お教えします! 知っておくべき5つのエアコン処分法!

エアコンの処分、どうやってすれば良いのかご存じですか?

エアコンは家電リサイクル法が適用されるため、通常の方法では捨てることができません。間違えて粗大ゴミや不燃ゴミとして出したりすると、不法投棄として罰せられることもあるようです。

そこで、今回は正しいエアコンの処分法を中心にご紹介します。ぜひ、最後までお付き合いください。

目次

  1. エアコンはゴミとして捨てられない!?
  2. エアコンの処分法とは?
  3. エアコンの取り外し方を覚えよう!

1.エアコンはゴミとして捨てられない!?

エアコンは家電リサイクル法により、ゴミとして捨てることができません。自治体では粗大ゴミとしても不燃ゴミとしても引き取ってもらえないのです。

では、家電リサイクル法とはどのようなものなのでしょうか。

1-1.家電リサイクル法とは?

家電リサイクル法は正式には『特定家庭用機器再商品化法』といい、その名称とおり特定の家電製品にだけ適用される法律。特定品目というのは『テレビ・エアコン・洗濯機(乾燥機も含む)・冷蔵庫(冷凍庫も含む)』の4品目です。

以前はこれらの4品目も粗大ゴミとして処分されていました。しかし、大型の家電製品は粗大ゴミ処理施設での処理が難しいだけでなく、レアメタルなどの有用資源が多く含まれていることから、この法律が生まれたのです。

そして、この家電リサイクル法によって4品目の自治体による回収は廃止され、現在は粗大ゴミとして捨てることができません。

2.エアコンの処分法とは?

エアコンは家電リサイクル法4品目の一つです。当然、粗大ゴミとして捨てることはできません。では、どうやって捨てれば良いのでしょうか?

2-1.新規購入する店に回収してもらう

家電製品の買い換えの場合、小売店には回収義務があります。買い換えの際に回収してほしい旨を伝えれば、有料で回収してくれるようです。店によってはキャンペーンなどで無料回収していることもあるので、購入店比較の参考にすると良いでしょう。

処分費用はリサイクル料金+収集運搬料金で、1,500円~4,000円程度です。

2-2.過去に購入した店に回収してもらう

過去にその家電製品を購入した小売店にも回収義務がありますので、依頼することでエアコンを有料回収してもらえます。処分費用は2-1と同様、リサイクル料金+収集運搬料金で、1,500円~4,000円程度です。

2-3.リサイクル券を使って依頼する

何らかの理由で上記の方法をとれない場合は、リサイクル券を使って回収依頼をすることもできます。ただし、収集運搬費の関係で、小売店に回収してもらうよりも若干割高になる傾向にあるようです。

車を持っている方は自分で運搬することもできるので、面倒でなければなるべく自分で運ぶと良いでしょう。

リサイクル券を使った回収手順

  1. 郵便局で『家電リサイクル券の払込票』をもらう。
  2. 払込票に必要事項を記入する。
  3. 郵便局でリサイクル料金を支払う。
  4. リサイクル券4枚目のシールをはがし、受付印の入った『郵便振替払込証明書』を貼り付ける。
  5. 3枚目『排出者控』を切取る。
  6. 処分する家電本体指定場所に『家電リサイクル券』を貼り付ける。
  7. 近くの指定の引き取り場所へ持ち込む。

2-4.家電専門のリサイクルショップに持ち込む

比較的良い状態のエアコンはリサイクルショップに売却するという手もあります。特に家電を専門にしているリサイクルショップではより高額での買い取りが期待できるのでおすすめです。

また、家電製品を専門にするリサイクルショップは、出張買い取りサービスを実施している業者が多いというのも魅力でしょう。さらに、出張買い取りを実施している業者は同時に取り外し作業も行ってくれるので、機械に疎い人には非常に助かりますよね。

ただし、家電専門のリサイクルショップは数が少ないので、探すのが少々手間というのが難点です。

2-5.不用品回収業者に依頼する

時間がない、面倒が嫌、近くに店がない……そんな方におすすめなのがこの『不要品回収業者』です。

不要品回収業者を利用する最大のメリットはなんといっても手間がかからないということ。出張回収サービスを行っている業者が多いので、自分で運ぶ必要がありません。さらに、査定・運び出しもやってくれるため、自分で何かをする必要がないのです。

依頼の方法も電話やパソコンからできるので、リサイクル券などを使った処分法と違って簡単。さらに、即日対応・24時間対応している業者も多いので、時間がないという方にもおすすめです。

デメリットはというと、出張地域が限られている会社が多いという点。全国に支社を持っている会社がほとんどないため、拠点からトラックで回れる範囲だけになってしまうのです。

3.エアコンの取り外し方を覚えよう!

専門の業者さんに来てもらわなければできないと思われがちですが、家庭用エアコンの取り外しは意外と簡単です。ドライバーなどの工具の使い方が分かる人なら、初めての人でも30分程度で取り外せますよ! 

この項目では取り外し手順をご紹介しますので、ぜひ実践してみてくださいね!

手順1……ポンプダウン作業

まずは室内機と配管パイプ内にたまっているフロンガスを室外機へ送りだし、室外機内にガスを閉じ込める作業を行いましょう。ちなみに、この作業のことを『ポンプダウン』と呼びます。

この作業はとても重要で、怠るとフロンガスが大気中に放出され、環境汚染を引き起こしてしまうのです。エアコンを取り外す際には面倒くさがらずに必ず実施しましょう。

手順

  1. 室外機の横のカバーをドライバーでネジを外し、配管と配線の接続部を露出させます。通常は『細い配管』と『太い配管』の2本の配管が中に入っていますので、モンキースパナで二つの配管のバルブキャップを外しましょう。
  2. 細い配管のバルブに六角レンチを差し込んでしっかりと右回しで閉め込みます。この状態で冷房を付けましょう。
  3. この際、外気温が20度以下だと冷房運転されませんので、強制的に冷房を行います。強制冷房のやり方はメーカーによって違いますが、基本的には室内機本体のサービススイッチ、もしくは電源スイッチを電源OFFの状態から7秒程度、長めに押すことによって作動させられます。
  4. 室外機のファンが回り始めてから3分待ったら、冷房運転の状態を保ったまま、今度は太い配管のバルブを六角レンチで閉め込みましょう。ガスが室外機内に封じ込められます。
  5. 電源を落とし、アースとコンセントを抜きましょう。怠ると後の作業で感電の恐れがあります。必ず抜いておきましょう。
  6. 外したバルブキャップを元の位置に回し付けます。手でできる程度の強さで構いません。

手順2……配管・配線を外す

  1. 銅管パイプにつながっているナットを、送り側・受け側ともに外しましょう。このときプシュッと瞬間的な音が漏れたらポンプダウンが成功しています。もしも、プシューと長い音がするようでしたら、ポンプダウンが不十分ですので、ポンプダウンをやり直してください。
  2. ここでもう一度電源がコンセントから抜けているかを確認しましょう。次の作業に『感電の恐れ』がありますので、必ず行ってください。
  3. 電源コードを根元から5cm以上離れた位置で『黒・白・赤の順』にカットします。
  4. 電源コードが切断できたら、次は室外機の撤去作業に入ります。

手順3……室外機の取り外し

  1. 室外機の運び出し経路の確認をし、足場に危険な障害物がないかを確認しておきます。
  2. 室外機を固定しているボルト・ナットを外しましょう。
  3. ボルト・ナットをすべて外したら室外機の撤去作業です。この際、室外機から雨水や排水が出る場合があります。室外機がベランダなどに置かれていて室内に運ぶ必要がある場合は、ブルーシートなどを事前に敷いておきましょう。

手順4……エアコン本体の取り外し

  1. 取り外しの際に排水が漏れる可能性があります。床に雑巾やブルーシートなどを敷いておきましょう。
  2. エアコン下部のプッシュマークに手を当て、エアコンを押し上げるように持ち上げます。
  3. 壁と本体の間に隙間ができるほど浮かしたら、その隙間に空き箱などを挟んで内部から配管類を取り出しやすくしましょう。
  4. 銅管、コード、ドレーンパイプを本体から60cm以上残し切断します。
  5. これで完全に本体が切り離されたので、押し上げるようにしてエアコンを壁から取り外しましょう。
  6. エアコン室内機の取り付け金具をドライバーで外し、配管が通っていた穴は事前に準備しておいたエアコンキャップで塞ぎます。

文字だけでは伝わりづらいところもあると思いますので、写真付きの解説をしているサイトや本も一緒に活用すると良いでしょう。

まとめ

いかがでしたか?

今回はエアコンの処分法についてご紹介しました。

  1. エアコンはゴミとして捨てられない!?
  2. エアコンの処分法とは?
  3. エアコンの取り外し方を覚えよう!

今回の情報を有効に活用して効率よくエアコンを処分しましょう!

不用品・粗大ごみをどこよりも格安回収 無料見積り・相談は今すぐこちらから