遺品整理トラブルに合う前に確認したい6つのチェックポイント

法要が終わった後、残された人たちによって遺品整理を行います。しかし、今では肉親と別居する人たちも多く、自分たちで整理することができないことが多いようです。そのため、今では遺品整理をしている業者に依頼することが増えています。
しかし、そうした業者に依頼することで思いもしない被害にあることもあるようです。この記事では、遺品整理によるトラブルと回避方法をご紹介します。

目次

  1. 遺品整理とは
  2. 業者に依頼するメリット
  3. 遺品整理でのトラブル
  4. トラブルを防ぐ6つのチェックポイント
  5. まとめ

1.遺品整理とは

1-1.遺品の定義

遺品とは、遺産の中でも物品全般のことです。そのため、故人が生前に使用していた生活雑貨・衣類・家具・家電製品なども遺品に含みます。
この遺品は、急なことや賃貸アパートなど賃貸住宅を明け渡さなくてはならないような場合は、葬儀などの法事が終わってすぐに整理・処分を行うこともあるようです。家具やタンスなどの家財道具は福祉施設に、書籍などは地域の図書館や学校などに寄贈されることがあります。
こうした遺品も、必要に応じて分類がされているのです。

  • 貴重品(金品や通帳印鑑)
  • 写真や手紙などのほか、趣味の道具や収集物
  • 衣服や布団など
  • 生活家電やタンスなど家具類
  • 冷蔵庫内の生鮮食品や保存食など

上記における分類では、貴重品や思い出の品は直接遺族に引き渡されます。
しかし、写真や手紙の中に遺族の気分を害するようなものがある場合は、業者が遺族側の意向を尊重して処分することがあるようです。食料品は原則として処分しますが、家電製品は中古品として買い取ってもらうことができます。

1-2.遺品整理の需要は上がっている

少子高齢・核家族化の現代において、独居老人の孤独死が増えています。
家具や生活用品が大量に残された状態で住人が亡くなったとき、残された遺族には整理と廃棄が負担となってしまうケースがあるようです。
しかし、その一方で遺品から市場価値のある物品を見つけ出す遺品回収・処分業者も増えています。

不用品・粗大ごみをどこよりも格安回収 無料見積り・相談は今すぐこちらから