産業廃棄物の処理方法とは? どの業者に依頼すればいいの?

「産業廃棄物」というと、いかにも危険で有毒そうなイメージを持っている方も多いでしょう。
確かに産業廃棄物には、危険で有毒なものもあります。
しかし、私たちの身近なものも産業廃棄物になる可能性があるのです。
そこで今回は、「産業廃棄物とはどんなものか」ということや、産業廃棄物の処理方法についてご紹介します。
産業廃棄物は産業廃棄物処理法という法律に基づいて処分されますが、いったいどのような法律なのでしょうか?
産業廃棄物について詳しく知りたいという方は、ぜひこの記事を読んでみてください

目次

  1. 産業廃棄物とは?
  2. 産業廃棄物はどのように処分されるの?
  3. 産業廃棄物を処分できる業者とは?
  4. 産業廃棄物を処理したい場合はどうすればいいの?
  5. おわりに

1.産業廃棄物とは?

「廃棄物」とは、ごみのことです。
一般家庭から出た廃棄物は、自治体が回収してくれるでしょう。
しかし、廃棄物の中で「事業活動に伴って生じた廃棄物のうち、廃棄物処分法に定められた20種類の廃棄物」を「産業廃棄物」といいます。
この事業活動とは、会社や事業所が行う仕事のことです。
つまり、仕事中に出たごみのうち「産業廃棄物」に定められた20種類は処分方法が法律で決まっていますので、勝手に処分しないようにということ。
この20種類は、さらに普通の産業廃棄物と、爆発や毒性、感染性のある「特別管理産業廃棄物」に分けられます。
この20種類の産業廃棄物は、自治体で処分できないのはもちろんのこと、廃棄物を出した業者も勝手に処分できません。

2.産業廃棄物はどのように処分されるの?

では、自治体で処分されない産業廃棄物は、どのように処分されるのでしょうか?
この項では、産業廃棄物が処理されるまでの流れをご紹介します。

2-1.産業廃棄物が発生したら?

産業廃棄物が発生すると、まず再利用できるか確認されます。
再利用できるものはここで再利用されるのです。
再利用できないものは排出されて一か所に集められ、「保管」と「分別」が行われるでしょう。
この保管と分別から、産業廃棄物の処理がスタートします。

2-2.産業廃棄物の保管と分別が行われたら?

産業廃棄物が保管された場所で分別が完了したら、再利用できるかどうか調べられます。
この時に再利用できるものが出てきたら、リサイクルされるのです。
「そのままでは再利用できなかったけれど、分別したらできるようになった」という物はたくさんあるでしょう。

2-3.中間処理とは?

分別してもリサイクルできない産業廃棄物は、細かく砕かれたり毒を中和されて無害化されます。
これを「中間処理」と言うのです。
こうして中間処理されて小さくなったり無害化した産業廃棄物は燃やされたり埋められたりして、「最終処分」されます。
この中間処理と最終処分を合わせて、「産業廃棄物の処分」と言うのです。

3.産業廃棄物を処分できる業者とは?

では、産業廃棄物を処分したい場合はどうしたらよいのでしょうか?
この項では、産業廃棄物を処分できる業者についてご紹介します。

3-1.産業廃棄物処分業とは?

産業廃棄物処分業とは、他人から委託を受けて産業廃棄物を運搬・保管・処分する業者のことです。
このような業務を行うためには、業務を行おうとする区域を管轄する都道府県知事に、産業廃棄物処理業の許可を受ける必要があります。
2つの県にまたがって業務を行おうと思ったら、それぞれの知事の許可が必要ですので注意しましょう。
また、産業廃棄物処分業は「収集運搬業」と「処分業」に分けられます。
収集運搬業は中間処分の手前の運搬と保管業務を行い、処分業は中間処理と最終処分を行うのです。

3-2.無許可で作業を行ったら?

現在、産業廃棄物は自治体によって厳しく管理されています。
不法投棄をすれば、出所を徹底して追及されるでしょう。
もし産業廃棄物を不法投棄した場合は、捨てた業者だけでなく、依頼した業者も罰則を受ける可能性があります。
また、収集運搬業者が処分を行ったりすれば、法律違反ですから同じように罰則を受けるでしょう。
自治体によっては、長い間産業廃棄物の不法投棄に悩まされ続けてきた所もあります。
また、産業廃棄物を不法投棄するのは大抵山奥ですが、水源などが近いと深刻な環境汚染に繋がるかもしれません。
ですから、都道府県知事の許可を得ていない違法業者に処分を依頼しないように注意してください。

4.産業廃棄物を処理したい場合はどうすればいいの?

では、産業廃棄物を処理したい場合はどうしたらよいのでしょうか?
この項では、依頼から処分の流れまでをご紹介します。

4-1.マニフェストを取得する

平成13年4月より、産業廃棄物を処分する際は「産業廃棄物管理票」(マニフェスト)の使用が義務付けられました。
これは、処分してほしい産業廃棄物に添えて、収集運搬業者や処理業者に渡す管理票のことです。
産業廃棄物の名称・数量・運搬業者名・処分業者名などを記入することで、自分の会社が出した産業廃棄物が最終的にどのように処分されたのかを管理することができます。
これは5年間の保管が義務付けられ、適正に使用しない場合は50万円以下の罰金が科せられるのです。
マニフェストは紙のものと電子版があるので、使いやすいほうを選びましょう。
ちなみに用紙は有料ですので、欲しい方は市役所の担当課に相談して下さい。
業者が用意してくれるケースも多いです。

4-2.業者の選び方は?

産業廃棄物を処分してくれる業者は、たくさんあります。
産業廃棄物が置いてある所に近い業者を選べば、移動に余計な時間をかけずに済むでしょう。
もちろん、都道府県知事の許可を得ていることを確認してください。
今は勝手に産業廃棄物を違法な手段で処分する業者などほとんどいませんが、完全に0ではありません。
また、処分費用が安く済むに越したことはありませんが、安すぎるのも問題です。
現在、産業廃棄物を処分するにはお金がかかります。
ですから、極端に処分費用が安い業者はどこかで手抜きをしているか、最悪の場合不法投棄をしている可能性があるかもしれません。
現在はホームページを開設している業者も多いので、複数のページを見ておおよその相場を把握しておきましょう。
安すぎる、もしくは高すぎる業者は除外してください。

4-3.引き取り日までにしておくこととは?

無事に業者が決まったら、引き取りの日までに産業廃棄物の中に特別管理産業廃棄物が紛れ込んでいないか、調べておきましょう。
産業廃棄物と特別管理産業廃棄物の種類は、(財)日本産業廃棄物処理振興センターのホームページに記載してあります。
特に、ビルや家の解体を行った場合は、思わぬものが紛れ込んでいるかもしれません。

5.おわりに

いかがでしたか?
今回は産業廃棄物の定義や処理の方法についてご紹介しました。
まとめると

  • 産業廃棄物とは、事業活動中に出たごみのうち産業廃棄物処理法に定められた20種類である
  • 産業廃棄物の処理は、都道府県知事の許可を得た業者に頼む
  • 収集運搬業と処分業は別なので、業務外のことは依頼しない
  • 産業廃棄物の処分を依頼する際は、マニフェストの添付を忘れないこと

ということです。
「産業廃棄物の処分は随分厳重だな」と思った方もいるでしょう。
しかし、この厳しさはそれだけ産業廃棄物の不法投棄に自治体が悩まされてきた証でもあるのです。
産業廃棄物の不法投棄が見つかれば、自治体が回収しなければなりません。
その費用は私たちの税金です。
また、産業廃棄物によって環境が汚染されれば、回復までに長い時間がかかるでしょう。
ですから、不用意に捨ててもいけませんし、信頼できる業者に処分を依頼することが大切です。

不用品・粗大ごみをどこよりも格安回収 無料見積り・相談は今すぐこちらから