形見分けの方法・注意点が知りたい! トラブルにならないために必要な知識

家族が亡くなると葬式でバタバタしますが、ある程度落ち着けば親族同士で“形見分け”をしなければなりません。
形見分けとは簡単に説明すると、故人の遺品を身内や親しい友人に分けることです。
形見分けにおいて親族同士のトラブルが多発しています。トラブルが起きると非常にやっかいなので、できるだけ穏便に形見分けをしなければなりません。
形見分けを行う時期や気をつけるべきポイント等詳しく説明します。

目次

  1. 形見分けの方法・時期
  2. 気をつけるべきポイント
  3. 業者に依頼するメリット・注意点
  4. まとめ

1.形見分けの方法・時期

遺族で形見分けをする際、どのようにしたら良いのでしょうか。
できるだけトラブルにならないためにも形見分けの方法とするべき時期について事前に把握してください。
知識を身につけておけばスムーズに形見分けができるでしょう。

1-1.遺品を種類別に分ける

遺品が多ければ多いほど整理しなければ形見分けができません。
貴重品、家財、高級品、写真やビデオ等の思い出の品、粗大ごみ等さまざまな種類に分けてください。
いくつかダンボール箱を用意し、表に何が入っているのかマジックで記しておくと分かりやすくなるでしょう。
何が貴重品で何が大切な物なのか人の価値基準で決まるため、遺族間での話し合いが大切です。
できるだけ早めに整理しなければならないと思ってしまいますが、遺品整理はゆっくり時間をかけてした方が案外スムーズにできるでしょう。
思ってもみなかった貴重品や価値のあるものが出てくることもあるので、注意しながら遺品を整理してください。
遺言状に遺品について記載されていたら遺言どおりにしなければなりません。

1-2.基本的に目上の人から贈る

形見分けは故人と親しくしていた人たちに形見となるものを贈ることです。
基本的に、目上の人から目下の人に贈ります。
目下の人から贈ると失礼な行為になりますが、最近ではそのような風潮もなくなりつつあり、目下から目上の人に贈るケースも増えてきているのです。
もし目上の人に贈る場合は一言添えて贈ると良いでしょう。
また、故人とどのような間柄であったのか、贈る相手の好みや年齢を考慮して形見分けを行わなければなりません。
贈る相手が好むようなものでなければ形見分けの意味がないのです。
主に貴重品や衣類、装飾品を贈ることになるでしょう。あまり高いものを贈ってはいけません。
価値のあるものは税金がかかってしまうので気をつけてくださいね。

1-3.形見分けのタイミングとは?

多くの人が悩む形見分けのタイミングは“49日”です。
葬式の日は何かしらバタバタしているので形見分けをする時間がありません。
比較的落ち着き、親族や親しかった友人たちが集まる49日がベストタイミングでしょう。
49日はほとんどの人が故人を偲ぶために集まるので形見分けが一度でできます。
遺族は49日までに遺品整理を行い、誰に何を贈るのか決めなければなりません。
親族同士で「遺品整理をこの日にやりたい」と連絡を取り合ってください。
トラブルを防ぐためにもコミュニケーションはとても大切なポイントになります。

不用品・粗大ごみをどこよりも格安回収 無料見積り・相談は今すぐこちらから