捨てたい人、必見! すぐ実践できるノートパソコンの処分方法

毎年出てくる新型のノートパソコン。買い替えることで古いパソコンが家やオフィスにたまることがあるかと思います。
そんな古いパソコンを家にため込んでいてもメリットはありません。スペース確保のため早めに処分することをおすすめします。
この記事では、古いノートパソコンの捨て方をご紹介しましょう。

目次

  1. 処分対象となる古いパソコン
  2. 古いノートパソコンの処分方法
  3. 不用品業者による引き取りサービス
  4. 処分前にしておきたいこと
  5. 処分依頼の注意点
  6. さいごに

1.処分対象となる古いパソコン

古いパソコンは不燃ごみや粗大ごみとして出してはいけません。自主回収・リサイクルが義務付けられています。

  • デスクトップパソコン
  • ノートパソコン
  • 液晶ディスプレイ
  • CRTディスプレイ
  • 液晶と本体の一体型パソコン

上記にあるパソコンは勝手に捨ててはいけません。プリンター・キーボード・マウスなど周辺機器は不燃ごみや粗大ごみとして出せます。

2.古いノートパソコンの処分方法

古いノートパソコンを処分するにも方法はさまざま。ここでその方法を確認しておきましょう。

2-1.不用品回収業者に依頼する

古いノートパソコンを含め、さまざまな不用品回収を行っている業者に引き取ってもらいます。もし、その業者が買い取りサービスを行っていれば申し出てみましょう。
最近では回収業者が買い取りサービスをしていることも多いです。買い取ってもらえれば、その分回収費用を浮かすこともできます。

2-2. メーカーによる回収

PCリサイクル法に基づき、パソコンメーカーに古いパソコンを回収してもらう方法です。
パソコンは処分してもらえますが、ハードディスク内のデータ消去は自己責任で行うことになります。また、配送も自分で行うことになるようです。
所有しているパソコンのメーカーによって廃棄・処分方法は異なってきますので、メーカーごとに問い合わせましょう。

2-3.家電量販店・パソコンショップによる処分

新しいパソコンを買ったときに、その店舗で処分してもらいます。多くの場合は下取りとしての処分になりますが、値引きとなる部分もポイントです。
しかし、ブラウン管ディスプレイなど廃棄できないものがあるので注意しておきましょう。また、データ消去は店舗によって異なるようです。

2-4.自分で販売する

パソコン本体、またはその部品を中古品として販売することができます。売りに出すパソコンの性能が高かったり、珍しかったりすれば高値での売却が期待できるでしょう。
しかし、パソコンの性能は年を追うごとに進化していて、性能が高くてコストが低いパソコンが増えています。一般的な古いパソコン・部品はほとんど値段が付かないようなので、過度な期待はよくありません。

3.不用品業者による引き取りサービス

不用品を回収してもらいたいけれど「大量にあっても大丈夫なのか」と、心配する人もいるかと思います。この項目では、不用品回収業者が行っているサービスをご紹介です。

3-1.自宅まで引き取りに来てくれる

古いノートパソコンだけでなく他に回収してもらいたいものがあれば、一気に不用品を処分することができます。
古いノートパソコンだけでなく、ほかにも処分したいものがあれば不用品回収業者への依頼を検討しましょう。依頼した業者のホームページなどを見れば、無料の見積もり・お問い合わせフォームが設けられています。

3-2.見積もりをしっかり行ってくれる

不用品回収業者では、回収前に見積もりを立てるものです。回収量や回収する品から、どれぐらいの金額になるか計算します。その概算で納得できれば、回収を依頼しましょう。
また、回収業者が買い取りサービスを行っていれば回収費用を浮かすこともできます。処分費用を浮かしたい場合は、そうした買い取りサービスをしている業者に依頼しましょう。

4.処分前にしておきたいこと

パソコンにはハードディスクが内蔵されています。自分が使ったデータはすべて入ってハーディスクに入っており、処分する際にデータを消さないと個人情報が漏れる危険性が出てくることに。こうしたハードディスクのデータは簡単に消えず、初期化しても特殊な方法で読み取ることも可能です。
そのため、古いノートパソコンを処分する場合はハードディスクの処理を適切に行う必要があります。

4-1.古いデータを移行・保存する

データ消去をする前に、写真データ・音楽データなどを新しいパソコンに移行しておきましょう。また、個人情報の保護も必要です。

  • クレジット情報
  • アドレス
  • 会社情報

適切なデータ処理をしないと、個人情報がパソコン処分と共に流出する危険性があります。しっかりバックアップ・データ移行を取った上で廃棄を行いましょう。

4-2.自分でハードディスクを取り出す

パソコンからハードディスクを取り出し自分で保管するか、物理的な破壊を行う方法です。ハードディスクを取り外したパソコンは処分します。
取り外して破壊したハードディスクは、パソコンではありませんので不燃物・資源ごみとして出しましょう。また、自分でバックアップのデータとして保管しても構いません。

4-3.データ消去ソフトを使う

パソコンに自分でデータ消去ソフト・物理フォーマットツールを使用して、ハードディスクを取り出さずデータ消去を行う方法です。ハードディスク取り出し・パソコン分解が難しいときに試しましょう。

4-4.パソコン専門ショップに任せる

パソコン専門ショップで、データ消去を行ってもらう方法です。
パソコン処分と共にデータ消去も任せられるため便利なサービスのひとつ。また、作業が終わったあと証明書発行を行ってくれるところもあるようです。

5.処分依頼の注意点

パソコンを業者に依頼して処分するとき、注意しておきたいことがあります。この項目で、そのポイントを確認しておきましょう。

5-1.所在地がハッキリしているか

不法投棄などをしている業者の多くが、事務所を構えずに営業していることが多いです。事務所がないのは、問題が発生したときにその場から素早く去るため。そのため、こうした業者で依頼すると問題が発生したときに対処しづらくなります。
悪徳業者を避けるためにも、業者の所在地と固定電話番号は確認しておくのを忘れないように。

5-2.事前に見積もりをする業者に依頼する

回収業者に依頼する場合は、きちんと見積もりを立てる場所にしましょう。
見積もりをする業者であれば、当日に特別料金が発生したときにちゃんと対応してくれます。反対に見積もりをきちんと出さない業者は、当日になって急に請求料金が増えることが多いです。

6.さいごに

いかがでしたか?
この記事では古いノートパソコンの処分方法について紹介してきまいた。さいごに、処分方法についてまとめていきましょう。

  • パソコンは勝手に捨ててはいけない。
  • 古いパソコンを処分するには不用品回収業者や店舗で引き取ってもらう。
  • 処分する前に、ハードディスクのデータを消去する。
  • 自分で分解して、ある程度処分することもできる。
  • きちんと回収して処分してくれる業者に依頼する。
  • 大量に不用品を処分したいのであれば、回収業者に依頼する。

家に眠っている古いノートパソコン。ハードディスクを取り出してしまえば、部屋のスペースを占めるごみでしかありません。もしかしたら買い取り対象になるパソコンもあるため、古いノートパソコンは早めに処分してしまいましょう。