遺品整理のトラブルを防ぐために知るべきこと~実際に起きたトラブルと注意点~


ニュースでも取り上げられるようになった“遺品整理サービス”。
身内が亡くなったとき、自分たちではどうにもできない遺品を代わりに整理してくれるサービスのことです。
最近、遺品整理を自分たちで行った際、親族同士でトラブルになるケースが増えています。
トラブルになるととても面倒です。また、親族の間に深い溝ができてしまうでしょう。
しかし、業者に依頼すればトラブルも起きません。
そこで、遺品整理で起こり得るトラブルや注意点、依頼する際に気をつけるべきことなど詳しく説明します。

目次

  1. 遺品整理で起こり得るトラブルについて
  2. 遺品整理を業者に依頼するメリット
  3. 依頼する際に気をつけるべきこと
  4. まとめ

1.遺品整理で起こり得るトラブルについて

実際に起きた遺品整理のトラブルをいくつか紹介します。
身内でトラブルが起きると後でさまざまなやっかいごとに巻き込まれるでしょう。
スムーズに遺品整理をするためにもトラブルを知り、どうすれば防げるのか一緒に考えます。

1-1.勝手に遺品整理をしたことで起きたトラブル

身内の遺品は貴重な財産の一部です。
特に絵画や骨とう品、ジュエリーといった貴重品類はトラブルのもとになるでしょう。
誰が譲り受けるのか親族同士でトラブルに発展してしまうのです。
よくある遺品整理のトラブルは“勝手に遺品整理をしたケース”が挙げられるので注意してください。
親族と疎遠だからと連絡をせずに自分1人で遺品整理をします。遺品整理を聞きつけた親族がやってきてトラブルになったというケースもたくさんあるのです。
「勝手に遺品整理をするなんてバカげている」「遺品をすべて見せろ」と親族同士で言い争いになってしまうでしょう。
もし故人が「遺言状」を残しているなら、その遺言に沿って形見分けをしなければなりません。
遺言がなくても親族が集まる49日後などに遺品整理をするのが理想的です。
トラブルを防ぐためにも親族同士でコミュニケーションを取り合ってくださいね。

1-2.嫌な思いをする“金銭トラブル”

遺品整理では誰がどの形見を持つのか「形見分け」をします。
その際、特定の人ばかりに価値のある遺品を分けると親族同士でトラブルになるので要注意です。
形見分けに不満を持つ人が出てくるでしょう。金銭トラブルになると非常にやっかいです。皆が嫌な思いをすることになります。
遺品整理での金銭トラブルを防ぐためには「故人の遺品に何があるのか」知っておかなければなりません。きちんと把握することで親族と話し合い、均等に分けられるでしょう。
金銭トラブルから仲良しだった親族に亀裂が生まれたケースも多いです。
親族はいざという時に頼れる存在なので金銭トラブルで不仲になりたくありません。
必ず形見分けをする前にどのような遺品があるのか把握しましょう。

1-3.親族同士でのコミュニケーションが大切

遺品整理でのトラブルを防ぐためには“親族同士のコミュニケーション”が大切になります。
トラブルが起きている現場ではほとんど親族同士の仲が悪く、疎遠になっているケースが多いです。
たとえ仲が悪くても遺品整理をする際はきちんと連絡を取り、コミュニケーションを取らなければなりません。
「連絡を取りたくないから」「面倒だから」と避けてしまえばトラブルに発展し、さらにやっかいな状態へと進んでしまいます。
トラブルを未然に防ぐためにもしっかりコミュニケーションを取ってくださいね。

2.遺品整理を業者に依頼するメリット

2-1.遺品整理が早く終わる

遺品整理を業者に依頼する人が増えてきました。
もちろん費用はかかりますが、依頼することで得られるメリットが大きいのでほとんどの人が業者にお願いしているのです。
では、どのようなメリットがあるのでしょうか。
遺品整理を業者に依頼する大きいメリットは“遺品整理が早く終わる”ことです。
亡くなったときはバタバタしているので遺品整理ができません。また、気持ちの整理がつかないからと先延ばしにする人もいます。
しかし、いつまでも遺品整理を放置していると相続税がかかる遺品が含まれている場合、税金を支払わなければならないので注意しなければなりません。
遺品整理はできるだけ早めに終わらせることが理想的です。
業者に依頼すれば忙しい自分の代わりに整理してくれます。

2-2.すべてが一気に片付けられる

遺品整理サービスのメリットはほかにもあります。
ほかのメリットとは「すべてが一気に片付けられる」ことです。
遺品整理サービスはただ遺品を整理するだけでなく、遺品整理で出た不用品はすべて回収、部屋の掃除もしてくれ、重たいものでも業者が責任を持って運び出してくれるでしょう。
親族ではなかなかできない作業もすべて受け持ってくれるのでとても便利なサービスです。
業者に依頼することですべてが一気に片付けられるととてもスピーディーに遺品整理ができるでしょう。
また、遺品整理をしなければならない場所と自宅が離れている場合、休みの日にわざわざ出かけ、交通費もかかってしまいます。
その際は業者に依頼した方が手間が省けるのでオススメです。

3.依頼する際に気をつけるべきこと

3-1.実績がある業者を選ぶ

遺品整理サービスを受け付けている業者はたくさんあります。その中からどの業者に依頼すればいいのか悩む人も多いでしょう。
どこにしようか決めきれない場合は“実績がある業者”を基準に選んでください。
実績がある業者ほど遺品整理の経験があるのでよりスピーディーに作業をしてくれます。
最近は悪徳業者とのトラブルも多発しているので注意が必要です。
悪徳業者は具体的な作業の説明もなく、本当に必要な遺品まで処分する傾向があります。
処分したものは二度と帰ってこないので気をつけなければなりません。
得体の知れない業者に依頼するより実績がある業者を選んだ方が安心です。

3-2.見積書をしっかり確認する

依頼する際に気をつけるべきことは「見積書」です。
遺品整理サービスを受け付けている業者はそれぞれ異なった見積書を出してきます。
誰でもできるだけ費用は安く抑えたいですよね。
最も費用が安い業者はどこになるのか複数の業者から出た見積書を比較してください。
悪徳業者は見積書をしっかり出してくれないので要注意です。
また、見積書に引っかかることがある場合、すぐに業者に確認しましょう。
なぜこのような見積もりになったのかきちんと丁寧に説明してくれるところは安心して依頼できます。しかし、適当な受け答えしかしない業者は信用できません。
信用できる業者を選ぶためにも「対応」の仕方は要チェックです。

4.まとめ

遺品整理のトラブルやトラブルを防ぐ方法、業者に依頼するメリット、注意点について説明しましたが、いかがでしたでしょうか。
身内とのトラブルを防ぐために遺品整理を業者に依頼する人が増えてきています。
遺品整理から不用品の処分まで受け持ってくれるのでとても便利なサービスです。

  • 親族に遺品整理を報告することが大切
  • 金銭トラブルには要注意
  • 親族同士でコミュニケーションを取る
  • 業者に依頼すると遺品整理がすぐ終わる
  • すべてが一気に片付けられる
  • 実績がある業者を選ぶ
  • 見積書を確認する

以上のポイントに注目して遺品整理を進めてください。
業者の中には悪徳業者もいるので依頼する前に信用できるかどうか必ず確認しましょう。
「後で依頼しなければよかった」と後悔しないように複数の業者を比較することが大切です。