遺品整理のトラブルを防ぐために知るべきこと~実際に起きたトラブルと注意点~

ニュースでも取り上げられるようになった“遺品整理サービス”。
身内が亡くなったとき、自分たちではどうにもできない遺品を代わりに整理してくれるサービスのことです。
最近、遺品整理を自分たちで行った際、親族同士でトラブルになるケースが増えています。
トラブルになるととても面倒です。また、親族の間に深い溝ができてしまうでしょう。
しかし、業者に依頼すればトラブルも起きません。
そこで、遺品整理で起こり得るトラブルや注意点、依頼する際に気をつけるべきことなど詳しく説明します。

目次

  1. 遺品整理で起こり得るトラブルについて
  2. 遺品整理を業者に依頼するメリット
  3. 依頼する際に気をつけるべきこと
  4. まとめ

1.遺品整理で起こり得るトラブルについて

実際に起きた遺品整理のトラブルをいくつか紹介します。
身内でトラブルが起きると後でさまざまなやっかいごとに巻き込まれるでしょう。
スムーズに遺品整理をするためにもトラブルを知り、どうすれば防げるのか一緒に考えます。

1-1.勝手に遺品整理をしたことで起きたトラブル

身内の遺品は貴重な財産の一部です。
特に絵画や骨とう品、ジュエリーといった貴重品類はトラブルのもとになるでしょう。
誰が譲り受けるのか親族同士でトラブルに発展してしまうのです。
よくある遺品整理のトラブルは“勝手に遺品整理をしたケース”が挙げられるので注意してください。
親族と疎遠だからと連絡をせずに自分1人で遺品整理をします。遺品整理を聞きつけた親族がやってきてトラブルになったというケースもたくさんあるのです。
「勝手に遺品整理をするなんてバカげている」「遺品をすべて見せろ」と親族同士で言い争いになってしまうでしょう。
もし故人が「遺言状」を残しているなら、その遺言に沿って形見分けをしなければなりません。
遺言がなくても親族が集まる49日後などに遺品整理をするのが理想的です。
トラブルを防ぐためにも親族同士でコミュニケーションを取り合ってくださいね。

1-2.嫌な思いをする“金銭トラブル”

遺品整理では誰がどの形見を持つのか「形見分け」をします。
その際、特定の人ばかりに価値のある遺品を分けると親族同士でトラブルになるので要注意です。
形見分けに不満を持つ人が出てくるでしょう。金銭トラブルになると非常にやっかいです。皆が嫌な思いをすることになります。
遺品整理での金銭トラブルを防ぐためには「故人の遺品に何があるのか」知っておかなければなりません。きちんと把握することで親族と話し合い、均等に分けられるでしょう。
金銭トラブルから仲良しだった親族に亀裂が生まれたケースも多いです。
親族はいざという時に頼れる存在なので金銭トラブルで不仲になりたくありません。
必ず形見分けをする前にどのような遺品があるのか把握しましょう。

1-3.親族同士でのコミュニケーションが大切

遺品整理でのトラブルを防ぐためには“親族同士のコミュニケーション”が大切になります。
トラブルが起きている現場ではほとんど親族同士の仲が悪く、疎遠になっているケースが多いです。
たとえ仲が悪くても遺品整理をする際はきちんと連絡を取り、コミュニケーションを取らなければなりません。
「連絡を取りたくないから」「面倒だから」と避けてしまえばトラブルに発展し、さらにやっかいな状態へと進んでしまいます。
トラブルを未然に防ぐためにもしっかりコミュニケーションを取ってくださいね。

不用品・粗大ごみをどこよりも格安回収 無料見積り・相談は今すぐこちらから