形見分けの方法・注意点が知りたい! トラブルにならないために必要な知識


家族が亡くなると葬式でバタバタしますが、ある程度落ち着けば親族同士で“形見分け”をしなければなりません。
形見分けとは簡単に説明すると、故人の遺品を身内や親しい友人に分けることです。
形見分けにおいて親族同士のトラブルが多発しています。トラブルが起きると非常にやっかいなので、できるだけ穏便に形見分けをしなければなりません。
形見分けを行う時期や気をつけるべきポイント等詳しく説明します。

目次

  1. 形見分けの方法・時期
  2. 気をつけるべきポイント
  3. 業者に依頼するメリット・注意点
  4. まとめ

1.形見分けの方法・時期

遺族で形見分けをする際、どのようにしたら良いのでしょうか。
できるだけトラブルにならないためにも形見分けの方法とするべき時期について事前に把握してください。
知識を身につけておけばスムーズに形見分けができるでしょう。

1-1.遺品を種類別に分ける

遺品が多ければ多いほど整理しなければ形見分けができません。
貴重品、家財、高級品、写真やビデオ等の思い出の品、粗大ごみ等さまざまな種類に分けてください。
いくつかダンボール箱を用意し、表に何が入っているのかマジックで記しておくと分かりやすくなるでしょう。
何が貴重品で何が大切な物なのか人の価値基準で決まるため、遺族間での話し合いが大切です。
できるだけ早めに整理しなければならないと思ってしまいますが、遺品整理はゆっくり時間をかけてした方が案外スムーズにできるでしょう。
思ってもみなかった貴重品や価値のあるものが出てくることもあるので、注意しながら遺品を整理してください。
遺言状に遺品について記載されていたら遺言どおりにしなければなりません。

1-2.基本的に目上の人から贈る

形見分けは故人と親しくしていた人たちに形見となるものを贈ることです。
基本的に、目上の人から目下の人に贈ります。
目下の人から贈ると失礼な行為になりますが、最近ではそのような風潮もなくなりつつあり、目下から目上の人に贈るケースも増えてきているのです。
もし目上の人に贈る場合は一言添えて贈ると良いでしょう。
また、故人とどのような間柄であったのか、贈る相手の好みや年齢を考慮して形見分けを行わなければなりません。
贈る相手が好むようなものでなければ形見分けの意味がないのです。
主に貴重品や衣類、装飾品を贈ることになるでしょう。あまり高いものを贈ってはいけません。
価値のあるものは税金がかかってしまうので気をつけてくださいね。

1-3.形見分けのタイミングとは?

多くの人が悩む形見分けのタイミングは“49日”です。
葬式の日は何かしらバタバタしているので形見分けをする時間がありません。
比較的落ち着き、親族や親しかった友人たちが集まる49日がベストタイミングでしょう。
49日はほとんどの人が故人を偲ぶために集まるので形見分けが一度でできます。
遺族は49日までに遺品整理を行い、誰に何を贈るのか決めなければなりません。
親族同士で「遺品整理をこの日にやりたい」と連絡を取り合ってください。
トラブルを防ぐためにもコミュニケーションはとても大切なポイントになります。

2.気をつけるべきポイント

2-1.誰に何を贈るのか事前に決める

遺族は遺品整理を行い、親族間で何を譲り受けるのか財産分与をします。
身内での財産分与が終わったら次は形見分けをする遺品を選ぶのです。
先ほども少し説明をしましたが、財産分けは近しい親族のほかにも友人や会社の同僚等に遺品を贈ることになります。
故人がどれだけ親しかったかどうかが大きなポイントになるでしょう。
親しい人ほど故人が遺したものを欲しがります。
親族は故人と親しかった者がどのようなものを欲しがるのか好みや年齢を考えて選ばなければなりません。きちんと選ばなければ、トラブルに発展する恐れもあるので注意してください。
もし衣類を贈るときは、クリーニングをしてから贈りましょう。
アクセサリー等の貴重品はできるだけキレイに掃除することが大切です。

2-2.遺品を渡す際の包装

ある親族では故人が着ていた衣類をリメイクしてポーチやお財布にして配るところもあるそうです。
工夫は人によってさまざまですが、遺品を渡す際の包みに注意しなければなりません。
きちんと丁寧に包み、ラッピングしなければならないと思っている人が多いです。しかし、過剰な包みは失礼になってしまいます。
形見分けの際、包みはシンプルで構いません。
基本は白い紙に包み、表に「遺品」を記して渡すようになっています。
割れものの場合は割れないように梱包材で包むと良いでしょう。中にちょっとした故人とのエピソードを記した手紙を入れると好印象です。
形見分けは手渡しが基本ですが、遠いところに渡す相手が住んでいる場合は宅配便でも大丈夫なので安心してください。

3.業者に依頼するメリット・注意点

3-1.業者に遺品整理を依頼するメリット

形見分けをするためには遺品整理を親族が行わなければなりません。
しかし、仕事が休めずになかなか遺品整理ができないケースもあります。自分たちでできない場合は、業者に依頼してみてはいかがでしょうか。
遺品整理を受け付けている業者はたくさんあります。
近年、親族とのトラブルを防ぐために遺品整理を業者に依頼する人が増えてきているのです。業者に依頼すれば自分の代わりに遺品整理をしてくれますし、不用品の処分から部屋の掃除までしてくれる業者もあります。
遺品整理を依頼する前に業者のサービスを比較してください。
業者によってサービス内容が異なるので自分の目的に合った業者を選びましょう。

3-2.業者に依頼する際の注意点

業者に遺品整理を依頼する際、親族に必ず遺品整理の旨を伝えなければなりません。
実際に、親族とのコミュニケーションがうまく取れず、トラブルに発展したケースも多いのです。
遺品整理をする時は「何月何日にしたい」と親族に伝えてください。
しっかりコミュニケーションを取ることも大切なポイントです。
そして、業者に依頼する時は“見積書”を確認し、どのようなやり方で整理をするのか説明を受けてください。
依頼する前に確かめなければ後でトラブルになるので要注意です。
親族だけでなく業者ともトラブルになってしまうとさらにやっかいなことになるでしょう。
スムーズに遺品整理をし、形見分けをするためにも注意点をきちんと把握してくださいね。

4.まとめ

形見分けについて説明しましたが、いかがでしたでしょうか。
形見分けは故人と近しく親密だった人に贈る遺品のことであり、感謝の意を込めて目上の人から贈られます。
親しかった人にとって何かしら故人のものが欲しいものです。
形見分けをスムーズにするためにも基礎知識を身につけておきましょう。
親族や業者とトラブルにならないためにも基礎知識は必要です。
実際に、形見分けでのトラブルが多発しているので注意してくださいね。

  • 遺品を種類別に分ける
  • 基本的に目上の人から贈る
  • 形見分けのタイミングは「49日」
  • 誰に何を贈るのか事前に決める
  • 遺品を渡す際の包みに注意する
  • 業者に遺品整理を依頼する
  • 親族に遺品整理の日を伝える
  • 見積書やサービス内容を確認する

自分で遺品整理や形見分けが出来ない場合は業者に依頼するのもひとつの方法です。
依頼する際は信用できる業者を選びましょう。
業者とのトラブルもたくさん消費者センターに寄せられているので注意してくださいね。