしまいます。このように片付けられなかったものがたまっていくと、ますます片付けることが面倒になっていくでしょう。
まずは、「あとで」と考えないようにしてください。ものを使ったら、すぐに決まった場所に片付けます。そして、片付けや不用なものの処分は、思い立ったときにすぐに行動に移しましょう。この考え方を身に付けるだけでも、部屋の状態は大きく変わるはずです。

1-2.整理整頓するための収納場所を決めておく

ものを収納する場所は、きちんと決めておく必要があります。収納する場所を定めていれば片付けやすくなるので、出しっぱなしになることを防げるからです。
整理整頓術で大切となるのが、「ものには住所をつけてあげる」ということ。どの場所に収納するのか、細かく決めてください。この住所を大ざっぱに決めておくと、棚や引き出しの中がごちゃごちゃしてしまうでしょう。

1-3.ものを手放す勇気も必要

整理整頓をするためには、ものを減らすことも大切です。家の中のものを改めて見直してください。何年も使っていないものが意外と多いのではないでしょうか?不用なものをため込んでしまう人には、ものを手放す勇気が足りません。「いつか使うかも」「もったいない」などと考えて、処分できずにいます。ところが、実際は使う機会が訪れないものがほとんどなのです。
ものを保管しておくためには、スペースが必要となります。収納スペースに余裕がないと、整理整頓するのは難しいでしょう。不用なもののために貴重な収納スペースを無駄に使ってはいけません。

2.整理整頓の手順について

2-1.必要なものと不用なものに分ける

ものが多いと、整理整頓が大変になるのは当然のこと。まずは、ものを減らすことから始めましょう。おすすめの方法をご紹介します。
大きめのダンボールを3つ、用意してください。そして、「必要なもの」「不用なもの」「判断に迷うもの」に仕分けていきます。判断に迷うものは、そのまま保管しましょう。1年たってもダンボールから出して使わなかったものは、不用なものとして処分しても構わないものである可能性が高いと言えます。

2-2.使用頻度の高さによって収納場所を決める

次に、必要なものとして仕分けたものを収納していきましょう。整理整頓された状態を維持するためには、ものの出し入れを考慮しなければなりません。使う頻度が高いものは、出し入れしやすい場所に収納してください。必要なときに簡単に取り出せて、使い終わったらすぐに片付けられる場所に収納しておきます。一方、めったに使わないものは収納ボックスに入れて押し入れなどにしまっておいても構いません。

2-3.不用品を処分する

そして、不用なものはすぐに処分してください。後回しにしてはいけません。ごみの日がくるまで家の中に置いておくと、そのまま処分することを忘れてしまう可能性があります。すぐに引き取りに来てくれる不用品回収業者がありますから、上手に活用するとよいでしょう。

3.片付け方のポイントと効率的な整理整頓方法

3-1.不用なものは思いきって処分する

すっきりと整理整頓されている部屋には、不用なものがほとんどありません。収納スペースに余裕ができると、片付けることも苦にならないでしょう。ものを処分することに抵抗がある人も多いと思います。しかし、ものを減らすことが整理整頓術では最も大切なことなのです。思いきって処分できるように心がけましょう。

3-2.収納グッズを活用する

「ものの住所」を細かく決めるためには、収納グッズが役立ちます。さまざまな大きさや種類の収納グッズを使い分けて、効率的に片付けられるようにしましょう。100円ショップにも、便利なグッズがたくさんあります。好みのデザインのものを選んで、楽しみながら整理整頓できるようにするとよいでしょう。

3-3.完璧を目指さない

完璧に整理整頓された部屋を目指すと、途中で挫折する恐れがあります。時間もかかるため、効率も悪くなるでしょう。徹底的に整理整頓をしようという気持ちはとてもよいことですが、継続できなくては意味がありません。また、家中を一気に片付ける必要もないでしょう。無理は禁物です。そして、少しずつで構いません。自分のペースで整理整頓をしていくことをおすすめします。

4.整理整頓された部屋を維持するための注意点

4-1.整理整頓を習慣にする

慣れるまでは大変だと思いますが、整理整頓することを習慣にしてしまいましょう。1日に5分か10分でも十分です。習慣になってしまえば、片付けることが苦にならなくなるでしょう。片付けに対する意識も変わっていくはずです。

4-2.床にものを置かない

買ってきたものや使ったものなどを床に置かないでください。床にものを置いてしまうと、次々とものを出しっぱなしにしてしまいがちです。床に置くものは、家具や家電などだけにしましょう。最初にお伝えしたとおり、「あとで片付けよう」という考えはなくしてください。すぐに決まった場所に収納することが大切です。

4-3.ものを増やさないようにする

不用なものを処分しても、次から次へとものを買い続けてしまっては意味がありません。ものを増やさない努力も必要です。特に、衝動買いには注意してください。欲しいものがあったら、買う前にじっくりと検討しましょう。手に入れたあとに、実際に使う機会や時間があるかをイメージすることも大切です。

まとめ

いかがでしたでしょうか。整理整頓をするためには、次のポイントが重要となります。

  • 「あとで」という考えをなくす
  • ものには住所をつけてあげる
  • 不用なもののために貴重な収納スペースを無駄に使わない
  • 「必要なもの」「不用なもの」「判断に迷うもの」に仕分ける
  • 使用頻度の高さによって収納場所を決める
  • 不用なものはすぐに処分する
  • 不用品回収業者を活用するとよい
  • 不用なものは思いきって処分する
  • さまざまな大きさや種類の収納グッズを使い分ける
  • 自分のペースで整理整頓していく
  • 整理整頓を習慣にする
  • 床にものを置かない
  • ものを増やさない努力も必要

整理整頓をしていくと、心もすっきりとしてくるでしょう。きれいに片付いた部屋で過ごすことは、快適な生活を送るためにも必要です。小さなスペースからでも、整理整頓を始めてみてはいかがでしょうか。

不用品・粗大ごみをどこよりも格安回収 無料見積り・相談は今すぐこちらから